2019年に買ったスマホとその総額、ベストバイとワーストバイ、反省と来年へ向けて

|

2019年もスマートフォンを買いました。たくさん。実はまだ届いてないものもあります。もう今年中には届かないか…。

例年、その年に購入したスマートフォンをまとめていたのですが、今年はそれに費やしたお金についてもまとめてみようと思います。あまり見たくないものですが、現実は受けとめなければなりません。

2019年に購入したスマートフォンとその値段

適当に数字を丸めているので正確ではありませんが、以下のようになりました。

2019年2月 AQUOS R2 Compact SH-M09 51,600円
Redmi Go 8,300円
2019年4月 Palm Phone 44,800円
2019年5月 Xperia XZ1 SOV36 22,000円
Pixel 3a 48,600円
2019年6月 Xperia XZ1 SOV36 20,000円
Xperia 1 SO-03L 119,200円
2019年7月 Mode1 RR 0円
2019年10月 UMIDIGI X 19,000円
Pixel 4 90,000円
2019年12月 AQUOS sense3 16,500円
LG G8X ThinQ 58,700円
Unihertz Titan 20,000円

合計13台 518,700

昨年は21台 592,530‬円だったので、それに比べると7.5万円くらい減ってます。けっこう我慢した気もします。はい。

スマートフォンの購入台数は2015年24台→2016年23台→2017年18台→2018年21台→2019年13台と、大幅に減ってます。

実は今年の初めに「2019年のスマホ予算」を40万円と決めていました。ただしスマホを売却した場合はその売却額も予算に加える、というルール付きで。今年はそれなりに売却もしたのでそこで20万円くらい予算が増えました。現時点で予算は7万円くらい残ってます。うん、予算オーバーしなかった私、えらい。

2019年に購入したスマートフォンの思い出

今年購入したスマホについて、今の気持ちを少しずつ書いてみます。

AQUOS R2 Compact SH-M09

コンパクトで手に収まりがよく、性能も良い方のとてもとてもできた子です。そのままメインとしても使えるくらいでしたが、Pixel 3という自身にとって最高のスマホがあったので。今は仕事用のおサイフケータイとして使ってます。

Redmi Go

XiaomiのAndroid Go端末ということで面白そうなので自腹で購入したのですが、それが届く前に別のところからレビュー用に提供するとの連絡が。2つあっても仕方ないので自分で買ったのはプレゼントにするかー、と思ってたらなぜか提供品がとくめいさんの元に送られてしまい、結局そのままレビューしてもらうことに。私のところに届いたものは一度も触らないままプレゼントとして旅立っていきました…。

Palm Phone

ちっさいスマホ。小型端末でバッテリーが持たない、という欠点はありましたが、それよりもなによりも自分のキャラに合わないと思って手放したスマホです。もっとこう、ミニマリストだったりカフェでMacBookを広げているような人、游ゴシックとウェイトThinの英字フォントにしているブロガーのような人たちに似合うんですよ、たぶん。

Xperia XZ1 SOV36

UQ mobileなどau回線の格安SIMでSIMロック解除せずに使える、と思って購入したのですがなぜか使えなかったジャンク品です。ジャンク理由は「液晶ムラ」だったはずですが。そんなわけですぐにジャンク品として売り払いました。

そして1ヶ月後、ラクマでジャンクじゃない色違いを購入しました。今度は普通にUQ mobileで通信できました。今でもドラクエウォーク用のスマホとして活躍しています。

Pixel 3a

とても優秀なミドルレンジモデル。でもPixe 3あるし、実際は特に出番がありません。Android 10が出たときにはテスト機として活躍してくれました。レビュー記事は検索上位にいるのか、今でもそれなりにアクセスあります。

Xperia 1 SO-03L

ドコモショップで回線契約無しで単体購入できるという話を試すネタありで購入したようなものでした。周りが盛り上がっているのもあって購入浴がムラムラと。

実際使ってみると悪くはないけど21:9はやっぱりいらないよなぁ、と。特徴ある部分がむしろ足を引っ張ってメインには成れない感じでした。少し前までゲーム専用機として使ってました。

Mode1 RR

発表会に行ったらレビュー用として貸し出していただきました。貸し出しのはずなのですが、返却はどうしたらいいか聞いたら返事が来ませんでした。
サイド指紋センサーやQi対応など、私好みの機能はあるのですが、全体的な性能はやはりイマイチ。あと、いかにも安い液晶といった発色で他に比べるとそこが一番残念だったりします。

UMIDIGI X

この1年、いろいろ話題となって、当サイトでも広告記事をよく掲載したUMIDIGIのスマホです。広告記事を出してるうちに気になって自分で買ってしまいました。思ったよりもキビキビ動いてくれたりして、たしかにお値段以上を感じました。なんとなくこれまでのUMIDIGIのイメージからこのキビキビさを認めたくないような、それくらい意外と動きます。まぁハイスペック主義の方々には不満あるくらいと思いますが。

Pixel 4

2019年のPixelであり、現在の私のメインスマホです。バッテリーだの何だの言われることはありますが、私のもとでは非常にいい子です。ただ、ホワイトを購入したはずなのに、背面を下にして置くと白が全く見えなくなってブラックを購入した気になってしまうのが残念なところ。ディスプレイ側を下にして置く習慣は私にはまだないのです。

Pixel 3があまりにも良すぎたので、しばらく使ったらメイン機を戻そうかな?なんて思っていたのですが、Pixel 4はPixel 4で具合が良かったのでそのままメインの座を守っています。Pixel系は私にすごく合うようです。

AQUOS sense3

AQUOS sense2がめっちゃ売れたし(Twitterの私のTLでは話題にならないけど)sense3もめっちゃ売れるだろうな、これで記事色々書けばpv稼げるのでは?という打算で購入したスマホです。実際価格に対してのバランスが良くこれで十分感あります。が、届くまでに時間がかかったのと、その直後にLG G8X ThinQが来たのですっかり出番がない状態です。ら、来年になったらしっかり使ってレビュー書くから…。

LG G8X ThinQ

高スペックなのに専用ケースと合体して2画面になる変態スマホ。話題性とスペックに対する価格に惹かれて購入したら思いのほか気に入ってしまったスマホでもあります。なんでもこなす…けど私のメインにはできないな、という結論でゲーム専用機となりました。人によってその役割を変えていけるスマートフォンなのではないかと思います。

Unihertz Titan

12月になって「来週早めに発送する」というお知らせが来たっきりで、まだ届いてないんですよ、これが。まぁ発送といっても日本の倉庫への発送で、そこから私のもとに届くのはもう一段階あるのはわかってますから。それでもクリスマスくらいに届くんじゃないかと思ってたのですが…。やっぱり年明けですかね。

2019年ベストバイはLG G8X ThinQ

2019年に購入したスマートフォンのうち、私のベストバイはLG G8X ThinQです。

昨年は消極的とは言えPixel 3を選び(その後どんどん気に入っていきましたが)、今年はそのまま後継のPixel 4かな?とも思ったのですが、よくよく考えれば「ベストバイ」なんですよね。「一番いいスマートフォン」じゃなくて、「一番買ってよかったと思えたスマートフォン」です。それならやっぱりLG G8X ThinQです。

購入したときはネタ込みだったりでそこまで期待してなかったのですが、2画面の有用性が私にはピタリとハマりました。メイン端末として使うわけではありませんし、たぶん外に持ち出すこともないと思います。それでも一番「買ってよかった」と思えるのはLG G8X ThinQでした。

2019年ワーストバイはXperia XZ1 SOV36

ワーストバイ、買って残念だったのはXperia XZ1 SOV36です。もちろん最初に買ったジャンクの方です。まさかジャンク理由で書かれているものとは別の故障箇所があるなんて、油断してました…。

まぁこれは端末の個体差があったからのワーストです。そういった事情を考えなければ、次点としてはPalm Phoneですかね。あれはキャラに合わなかったと思ってます。何だその理由…。

2020年に向けて

今年は購入台数がけっこう減りました。ミドルレンジの端末でも、もっと欲しい端末、以前なら買ってた端末もあるのですが、ちょっと今年下半期はリアルのお金が足りなくて買い控えてました。もっと稼いでたくさんのスマホを買いたいですね。そしてそれ以上にもっと魅力的なスマートフォンがたくさん出てきてくれることを願います。

2020年も予算とルールは同じにしようと思います。基本予算40万円、端末売却の際はその金額を予算に追加する、ということで。今年の状況を見ても40万円じゃ足りないので、使わなくなった端末はちゃんと売却しなくてななりません。これが私には難しいんですよね…。

2020年、どうなりますかね。楽しみです。

参考情報

Random Posts

Pixel 3のDigital Wellbeingでアプリの使用時間を把握し、スマホとの付き合い方を考えよう
私の思い出のAndroid端末:INFOBAR A01のデザインとiida UIは今でもイケてるよね
Androidのスマホ画面の「あの部分」なんと呼んでますか?
HUAWEI P40 lite 5G:ミドルレンジとは思えないスペックはすごいが、自分には合わなかった
UMIDIGI One Maxが実際に動作している動画が公開-水滴型ノッチのフルスクリーン端末
ラブライブ!スクフェス風ホーム画面【あなたのホーム画面見せてください 2019】
レビュー探偵:サクラをあばけ!独自基準でAmazonレビューの信用度を判定するアプリ
navy moonlight【あなたのホーム画面見せてください 2019】
名前にcompactが付くスマートフォンの横幅は64-66mmでほぼ同じ-これが持ちやすさの最適解か
GoogleマップのARナビを試してみる:現実世界に矢印を貼り付けるからわかりやすい!
One Touch RAM Cleaner Widget:タップ1つでメモリを解放してくれるウィジェット
シンプル+αがベスト 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Lagopus Free:最短1秒ごとにリスト更新も可能なシンプルで見やすいTwitterアプリ
UMIDIGI、新シリーズBISON登場!タフネススマホらしき見た目と4眼カメラを搭載!
2018年作ったホーム画面まとめ