OPPO Reno A レビュー:4万円以下で買える防水・おサイフケータイ付きでほぼ欠点なしのスマホ

|

OPPOのスマートフォン OPPO Reno Aリノ エー の128GB(楽天)版を入手しました。
Reno Aは低価格ながら防水・おサイフケータイに対応し、スペックも良いということで非常に人気が出ています。

今回は実際メインとして使えるかどうか1週間ほど運用した感想を書いていきます。

  • コスパが良い
  • メインとして耐えられる性能、機能
  • 背面のデザインが綺麗
  • コスパ以外で飛び抜けた長所はない
  • クセのあるOS

概要・スペック

OPPO Reno A は中国のスマートフォンメーカー、OPPOのSIMフリースマートフォンです。ベースモデルは存在しておらず、日本市場向けに開発されたものらしいです。通常版はストレージが64GBですが、楽天モバイル限定で128GB版が存在しており、今回レビューするのは128GB(楽天)版です。

日本市場向けということもあり、防水・おサイフケータイに対応しています。ディスプレイは水滴ノッチの6.4インチFHD+有機EL、SoCはSnapdragon710でRAMはLPDDR4Xの6GBです。Wi-Fiは802.11ac対応。Bluetoothは5.0対応。DSDVでイヤホンジャックもありSIMフリーとは思えないほど充実したスペックとなってます。

OS Android 9 (Color OS 6)
CPU Snapdragon 710
RAM 6GB
ストレージ 64GB / 128GB(楽天モバイル限定)
外部メモリ microSDXC (最大256GBまで)
ディスプレイ 6.4インチ 有機ELディスプレイ 1080 x 2340 (FHD+)
カメラ 背面:16MP+2MP 前面:25MP
バッテリー 3600mAh
サイズ 約158.4 × 75.4 × 7.8 mm
重量 約169.5g
通信方式 GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
LTE FDD: Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28
LTE TDD: Bands 38/39/40/41(full-band)

OPPO Reno Aの外観

水滴ノッチで画面占有率高めです。
この価格帯でFHD+の有機ELディスプレイはすごいですね。最高クラスとはいきませんが十分な綺麗さです。
厳し目に本音を言うと若干白いと思いますが、価格が価格ですし気にならない範囲ではあります。

背面はトレンドに追従したグラデーションデザインで安物とは思えません。青緑の色合いが美しく、自慢したくなります。

厚さは7.8mmと比較的薄め。重量も170gを下回っているので男性なら重さを感じることはあまりないでしょう。200g超えのスマートフォンも珍しくなくなってきた現在、6.4インチでこの軽さは優秀です。

その他の付属品は上の画像の通り。最近はイヤホンを省略するところも多いので、ACアダプタやケーブルとともにひと通り揃っているのは嬉しいところです。

OPPO Reno Aの機能

OPPO Reno Aの特徴的な機能をいくつか紹介します。

画面内指紋認証

Reno Aは流行りの画面内指紋認証を搭載しています。
値段が値段なので認証スピードには期待していなかったのですが十分な認証スピードです。ハイエンドスマートフォンのOnePlus 7 Proの画面内指紋認証と比較しても速度は全く劣りません。

顔認証

水滴ノッチ部分にあるインカメラでロック解除(顔認証)できます。センサーで判断しているわけではないのでセキュリティは劣りますが速度は申し分なく快適そのものです。
画面内指紋認証と併用するとあらゆる状況下でも対応できると思いました。

DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)

OPPO Reno AはDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応しています。なので片方を通話用のSIM、もう片方をデータ通信専用の大容量SIMというような運用もできます。
ただし、SIM 2はMicro SDと排他仕様となっているので2枚のSIMを使う場合はMicro SDカードが使えないのは注意が必要です。

ベンチマークと性能レビュー

各種アプリを使ってOPPO Reno Aの便利マークを測定しました。
Antutu ベンチマーク(ver8)では187860点をマーク。
Geekbench5ではシングルコア性能が316点、マルチコア性能が1498点です。
3DMarkではOpenGLのスコアが1849点、Vulkanのスコアが1759点でした。

OPPO Reno AはSnapdragon 710を搭載しており、当然ですがSnapdragon 670を搭載したPixel 3aよりスコアは高く、ここでもコスパで驚かされました。

ブラウジングやSNSは不満なく可能。画像が多めのサイトでもカクつきません。

ただしキーボードの入力は若干のラグがあります。デフォルトのキーボードはSimeji for OPPOですが、これを『Google日本語入力』を導入してスライド入力の感度を上げると多少良くなります。不満を感じた場合はお試しください。

ゲームアプリの動作

続いてゲームアプリで動作を試してみます。
タイトルは『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』をプレイして性能を試してみました。

UI操作やアニメーションではフレームレートが落ちることはありませんでした。2D標準モードでプレイしてみても快適で遅延もほぼありません。3Dリッチモードだと流石に厳しく最高画質を求めるのはやめたほうが良いです。レームレートは落ちるしタップ反応は遅れまともに遊べません。ただ画質を若干落とした3D標準モードにすれば全然問題ないので、最高環境を望まなければ快適と思ってください。

カメラ性能

アウトは1600万画素の広角と200万画素の被写界深度測定のデュアルカメラ、センサーはSony IMX576です。

通常の撮影は文句なく綺麗に撮れます。
被写界深度測定レンズを搭載しているのでポートレートモードでの撮影はやりやすいですね。
夜景もそれなりで、ひと昔前のハイエンドスマートフォンより明るく撮れます。価格を考慮すればかなり頑張っている方です。

サンプルをいくつか掲載します。(画像タップでGoogleフォトの大きな画像に移動します)

インカメラは2500万画素という高解像度ですので自撮りする方にも良いかもしれません。

バッテリー持ち

3600mAhと重量にしてはやや多めのバッテリー容量で不満はありません。

ゲームをしていてもモリモリ減っていくということはなくSnapdragon710の省電力さを実感しました。

また、省電力機能が充実しておりバックグラウンドでの動作をアプリ単位で制限したり起動マネージャーで端末起動時のアプリ自動起動を防いだりすることも可能です。

ソフトウェア・機能・設定

ホームアプリは独自の物が搭載されています。
iOSのようにインストールしたアプリがホームに並べられる標準モードと、通常のAndroidと同じドロワーモードが選択可能です。

またスマートアシスタントという機能があり、ホーム左に天気やカレンダーを標準したりアプリのショートカットを配置できます。
設定スマートサービススマートアシスタントからオフにすることもできます。

楽天版ということもあり楽天系のアプリが結構プリインストールされています。他にもTik TokやFacebookなどもありますがアンインストール可能です。

ただしフォンマネージャーなどシステムの機能に関わるアプリはアンインストール不可です。

設定画面をはじめ、通知領域やナビゲーションキーなど見た目や機能が大幅にカスタマイズされています。

アプリクローン機能

Xiaomiなどのスマートフォンでもできる、アプリを複製する機能です。
OPPO Reno AはDSDVの端末なので、電話番号ごとにLINEのアカウントを使い分けたい人におすすめです。
同時に起動させることも可能で非常に重宝しています。

ゲームスペース

ゲームスペースからパフォーマンスを向上させるモードや画質を下げる低消費電力モードが選べます。また、登録したアプリの通知をブロックする機能があるので通知でゲームが中断されることはありません。

セキュリティ

Color OSはセキュリティ機能も豊富で、PayPalやGoogle Payなどの決済アプリ使用時に端末がRoot化されていないか、USB転送が有効になっていないかなどをスキャンしてくれます。
他に写真やテキストファイルを隠す機能や、アプリにパスコードをかける機能もあります。

ナビゲーションバー

ナビゲーションキーは標準では従来の(Android8以前のもの)です。戻るボタンと最近ボタンの左右を入れ替えることもできます。また、ジェスチャーモードもありAndroid10に近いジェスチャーとOPPO独自のスワイプアップジェスチャーが選択可能です。独自のジェスチャーはさらに細かく設定可能で、ここまで選択肢が豊富なのは珍しいですね。

Color OSはクセがあると聞いていましたが、多機能で設定項目も多いためだと思います。

総評

とにかくスペックに対しての価格が安く、コストパフォーマンスが非常に高いです。4万円以下でSnapdragon 710と6GB RAMの組み合わせは他にはありません。

さらに、SIMフリーでは珍しく防水とおサイフケータイにも対応しています。イヤホンジャックも付いておりメイン機として使用するのに不足はありません。
Color OSはクセがありますが多機能で使い慣れれば便利さを実感できます。

カメラ性能がHUAWEIのスマートフォンのように抜群に綺麗だったりROG Phoneのようにゲーム性能が特段に高いわけではありませんが、欠点らしい欠点がなく全体的に優秀です。使用していて、人気が出るだけあるなぁと思った端末でした。

参考情報

Random Posts

Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2018【結果発表 その1】
Weather Widget Galaxy S8 Plus:Galaxyのプリインとよく似た天気ウィジェット
Fossilの第5世代は電池長持ち! THE CARLYLE HR ブラックシリコン 使用感レポート
Font Viewer Plus:スマホ内にあるフォントをプレビューできるフォントビューワーアプリ
IKEAのQiワイヤレス充電器 NORDMÄRKEはナチュラルテイストな部屋にも似合うデザインがGood!
SHARP AQUOS S2 レビュー その1:三辺狭額ディスプレイと前面指紋センサーがなかなか使える!
簡単!ページ共有:ブラウザから共有するときにページタイトルも挿入してくれるアプリ
朝の散歩用にちょうどいい!ワイヤレスイヤホン内蔵Bluetooth帽子がお気に入り
OCN モバイル ONEの「MUSICカウントフリー」は格安SIMで定額制音楽配信アプリ使うならベスト
地下鉄に揺られて… 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
シンプル&ランダム画面【あなたのホーム画面見せてください 2019】
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年11月 その1 ワイモバイルの独走が続き、ほかは変化も少なく
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年8月 その2 LINEモバイルやnuroモバイルが微妙に改善傾向
ドコモの中古端末でもSIMロック解除できるようになったのでやってみました
よりシンプルに【あなたのホーム画面見せてください 2019】