完全ワイヤレスイヤホン「X6pro」レビュー:ケースからスマホへ充電可能で非常に便利

|

Keallce様より、完全ワイヤレスイヤホン「X6pro」をレビュー用に提供していただきました。X6proは高速なBluetooth 5.0とEDR機能に対応した完全ワイヤレスイヤホンで、IPX7の防水規格にも対応しています。さらに特徴的な機能としてケースからスマートフォンへの充電も可能。ケースのバッテリー容量は3000mAhと大容量なためモバイルバッテリーとしても使用可能です。早速レビューしていきます。

  • Bluetooth 5.0 + EDR
  • IPX7の防水規格に対応
  • モバイルバッテリーとしても使用可能な大容量バッテリー搭載のケース
  • 満員電車では接続が途切れることもある
  • apt-x非対応

なんと72%オフになるクーポンを発行していただきました。Amazonのカート画面で入力してください。2019年12月31日まで利用可能で、1,677円になります。


クーポン:DEN72off
クーポンをコピーするcopied

スペック

Bluetoothのバージョンは5.0に対応。コーディックはほぼすべてのスマートフォンで使用可能なSBCとiPhoneや一部Androidで使用可能なAACにも対応しています。通話時にこちらのノイズをカットし聞き取りやすくするCVC8.0ノイズキャンセリング機能も搭載しているのでハンズフリー通話も快適に可能。防水規格も上位のIPX7に対応しており基本的なスペックは高めとなっています。

型番: JP-X6pro-3
Bluetoothバージョン: 5.0
対応プロファイル: HSP, HFP, A2DP, AVRCP
対応コーディック: SBC, AAC
連続再生時間: 約7時間
充電時間: 約1時間
イヤホン重量: 約5g
ケース重量: 約91g
サイズ: 約7 x 4 x 2.5 cm
防水等級: IPX7
充電端子: Micro USB
CVC: CVC8.0対応

開封

外箱の表面と裏面です。大容量バッテリーを搭載していると聞いていたのでもう少し大きなサイズだと思っていましたが予想よりコンパクトなサイズでした。

箱の中に入っているものは以下の通りです。
・本体
・説明書
・micro USB充電ケーブル
・イヤーピース

中国製のワイヤレスイヤホンですが、説明書は日本語に対応しています。

また、技適マークやPSEマークについてもちゃんと表示されているので安心して使うことができます。

デザイン

シンプルでスタイリッシュなデザインに仕上がっています。グリーンサークルのライトが綺麗で安っぽさを感じさせないデザインです。

グリーンサークルの中央をタッチすることで音楽を一時停止したり再生を再開することが可能。裏面にはLRの表記があるので右左がどちらかわからなくなることはないでしょう。

イヤホン1つの重量は約5gでした。完全ワイヤレスイヤホンとしては標準的な重さですね。

装着するとこのような感じです。

ケースはコンパクトで重さもそれほどなく良い意味で標準的です。大容量バッテリーであるがゆえに不格好でしたり重かったりすることはありません。

ケース単体の重量は約91gでした。イヤホンが各5g程度なので、全部合わせて100gといったところです。

ペアリング

今回はAndroidスマートフォンで接続します。ケースからイヤホンを取り出すとライトが点滅し始めるので、スマートフォンのBluetooth設定項目を開き、新しいデバイスとペア設定するを選択し、Hi-TWSを選択してコネクトします。

イヤホンから英語でアナウンス音声が流れればペアリング成功です。

Android OS9以降なら、Bluetooth設定やクイック設定パネルからワイヤレスイヤホンのバッテリー残量を確認することが可能です。

音質レビュー

コーデックはAACにも対応。実際にAACで接続できていることが確認できました。スピーカーのドライバーは8mmと大型のものを搭載しておりスペック的に期待できます。

実際に曲を聴いて音質を試してみました。ドライバーのサイズが大きいこともあり全体的な音はしっかりしています。男性ボーカルは声の重みを感じられました。ベース音も劣化していません。女性ボーカルも予想より綺麗で大体の人が満足できる基準だと思います。全体的なバランスも良く「インドア系ならトラックメイカー」のような女性ボーカルかつ低音が強めの、低価格イヤホンが苦手な曲でも充分に聴けます。

接続の安定度をチェック

ワイヤレスイヤホンを使用していて困ることと言えば音が途切れてしまうことです。満員電車に乗車して音が途切れるかを調査してみました。

自分が乗車している電車はかなり混雑することもあって1時間の通勤で1回途切れてしまいました。しかし音楽が再開するのは比較的早いためそれほど気になりません。自宅では数時間音楽をかけても途切れることなく音楽を再生できました。2階にスマートフォンを置いて1階で音楽を聴いても問題ありません。

防水性

X6proはIPX7の防水性能を持ちます。IPX7というのは「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」というものです。シャワーの水が少々かかったりする程度では問題ありません。実際にお風呂場で使用してみましたが、濡れた手で触れたりシャワーの水がかかったりしても故障することなく使用できました。ただし熱湯や洗剤に対しては何の保証もないのでご注意ください。

スマートフォンへ充電

目玉機能でもあるスマートフォンへの充電。ケースのバッテリー容量は3,000mAhと余裕があるので余った分をスマートフォンへの充電に当てられます。充電速度も悪くはないのでモバイルバッテリーとして活躍すると思います。

まとめ

ケースのバッテリー容量が多く2日充電しなくても97%残っていました。そこで余った分をスマートフォンへの充電へ回せるというのが非常に便利で助かりました。

肝心の音楽視聴も8mmの大型ドライバーを搭載していることもありガッツリと音楽を楽しめます。完全ワイヤレスイヤホン「X6pro」素晴らしいワイヤレスイヤホンです。かなり気に入ったので、今後も使用していきたいと思います。

なんと72%オフになるクーポンを発行していただきました。Amazonのカート画面で入力してください。2019年12月31日まで利用可能で、1,677円になります。

クーポン:DEN72off
クーポンをコピーするcopied

Random Posts

Pixel 4は箱にもGoogleの遊び心が込められてた!GoogleレンズでARが動き出す
マンションの外の電気のアレ【あなたのホーム画面見せてください 2019】
エントリークラスの新機種 UMIDIGI A5 Pro は5/8発表予定!プレゼントキャンペーンも
マテリアルデザイン? 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
電子マネーを使い始めて1年、案外すんなりと財布なし生活が馴染んでる
オシャレ感ある紙製の伸縮自在なスマホ/タブレットスタンド「Paper Stand」
Real Simple Image Widget:指定した画像をホーム画面に表示する、それだけのウィジェット
Androidスマホの日本語入力アプリなに使ってますか? 1位はGoogle日本語入力、2位はATOK
UMIDIGI Upods レビュー:左右の音が逆になってる個性的な完全ワイヤレスイヤホン
KWGTのテーマ特集:ミニマル系ホーム画面にもピッタリなクールでカッコいいテーマ5種
unsplash風ホーム【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Unlock Clock:その日にスマホのロックを解除した回数を表示するライブ壁紙
UMIDIGIの新フラッグシップ機UMIDIGI S3 ProはIMX586 48MPカメラと5150mAhバッテリー搭載
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年12月 その1 LINEモバイルではもう最速の夢は見られないのか
NYCすたいる。 【あなたのホーム画面見せてください 2018】