Fossilの第5世代は電池長持ち! THE CARLYLE HR ブラックシリコン 使用感レポート

|

ライターのayacoです。

スマートウォッチらしからぬクラッシックなデザインを特徴とするFossilから、今年8月、第5世代目となる最新モデルが発売されました。第3世代をこよなく愛してきた私が、訳あって第5世代に買い換えることになったので、実生活での使用感を、第3世代との比較を交えてレポートします。

第3世代~5世代の特徴

毎年新世代を発売しているFossil。第3世代以降のエンハンスポイントを簡単に振り返ります。

2017年/第3世代 2018年/第4世代 2019年/第5世代

Q EXPLORIST

Q EXPLORIST

THE CARLYLE HR
  • フルラウンド表示(画面下が欠けなくなった)
  • 生活防水
  • スピーカマイク
  • スマートフォンなしでアプリダウロード
  • スマートフォンなしで心拍/移動ルート(GPS)を記録
  • 泳げる防水
  • 高速充電
  • Google Pay準拠(NFC)
  • 処理速度/バッテリー持ち向上(Snapdragon Wear 3100, メモリ8GB, 省電力バッテリーモード)
  • 軽量化

第5世代の目玉は、やはりSnapdragon Wear 3100ですね。スマートフォン向けチップセットの改良に過ぎない前版2100に対し、3100はスマートウォッチ向けにゼロベースで設計し直したということなので、期待が高まります。

ちなみに、私が愛用してきたEXPLORISTモデルは、第5世代でなくなってしまいました。Fossil様、ぜひ復活させてください!

第5世代の使用感

THE CARLYLE HR(ブラックシリコン)を、IT企業勤務のayacoが1週間使いました。

(前提)私のスマートウォッチの使い道

  • 会社で使用しているOutlookメール/予定表の受信通知と内容確認(約90件*1)
  • プライベートで使用しているGmail/ハングアウトの受信通知と内容確認(約10件*1)
  • 会社/プライベートで使用している音声通話の着信確認
  • ランチ時のカップラーメンのタイマー

*1 すべてをスマートウォッチで確認するわけではない。内容まで見るのは約2割。

電池持ちがいい

第3世代との比較になりますが、省電力バッテリーモードを使わなくても電池持ちはかなりいいようです。満充電にしたスマートウォッチのをまる1日、約14時間使用した後の電池残量は、第3世代が約20%、第5世代は約60%というところでしょうか。

ガッツリ使っても1日は余裕という安心感は嬉しいです。さらに、省電力バッテリーモードを使うことで、充電なしでも安心して2日目が迎えられそうな予感もしています。

充電が速い

充電がものすごく速いです。50%の状態から満充電するのに、30分ぐらいしかかかりません。

私は満充電させない派(バッテリー寿命を少しでも伸ばしたい)なので、就寝前に充電させず、朝の身支度の間に充電させていますが、うかうかすると満充電になってしまうほど速いです。

軽い

第3世代との比較になりますが、軽くなりました。第3世代が81g、第5世代が64gのようなので、▲17g(▲21%)の軽量化ですね。

Bluetooth接続が切れる

第3世代の頃から変わらず、2~5回/日ぐらいBluetooth接続が切れます。具体的には、スマートフォンのWear OSアプリでは「接続済み」と表示されるのに、スマートウォッチのBluetooth接続設定では「切断済み」と表示され、スマートウォッチからスマートフォンに対して接続ができなくなる、という現象です。自宅だと発生せず、通勤中/会社だと発生する気がします(正確には、自宅だと発生してもすぐ直るが、外だとなかなか直らない)。

どうやら、スマートフォンからスマートウォッチへの接続はできているようで、今回の使用の範囲では大きな影響はありませんでした。スマートウォッチの翻訳機能を使う等、スマートフォンへの通信が発生するシーンで問題になります。

≪現象発生時の対処≫
下記のいずれかを実施してしばらく待つと、接続が回復することがあります。

  • スマートフォンのWear OSアプリの「バックグラウンド実行を許可する」設定を、いったん「バックグラウンド実行を禁止する」等に変更してから、再度「バックグラウンド実行を許可する」に戻す。
  • スマートフォンのWear OSアプリを、いったん強制停止してから、再度起動する。

まとめ

第3世代から第5世代に買い替えて2週間ですが、メールや予定表の通知受信が、第3世代よりずっと軽快に行えるようになっており、総合的にはGoodです! やはり2年2世代の差は大きいですね。

今後は、第3世代では機能がなかった心拍数測定や省電力バッテリーモード等を使いこなしていこうと思います。また、バンドもチェンジします(断言)。黒シリコンはホコリが目立ってしまうんで。

(おまけ)第5世代に買い換えた理由

7月ぐらいから、愛用してきた第3世代のEXPLORISTが充電中に再起動を繰り返し、発熱するようになってしまいました。修理に出したところ、「修理のための部品も、交換のための商品在庫もないから、返金させてほしい」と言われ、そのお金で第5世代を買った次第です。 1万円弱の差額で最新版に置き換えられて嬉しい反面、EXPLORISTのデザインが好きだった私にとっては、複雑なところです…。

Random Posts

KLWPで曲名が長いときだけテキストをスクロールさせる
イヤフォン「E1000 GREEN」が付録になった「HEADPHONE BOOK Special Edition」を購入しました
【結果発表】あなたのスマホにインストールされているアプリ全部教えてください 2019
AQUOS sense3用にラスタバナナの保護フィルム「スーパーさらさら」を購入!
Palm Phone レビュー:ミニマムサイズながら意外と普通に使えるスタイリッシュ端末!ただしバッテリーは…
今日は○曜日【あなたのホーム画面見せてください 2019】
KLWPで3つの画面それぞれに違う壁紙画像を設定してスクロールさせる方法
UMIDIGI S3 ProがクラウドファンディングIndiegogoにて$269で登場!
Android 10 のダークテーマは本当にバッテリー節約になるのか、一応実験してみた
UMIDIGI Uwatchが正式に発表!フルメタルボディに1.33インチの円形ディスプレイ搭載
MiBand4 – WatchFace for Xiaomi Mi Band 4:Mi Band 4のバンドディスプレイを追加・変更するアプリ
Android P Betaがリリース!Xperia XZ2やEssential Phone PH‑1でもインストール可能
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年7月 その1 大きな動きはなく、ワイモバとb-mobileがいい感じ
mineoが通信の最適化についてのお詫びと詳細をコミュニティサイト「マイネ王」内にて公開
UMIDIGI A3 と UMIDIGI One Pro のプレセールがAliExpressにて開催!