Pixel 4でIIJmioのeSIMを契約してみた!今なら初期費用1円・月額520円(終了)

|

Pixel 4の大きな特徴の1つは、日本版でもeSIMに対応してることです。日本国内ではeSIMはまだ一般的ではなく、契約できるサービスもIIJmioがベータ版として提供してるものくらいですが、せっかくPixel 4で対応したので、契約してみました。

IIJmioみおふぉん(eSIM)

ちなみに上のバナーでは10/31まで初期1円で月額520円からとなっていますが、これはキャンペーンの価格です。そして2019年10月28日で早期終了することが発表されてます。興味ある方はお早めにどうぞ。

IIJmioのeSIM

eSIMというのは、物理的なSIMを挿すことなく、端末自体に必要な情報を書き込むことで動作するSIMです。海外では使われてることも多く、物理的なSIMを購入しないでも端末上の操作でサッと切り替えることができます。

もちろんそれに対応する端末が必要になりますが、日本では数が少なく、Android端末ではこのPixel 4くらいではないでしょうか。(Galaxy Foldの海外版は対応してるようですが、au版では使えないようです。)

そんなeSIMですが、日本国内ではIIJmioがベータ版という位置づけでサービスを行っています。料金などは以下の通り。

eSIMプラン(ライトスタートプラン)

初期費用 3,000円
SIMカード発行手数料 200円
月額料金 1,520円(初月は日割り)
データ容量 6GB
最低利用期間 利用開始日の翌月末まで

その他、20GB/30GBの大容量オプション(データオプション)もあります。詳しくはIIJmioの公式サイトにて。

10/26現在ではIIJmioによるPixel 4 / Pixel 4 XLの動作検証は完了しておらず、動作確認済端末一覧には記載されていません。現時点では自己責任です。

10月28日までは初期費用1円・月額520円

現在は「eSIM楽しむキャンペーン」として、初期費用が3,000円→1円、月額料金が3ヵ月間1,000円割引となるキャンペーンを開催しています。Pixel 4を購入してeSIMを試してみたいという人にはピッタリのキャンペーンです。

IIJmioみおふぉん(eSIM)

バナー広告などでは10月31日までとなっていますが、早期終了となり10月28日までになっているのでご注意ください。

IIJmio eSIMプランの申し込み

今回はすべてPixel 4で契約しましたが、利用開始までにQRコードを読み込むことがあり、できればほかのPCやスマホで進めたほうがいいです。

キャンペーンページへ行き、「ご購入・お申込はこちら」から契約申し込みへ。

すでにIIjmioを契約中の場合は契約情報から住所入力などを省略できます。

紹介コードを入力すると2ヶ月間データ容量が10%アップします。良かったら私の紹介コードをご利用ください。

635 1431 7605 7666

手続きを進めていきます。
申込内容の確認では適用されるキャンペーンも表示されるので、キャンペーン中の場合はちゃんと表示されるか確認しましょう。

手続きが終了すると、少ししてメールで申込内容などがいくつか送られてきます。「[IIJmio] ご利用開始のお知らせ」という件名のメールから、実際に利用するスマホで使えるようにしていきます。

アクティベーションコードの発行

「[IIJmio] ご利用開始のお知らせ」という件名のメール内のリンクをタップし、アクティベーションコードのインストールをします。

アクティベーションコードと、QRコードが発行されます。(上の画像のQRコードはダミーです。読み込まないでください。)アクティベートする時にこのQRコードを読み込むので、この作業は実際にeSIMを使う端末とは別の端末でやったほうがいいでしょう。もしくはこの画面のスクリーンショットを撮影し、他のスマホやPCでそれを表示してください。なお、このQRコードは一度だけ利用可能で、再発行には2,000円必要になります。

Pixel 4でeSIMを登録

Pixel 4の設定からネットワークとインターネットを開き、「モバイルネットワーク」の右にある+ボタンをタップします。物理SIMではなくeSIMの追加なので「SIMカードをお持ちでない場合」をタップします。

私の場合、このあとに端末の再起動が必要になりました。

再起動後、通知をタップして2枚目のSIMの有効化を進めていきます。

ここで先程のQRコードを読み込みます。簡単なのはほかのPCやスマホでQRコードを表示させてそれをPixel 4で読み込むことですが、もしPixel 4しかないなどの場合は、左下のヘルプをタップします。

表示された文章の中に自分で入力という部分があるのでそれをタップするとQRコードではなく自分でコードを入力できるようになります。QRコードの上に表示されていた長い長いアクティベーションコードですね。これを入力すればOKのはずです。(私はPCにQRコードのスクショを表示して読み込みました。)

これで有効化ボタンをタップすればOKです。

これでモバイルネットワークにIIJが追加されました。あとは普通に2枚のSIMが刺さってる場合と同じように使うことができます。IIJmioのeSIMは6GBのデータSIMなので、私はこれをデータ用にして、物理SIMで通話およびSMSにする予定です。

まとめ

申込みはすべてオンライン上で完結し、時間も最初も申込みから(スクリーンショットを撮りながらでも)10分程度で終わりました。かなりスピーディーです。

今後海外へ行くときに、現地でeSIMサービスがあればおそらく同じようにオンライン上で申込みができると思います。日本にいるうちに申し込んでアクティベートしておけば、現地についたらすぐに使い始められます。現地SIMの購入といったことも必要ないのは便利です。

終了間近ではありますが、IIJmioでは初期費用が1円、月額料金が3ヶ月1,000円引き(520円)となるキャンペーンを開催中です。eSIMを試してみたいと言う場合には絶好のチャンスですので、この機会に申し込んでみてはどうでしょうか。

参考情報

Random Posts

Xperia 1の2つの不満を解消するため、純正カバー「Xperia 1 Style Cover Touch」を購入
【今日のホーム画面】細いラインで作ったちょっとオシャレさんを気取ったホーム画面
Amazonの「本を聴く」サービス、Audibleでライフスタイルの新しい形を試す
フチまで完璧!AQUOS R Compact用ラスタバナナのTPU液晶保護フィルム
UMIDIGI A3 と UMIDIGI One Pro のプレセールがAliExpressにて開催!
地下鉄に揺られて… 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
レビュー探偵:サクラをあばけ!独自基準でAmazonレビューの信用度を判定するアプリ
UMIDIGIが Samsung GW1搭載の次期フラッグシップ機で撮影された64MPのサンプル写真をちょい見せ
約5000円ながら40Wの超大迫力Bluetoothスピーカー「Tronsmart Mega」レビュー
Pixel Home+【あなたのホーム画面見せてください 2018】
ZenFone 5 (ZE620KL) レビュー:大きさと持ちやすさは気になるが、十分満足できる新しいZenFone
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年6月 その2 b-mobileとDTI SIMが落ち、粘るLINEモバイルA
AppWrap:端末にスクリーンショットのハメコミ画像を作成できるアプリ
KLWPのテーマ特集:最近見つけた無料でカッコいいテーマ6個 (2019.07.16)
お祭り気分で盛り上がる!? HTC U12+ タッチ&トライ イベントに参加しました