TCL PLEX レビュー:ディスプレイの品質が高く暗所撮影に強い高コスパスマートフォン

|

2019年12月28日に中国メーカーTCLのSIMフリースマートフォン、TCL PLEXが日本国内で販売が開始されました。今回はディスプレイの品質、設定できる項目やカメラ品質などTCL PLEXの詳細なレビューを書いていきます。ファーストインプレッションについては下記記事をご覧ください。

  • 性能に対してのコストパフォーマンスの良さ
  • 暗所でも明るく撮影可能
  • 3.5mmイヤホンジャックがある
  • 防水防塵ではない
  • シャッター音がうるさい

概要・スペック

税込み29,800円と3万円を切る価格でありながらSnapdragon 675にLPDDR4X 6GBのRAM、128GBのストレージを搭載しています。DSDSでnanoSIMが2枚入りますが2スロット目はmicroSDカードと排他利用になります。Wi-Fiは802.11acまで対応で、Bluetoothは5.0(コーディックはapt-x対応)、USBもType-Cと、低価格帯でありながら手堅い構成となっています。

OS TCL PLEX UI (Android Pie, Q へアップグレード予定)
CPU Snapdragon 675
RAM 6GB
ストレージ 128GB
外部メモリ microSDXC (最大256GBまで)
ディスプレイ 6.53インチ 1080 x 2340 (FHD+)
カメラ 背面:48+16+2MP, 2.9μm ラージピクセル抵光量センサー, 123° 超広角& デュアルトーンLED フラッシュ 前面:2400万画素
バッテリー 3820mAh, 9V2A 急速充電対応(Quick Charge 3.0)
サイズ 162.2×76.56×7.99mm
重量 192g
通信方式 2G:2/3/5/8 3G:1/2/5/6/8/9/19 4G:1/3/5/7/8/19/20/28/38/40 ※Docomo、SoftBank回線SIMに対応

前面の外観とディスプレイについての紹介

インカメラはパンチホールとして備わっています。横や下のベゼルはやや太めな気もしますがこの価格帯では許容範囲です。 液晶で解像度はFHD+ですがHDR10規格にも対応しており非常に綺麗です。流石テレビ世界2位のシェアのメーカー。あえて弱点を上げるのならば有機ELではないことです。

NXTVISION

ディスプレイの調整機能です。ディスプレイを見やすくする「マルチメディア改善」をオンにすると色合いが全体的にビビットになります。メリハリがしっかりとするので映画を視聴する際は良いと思いますがアニメやボーカロイドのMVなど単色表示が多い動画では効果が若干効きすぎな感じがします。 通常のビデオをHDRビデオのように見せる「SDR to HDR」機能はオフにすると全体的に地味になります。動画の内容にかかわらずSDRの動画は常時オンで良いでしょう。「読書モード」をオンにすると画面が落ち着いた色合いになりますので読書時はオンにしています。 他には画面の色温度を調整する機能がありますが、「鮮やかな」と「標準」ではかなり違います。「鮮やかな」にすると白色は白色、青色は青色とはっきり表示されるようになります。

生体認証

指紋認証

背面に指紋センサーがあります。読み取り速度は速く正確です。画面内指紋センサーの方が個人的には便利だとは思いますが読み取り速度と精度は物理センサーの方が良いので、この価格帯では物理センサーの方がベストな選択だと思います。

顔認証

TCL PLEXでは顔認証(フェイスキー)が利用できます。センサーではなくインカメラによる顔認証なのでセキュアとは言えませんが、ロック解除速度は速いです。多少暗いところでも問題ありません。 ただ認証速度自体は速いのですが、余計なアニメーションが表示されてからの解除になりますのでアニメーションは消去してほしいです。

 

ベンチマークと性能レビュー

Antutu ベンチマーク(ver8)では215,647点をマーク。Geekbench5ではシングルコア性能が488点、マルチコア性能が993点です。3DMarkではOpenGLのスコアが935点、Vulkanのスコアが1,042点でした。 Antutuベンチマークの成績はかなり良いです。CPU性能が高くChromeでのブラウジングは問題なく行なえます。ただ、GPU性能はやや低めです。3Dゲームが全く遊べないわけではありませんが音楽ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ』での「3Dリッチモード」でのプレイは難しいです。(「3D標準モード」ではほぼ問題なくプレイ可能です)。また、2DゲームでもリッチなLive2Dを使用しているものはフレームレートがやや落ちることがあります。 似た点数のほかのスマホと比べると以下の通り。

  Antutu Geekbench 3DMark
Single Multi
Essential Phone 256762 389 1701 3627
Galaxy S8 236575 384 1595 2820
TCL PLEX 215647 488 933 935
OPPO Reno A 187860 316 1498 1849
Pixel 3a 185709 351 1339 1630

AndroBenchでストレージの速度を測定したところSequential Readは498.26 MB/sでSequential Writeは200.21 MB/sでした。ストレージの規格はUFS2.1です。

このほかのスマホのベンチマークも集めて以下のページにまとめてあります。他の機種と比較できるので、こちらも参考にしてください。 ⇒ベンチマーク結果まとめ

カメラ性能

TCL PLEXのカメラはトリプルレンズでセンサーはソニーのIMX582です。通常撮影のほか、超広角、暗所でのサンプル写真を掲載します。

通常撮影

日中の写真撮影はそれなりに綺麗に撮影することができました。ただ夜景は綺麗に撮れるとは言えません。

超広角レンズでの撮影

当然ですが超広角レンズで撮影するとかなり広い範囲での撮影が可能になります。大きな建物や風景を撮影するときは良いですね。解像度も16MPと充分にあります。

暗所での撮影

左はOPPO Reno Aで通常撮影したもので、右がTCL PLEXで撮影したものです。暗所に移動すると自動的にシーンを判別してこのように明るく撮影することができました。流石に細かい文字は滲んでしまいましたが大きな文字や色合いなどは充分判別できますので個人的には合格点だと思います。どちらかと言うとTCL PLEXは夜景より、より暗い洞窟内や廃墟などで撮影するのに向いているかもしれません。 これらの写真のもっと大きなものをGoogleフォトにアップしてあるので、興味ある方はご覧ください。

バッテリーについて

バッテリー持ち

ゲームをしているときはそれなりに消費しますがブラウジングなどではあまり消費しません。3820mAhとやや多めのバッテリーを搭載していることもありバッテリー持ちは良い方です。

急速充電

TCL PLEXはQualcomm Quick Charge 3.0の18W急速充電に対応しています。1時間35分で15%から100%まで充電できました。(使用した充電器はこちら

ソフトウェア・機能・設定

上の画像はホーム画面は通常のAndroidと同様の仕様のモードですが、iPhoneのようにドロワー無しでアプリをすべてホーム画面上に配置するモードが選択可能です。アプリをすべてホーム画面上に配置するモードでもウィジェットは使用可能で、ここが非常に良い点だと思っています。

 

プリインストールのアプリ一覧はこのようになっています。

 

ナビゲーションバーの設定

デフォルトではAndroid 8.1以前の3ボタン形式で、背景色も選択できます。そのほか、独自のジェスチャ操作に変更することもできます。左下もしくは右下から上にスワイプして前の画面に戻ることができるのですが、右下でも左下でも戻れるのがシーンを選ばず使用できて便利です。

App Cloner

LINEやInstagram、Facebook、そのほかメッセージ系のアプリを複製し、複数アカウントを使えるようになる機能です。

スマートマネージャー

端末を総合的に管理するものですが他機種よりシンプルにまとまっています。 「自動起動」の項目からは各アプリの自動起動を許可するかを設定できます。主要なメッセージアプリはデフォルトでオンになっていますが一度は確認しておきましょう。 「バッテリー」の項目からは節電モードをオンにしたり電池の消費情報を確認できます。 「メモリ」の項目からはアプリのキルができます。 「通知」の項目からは通知のブロックを設定できます。

スマートキー

左側面にあるボタンを押したときの動作を変更できます。シングル、ダブル、長押しで3つの動作を割り当てられます。

できることはかなり多く、このほかに指定のアプリを開くことも可能です。

ジェスチャ

ジェスチャによる便利な補助機能が設定可能です。

全画面表示

横画面表示のアプリを起動しても、フロントカメラのある範囲分が黒い帯となって、全画面表示にならない場合があります。 その場合は画面左の黒帯部分を内側にスワイプして… 隠れてるメニューを表示。そして一番上のボタンを押すと… アプリの再起動を求められるのでアプリを再起動すると… 全画面表示になります。 このメニューでは、全画面表示のほかに、吹き出しアイコンで「通知をブロック」、四角にハサミのアイコンで「スクリーンショット」、ビデオマークで「画面録画」の機能があります。画面録画は内部音は録音されません。

残念なところ

TCL PLEXは価格から見た性能やディスプレイのきれいさなど、いいところはたくさんありますが、使っていて気になった、残念なところもあります。

NetflixでHD画質で視聴できない

本機種はディスプレイが綺麗なのですが、残念ながらWidevine CDMのSecurity LevelがL3のためNetflixやAmazon Prime Video等でHD画質で視聴することができません。コストのためとはいえディスプレイが本機種の真骨頂なのでこの点は残念です。

 

ARCoreに対応していない

本機種はARCoreに対応していないため、それらを使ったARアプリやコンテンツは使えません。そう多くはないと思いますが、利用の際は注意が必要です。

シャッター音とスクリーンショットの音がうるさい

写真撮影のシャッター音がうるさくて非常に目立ちます。またスクリーンショット時にも音がします。マナーモードでも容赦なく音がするため非常に残念です。

スピーカーはシングルスピーカー

この価格帯では仕方ないですがスピーカーは1つのみです。一見デュアルスピーカーにも見えなくもないのですが左側の穴はマイク用の穴でスピーカー用ではありません。

防水防塵ではない

TCL PLEXは性能が比較的高くDSDSにも対応しているためメイン機として使用することを考えている人もいるかもしれませんが、本機種は防水防塵ではないため個人的にはメイン機としての選択肢から外れました。メイン機でも防水防塵は不要、もしくはサブ機としての使用を検討しているのであれば問題ないと思います。

総評

シングルスピーカーであることや防水防塵ではない、おサイフケータイ非対応など妥協点はあるもののスペックに対してのコストパフォーマンスの良さはかなり良いです。ディスプレイや背面が綺麗で安物感もありません。3万円までの予算でCPU性能の高いスマートフォンを求めているのならば有力候補になります。

Random Posts

My Dear Wallpaper【あなたのホーム画面見せてください 2019】
Xperia Aceの価格比較:オプションとMNPを併用して3万円を切るgoo Simsellerが圧倒的に安い
OPPO Reno 10x Zoom レビュー:カメラのズームだけじゃない!全体的に優秀なハイスペックスマホ
虚【あなたのホーム画面見せてください 2019】
LG G8X ThinQ レビュー:2画面だからこその使い方を!ゲームやSNSなど「ながら」がめっちゃ捗る2画面スマホ
AIで驚異的なバッテリーライフ!Android 9 Pie搭載のフラッグシップキラー UMIDIGI F1
オシャレ感ある紙製の伸縮自在なスマホ/タブレットスタンド「Paper Stand」
UMIDIGI X レビュー:有機ELに画面内指紋センサー、過度な期待をしなければ悪くない2万円のサブ向けスマホ
FUJI Wifi:誰にでもオススメできるわけではないけど、大容量使う人の選択肢としては十分「アリ」
TaoTronics TT-SK025:テレビでもスマホでも使えるお手頃価格とサイズのミニサウンドバー
名取さなちゃんがいっぱい動く 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Android 10 のダークテーマは本当にバッテリー節約になるのか、一応実験してみた
Heaven 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
UMIDIGIの新フラッグシップ機UMIDIGI S3 ProはIMX586 48MPカメラと5150mAhバッテリー搭載
UMIDIGI One Maxのフルスペックが公開! 12/10より$179.99で予約受付開始