twiccaに代わるTwitterアプリを探そう!人気のTwitterアプリ5つを簡単に比較

|

2020年1月15日、Androidの人気のTwitterアプリ『twicca』が利用できなくなってしまいました。もう5年近く更新がなかったのでそれ自体は驚くことではありませんが、まだまだ利用者はいたようで朝から嘆きの声や懐かしむ声、そして代替のアプリを探し求める声が聞こえてきました。

今回は公式アプリやtwicca以外のTwitterアプリの中から人気のある5つを選んで、その機能を簡単に比較してみます。どのアプリも細かく見ていくと非常に多機能なので、twiccaで求められていた機能などを中心にあくまで簡単に、です。

人気のTwitterアプリ5種

当サイトでは毎年1月に読者アンケートを実施し、使ってるTwitterアプリの調査を行っています。

2019年の結果から、トップ10に入ったアプリのうち公式以外の5つを選んでみました。どれもtwiccaよりも利用者の多い人気アプリです。

今回はこれら5つのアプリの基本機能を比べてみました。

なお、アンケート結果は以下の記事をご覧ください。どんなところが気に入ってるのか、という調査結果もあります。

機能比較

Tweecha ついっとぺーん MateCha twitcle plus ツイタマ
有料版の価格 599円 800円 350円 500円
最終更新日※1 2020/1/11 2019/12/13 2019/9/2 2020/1/9 2020/1/10
広告表示 画面下部(上部に変更可) 画面上部※2 なし なし 画面下部(上部に変更可)
マルチアカウント
タイムライン Tweecha ついっとぺーん MateCha twitcle plus ツイタマ
カラーラベル
サムネイル
サムネイル非表示化
ショートカット
時系列の逆順表示
ミュート Tweecha ついっとぺーん MateCha twitcle plus ツイタマ
ユーザー
ワード
クライアント
RTした人
その他 Tweecha ついっとぺーん MateCha twitcle plus ツイタマ
テーマ・カラー変更
twiccaプラグイン Prime Plus(定期購入)で可能
ウィジェット ショートカット

※1 最終更新日は2020年1月15日現在
※2 アプリ内からPRツイートすると一定期間非表示にできる

『Tweecha』『ついっとぺーん』『ツイタマ』には無料版と有料版があります。『MateCha』は無料版のみ、『twitcle plus』は有料版のみです。有料版は広告非表示のほか、使える機能も多いので、無料版を使って気に入ったら有料版で本格利用するといった使い方がいいでしょう。

基本的な機能を比較しようとしたのですが、これくらいの機能ならそう差は出ないものですね。twiccaを使っていた人には「カラーラベル」「時系列表示」「ミュート」などが人気だったようですが、公式以外のアプリの多くはこれらを利用できます。twiccaプラグインが使えるものもあります。

機能は似たようなものと考えると、実際の使い心地や見た目が重要になってきます。それぞれのアプリについて、基本的な画面のスクリーンショットを掲載していきます。(とは言っても、どのアプリも多少は見た目を変えられたりもするのですが。)
それぞれ、画像をタップすると拡大します。

Tweecha

Google playTweecha Lite
Tweecha Lite
制作: sinProject Inc.
価格: 無料

ダウンロード

Google playTweecha Prime
Tweecha Prime
制作: sinProject Inc.
価格: 599円 (2020/1/15時点)

ダウンロード

左:ツイートをタップした画面 中:投稿画面 右:設定画面

Tweechaはほかに方言版という、基本機能は変わらずに様々な方言で表示できるバージョンもあります。また、まだプロトタイプですが、『Tweecha 2』という次期バージョンもテスト中です。今のうちにこちらを使うというのもアリでしょう。

ついっとぺーん

Google playついっとぺーん
ついっとぺーん
制作: Panecraft, Inc.
価格: 無料

ダウンロード

Google playついっとぺーんPlus
ついっとぺーんPlus
制作: Panecraft, Inc.
価格: 800円 (2020/1/15時点)

ダウンロード

左:ツイートをタップした画面 中:投稿画面 右:設定画面

ついっとぺーんはTwitPaneとも呼ばれます。twiccaで人気のカラーラベルも使えますし、twiccaプラグインも使えます。無料版では広告が表示されますが、PRツイートをすると約1週間は表示されなくなります。

MateCha

Google playMateCha
MateCha
制作: wakamesoba98
価格: 無料

ダウンロード

MateChaは今回の中でも見た目的に一番異質なTwitterアプリです。常にタイムライン下部にツイート欄が表示されており、画面遷移することなくタイムラインを見ながらいつでもすばやくツイートできます。1行表示にすることで、画面内に大量のツイートを表示することもできます。

twitcle plus

Google playtwitcle plus
twitcle plus
制作: yoshika
価格: 350円 (2020/1/15時点)

ダウンロード

twitcle plusは今回の中で唯一有料版のみとなります。なのでちょっと手を出しにくいところはありますが、デフォルト状態での見た目はtwiccaにも近いところがあり、移行しやすいアプリでもあります。

実際、私もtwiccaから離れたときにこのtwitcle plusを使い始め、すぐに慣れました。カスタマイズ項目も多く、使いやすいですよ。

ツイタマ

Google playツイタマ
ツイタマ
制作: ソフタマ
価格: 無料

ダウンロード

Google playツイタマ+
ツイタマ+
制作: ソフタマ
価格: 500円 (2020/1/15時点)

ダウンロード

ツイタマはPCのタブブラウザのような外観のアプリです。ツイート作成画面も1つのタブとして扱われるのが面白いですね。なお無料版はアカウント数がTwitter社の定める上限に達したため、新たにアカウントを登録しにくくなっています。

その他のTwitterアプリ

今回挙げた5つ以外にも、人気のある使いやすいアプリはたくさんあります。よく見かけるものだと『Talon for Twitter』『Yukari』『Echofon』といったところでしょうか。Twitter上でtwiccaの代わりにと勧められてるものの中にはすでにPlayストアにないものもあります。

このほかにも、Twitter LiteやブラウザでTweetDeckを使ったり、そのTweetDeckをアプリ化した野良アプリ『TJDeck』(開発終了)を使う人もいますね。アプリではありませんがTJDeckの後継の『MTdeckChrome用アドオン / Firefox用アドオン)』というのもあるようです。


Twitterは人によってフォロー数やフォロワー数、使い方もそれぞれです。なのでどれが一番使いやすいのか、それも人によります。人気のあるものは(公式以外では)先に挙げた5つです。とりあえずtwiccaの代替アプリを探すなら、この5つから試してみるのが良いと思います。

最初に書いたTwitterアプリのアンケートについては、今年も1月20日頃から募集する予定です。その際はぜひご協力をお願いします。

ちなみに、私は公式アプリをメインに使用し、サブとしてtwitcle plusを使っています。フォロー数多くなって全部のツイートを見るつもりがなければ、公式のハイライト機能はけっこう便利なんですよ。たまに時系列で最新のツイートを見たいときはtwitcle plusを使っています。

みなさんも、自分に合った最高のTwitterアプリが見つかるといいですね。