UMIDIGI F2発表!48MPクアッドカメラ、パンチホールディスプレイ、Android 10、5150mAhバッテリー搭載

|

UMIDIGIは9月23日、最新の低価格フラッグシップスマートフォンUMIDIGI F2を発表しました。同社の人気商品UMIDIGI F1の後継機となるスマートフォンです。

UMIDIGI F2はプロフェッショナルグレードの48MPクアッドリアカメラ、HUAWEI Mate 30 Proと同じ32MPのセルフィーカメラ、5150mAhバッテリー、そして最新のAndroid 10を搭載しており、ミッドレンジのスマートフォンとして素晴らしいパフォーマンスを発揮します。

プロフェッショナルグレードのカメラ

UMIDIGI F2が前作のF1から進化した最大のポイントはカメラです、フロントとリアどちらも。なんといってもまず明らかなのは背面のクアッドカメラです。UMIDIGI F2は、48MPメインカメラ、13MP超広角カメラ、5MPマクロカメラ、5MP深度センサーカメラで構成されるクアッドリアカメラが背面に搭載されます。これらは一般的なカメラに加えて、低照度条件下でより良い写真を撮影できる新しいナイトモード、ワンショットでより広く撮影できるウルトラワイドモード、そして近距離で美しく撮影できるマクロモードを提供します。

次にフロントカメラです。UMIDIGI F2は、業界をリードする32MPセルフィーカメラを搭載します。これは4つのピクセルを1つの大きなピクセルに結合して、より明るく鮮明なセルフィーを作成できます。それに加えて、F2ではAI美顔機能でより美しい顔を撮影できます。

ノッチレスの大画面

ノッチレスでベゼルレスなデザインが好きな人には、UMIDIGI F2が最適です。F2は6.53インチ FHD+(1080×2340ピクセル)のパンチホールディスプレイを採用しています。32MPセルフィーカメラが収まったこのパンチホールはわずか4.5mmで全く邪魔になりません。小さなベゼルと組み合わせた6.53インチの大きなディスプレイは、間違いなく、より広い視覚体験を提供します。

UMIDIGIのスマートフォンで最高のパフォーマンス

6GBのLPDDR4X RAM、128GBのUFS 2.1フラッシュストレージ、MediaTek Helio P70プロセッサを搭載したUMIDIGI F2は、これまでの中で最も強力なUMIDIGIスマートフォンです。より高速なUFS 2.1フラッシュストレージは、これまでプレミアムフラッグシップスマートフォンでのみ利用可能でしたが、UMIDIGIはこの価格帯で搭載します。

さらに、F2は18Wの高速充電をサポートした5,150mAhの大容量バッテリーを搭載します。

目を引くデザイン

UMIDIGI F2には、ファントムブルーとミッドナイトブラックの2色があります。現在のトレンドに従って、背面は光の当たり具合で変化するテクスチャになっています。また、側面に搭載された指紋センサーのおかげで、背面はクリーンで一体感があります。

SIMスロットはトリプルカードスロットで設計され、2枚のSIMカードとMicro-SDカード(最大256GB)を同時に使用できます。

最新のAndroid 10を搭載

Googleは先日、最新のAndroid 10を発表しました。UMIDIGI F2は、まだ少ない最新のAndroidを搭載した機種であり、さらに48クアッドリアカメラを持つスマートフォンとして初めてのスマートフォンです。加えて、F2はUMIDIGIのスマートフォンでは初めてロックされた画面で「OK, Google」をサポートし、Googleアシスタントをより便利に活用できます。また、UMIDIGI F2は多機能NFCとグローバルバンド、およびデュアル4G LTEもサポートしています。

UMIDIGI F2の価格と発売日

UMIDIGI F2のグローバル販売は、AliExpressで10月14日に開始されます。価格はまだわかっていませんが、以前のUMIDIGI F1は約200ドルだったので、F2は300ドル以下になると予想されます。(訳注:AliExpressのページではPre-SaleでUS $249.99となっています。)10月14日の発売開始価格に備えて、今すぐUMIDIGI AliExpress公式ストアでF2をカートに追加できます。

また、これはいつもどおりですが、UMIDIGIではUMIDIGI F2の試用ユーザーを10人募集するキャンペーンを開催中です。F2に関するすべての詳細を確認し、公式Webサイトでプレゼントに参加できます。

UMIDIGI F2 フルスペック

Screen 6.53″ FHD+ FullView display
CPU MediaTek, Helio P70, 4xCortex-A73, 2.1GHz & 4xCortex-A53, 2.0GHz
GPU ARM Mali G72 MP3 900MHz
RAM 6GB
Storage 128GB
Rear camera 48MP primary camera, Samsung GM1, 1/2” image sensor, 1.6μm 4-in-1 super pixel, F/1.79 aperture, 6-element lens
13MP ultra wide angle camera, FOV 120°
5MP depth camera
5MP macro camera, 2cm macro distance
Front camera Samsung GD1, 1.6μm 4-in-1 super pixel, F/2.0 aperture, 5-element lens
Connectivity Dual 4G/Dual VoLTE

Bands:
4G: FDD-LTE: B1 /2 /3 /4 /5 /6 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /26 /28A /28B /66 /71
TDD-LTE: 34 /38 /39 /40 /41
3G: WCDMA: B1 /2 /4 /5 /6 /8
TD-SCDMA: B34 /39
CDMA EVDO: BC0 /BC1
2G: GSM: B2 /B3 /B5 /B8
CDMA1X: BC0 /BC1

GPS, Glonass, Galileo, BeiDou
USB Type-C, 3.5mm audio jack, Bluetooth 4.2, OTG

Battery 5150mAh, 18W Fast Charge
Dimensions 162.6 x 77.7 x 8.7 mm
Weight 207g
Other Side-Mounted Fingerprint Sensor, Proximity Sensor, Ambient Light Sensor, Accelerometer, Gyroscope, Electronic Compass
Colors Phantom Blue, Midnight Black
※この記事はUMIDIGIより依頼され、用意された記事を日本語訳した広告記事です。

参考情報

Random Posts

格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年3月 その2 NifMoが朝夕は速くなってきた、あとは昼だ
Google Home Mini 開封の儀&ファーストインプレッション:音以外にも使い勝手に差が見える
世界最小クラスの 3 in 1 USBケーブル「inCharge All in One」は小さくて使えるかわいいケーブル
Digital Clock Simple:ちょっとレトロな感じもするシンプルな時計ウィジェット
画面消女:スクリーンオフまでの時間を変更したり消灯しないようにできるアプリ
【格安SIMのはじめかた】契約無しで使えるプリペイドSIMや無料レンタルでお試ししてみよう
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年9月 その2 安定のワイモバ、DTI SIMもいい感じ
Notch Remover:ノッチの左右を黒く塗りつぶして目立たなくするアプリ
追加のショートカット:ライトのオン/オフや画面の明るさ変更のショートカットを作成するアプリ
「OK, Google. エアコンをつけて」音声でエアコンと照明をコントロールできるようにしてみました
Playストアで有料アプリを公開&無料セールを設定する-アプリ販売始めました
Weather Quick Settings Tile:クイック設定パネルに天気情報を表示するアプリ
2018年にorefolder.netで最も読まれた記事トップ100
JOMARTOのUSBハンディ扇風機:モバイルバッテリーにもなる意外と便利な扇風機
中国の電話番号でSMSを受け取ってHey+の黑加アプリを使えるようにする方法