TaoTronics SoundLiberty 53 レビュー:つけ心地が良く単体で6時間使える完全ワイヤレスイヤホン

|

TaoTronicsより完全ワイヤレスイヤホンSoundLiberty 53をレビュー用に提供していただきました。

SoundLiberty 53はBlutooth5.0対応の左右独立型イヤホンで、ハウジング部分から棒のようなものが飛び出た見た目をしています。単体で6時間、ケースを含めれば40時間の音楽再生が可能なバッテリーがあり、IPX7の防水性能、タッチコントロール可能、AACコーデック対応といった特徴を持ちます。

しばらく使ってみたのですが、期待していたよりも使いやすく耳にも馴染んだので普段使いにいいのでは?と気に入っています。

  • つけ心地がよく耳が疲れない
  • 単体で6時間の音楽再生が可能なバッテリー
  • IPX7の防水性能
  • 片耳モードも簡単なBluetooth接続
  • タッチの反応が微妙な時がある

今回はこのSoundLiberty 53が30%オフで購入できるクーポンを頂いてます。Amazonのカート画面で下記クーポンコードを入力すると30%オフ、さらに商品ページに500円OFFクーポンがあるのでそれも使うと1,880円引きの2,719円となります。

クーポン:TTBH053YASU
クーポンをコピーするcopied

有効期限は2019/09/09-2019/09/13です。どうぞご利用ください。

片耳5.4gの完全ワイヤレスイヤホン

SoundLiberty 53は左右のイヤホンが独立した完全ワイヤレスイヤホンです。バッテリー充電器にもなるケースとセットで持ち運ぶことになりますが、それでも小型なのは変わりません。

イヤホンの形状はハウジング部分から棒のようなものが飛び出た形です。こういった形状のせいで「耳からうどんが」と言われた物もありましたが、本機は色が黒のためか、そういった印象は持ちません。

内側の部分には充電端子とLR表記があります。表記は見やすいので左右間違えることはないでしょう。

実際に装着してみたのがこちら。やっぱりうどんというよりはちゃんとしたガジェットのように見えます。

製品仕様
品名: TaoTronics SoundLiberty 53
Bluetooth バーション: Bluetooth V5.0
Bluetoothプロファイル: AVRCP_V1.6/HFP_V1.7/HSP_V1.2/A2DP_V1.3
チップセット: Realtek 8763BFR
対応コーデック: AAC SBC
接続範囲: 10m
再充電時間: 2.5時間
イヤホン再生時間: 約6時間(※再生可能時間は、音量、再生する内容、使用環境によって異なります。)
トータル再生時間: 合計約40時間
防水等級: IPX7(2019年6月のバージョン)
重さ: 5.4g*2

箱もちょっとオシャレ

本体の性能とは関係ありませんが、SoundLiberty 53は届いたときの箱もちょっとオシャレ感あります。白い箱にオレンジのワンポイント、内箱はオレンジ一色なので開けるのもなんだか楽しくなります。

内容物は本体の入った充電ケースの他、マニュアル類にUSBケーブル、替えのイヤーチップが3種類です。

充電ケースは細長い楕円形をしており、ちょこんとした雰囲気が可愛いです。

前面に充電インジケーター、背面に充電用のmicroUSBポートがあります。最近はスマホも周囲の機器もType-Cになりつつあるので、できればType-Cが嬉しいのですが、イヤホンではまだ難しいところです。

ペアリングが簡単

本体を2つともケースから取り出せば、本体同士が接続して、それからスマホとのペアリングになります。一度設定してしまえば次からは自動でペアリングされるので簡単です。

また、本機は片耳だけを取り出すとモノラルイヤホンとして使うこともできます。右耳用を使うときは新たにペアリングし直す必要がありますが、左耳用なら何もしなくてもOKです。

ジョギングなど、片耳を開けて周囲の音がよく聞こえるようにしたほうがいい場面もあります。そういった時に簡単に片耳モードにできるのはいいですね。

タッチコントロール操作が便利

SoundLiberty 53はタッチで音楽操作ができます。

再生/一時停止 どちらかのイヤホンを2回タップ
音量アップ 右のイヤホンを1回タップ
音量ダウン 左のイヤホンを1回タップ
次の曲 右のイヤホンを3回タップ
前の曲 左のイヤホンを3回タップ
Googleアシスタント等の起動 どちらかのイヤホンを長押し

このパターンはメーカーや機種によって異なるので覚えるのは面倒ですが、1日使っていればすぐに覚えるでしょう。3回タップはちょっと面倒ですね。またGoogleアシスタントの呼び出しである長押しはちょっとコツが必要かもしれません。2秒押してると小さな音がするのでそこで離せば起動します。押し続けてると起動しないので注意。

1回タップで音量の調整なので、ちょっとしたタイミングで触れてしまい音量がどんどん変化してしまうのでは?と思ったのですがちょっと触れたくらいでは反応しないので大丈夫です。

何も操作してない状態が続くと、そのあとのタッチが反応鈍いように感じます。おそらくこれは上記のように誤動作防止なのでしょうが、それを認識してないと単に反応鈍いと思ってしまいがちなので注意が必要です。

疲れないつけ心地

このSoundLiberty 53、つけ心地がなかなか良いです。まぁ最初に着いてるイヤーピースがちょうど私に合っていたということでしょうけど、うまく耳にハマって長時間つけていても耳が痛くならず疲れません。

マニュアルに装着方法が書いてあり、この通りに棒部分を後ろにして耳に当て、回転させながら耳に入れるとスポッとうまくハマります。最初はちょっと驚くくらいで、それがこのイヤホンを気に入った理由の1つでもあります。

音質は悪くなく良好

音質については、クリアとは言えないものの自然でうまく耳に馴染む音です。まぁ主に外で使用してるのでそれほど音に集中してるわけではないのですが。
高温がシャカシャカしてたり低音が響きすぎるといった目立つところがないので、長時間BGMのように音を流すのにいいのではと感じます。

ただ、Bluetooth接続イヤホンの宿命ともいえる遅延は若干あります。音楽やちょっとした動画ではそんなに気にならないかもしれませんが、タイミングがシビアな音ゲーには向かないでしょう。一応、どれくらいの遅延なのか動画を撮ったのですが、音が小さくてわかりにくいかもしれません…。(→こちら

Bluetooth接続自体については、駅で電車を降りた直後の混雑してる状況で2,3度途切れたくらいで、それ以外では良好です。電車の中でそれなりに立ってる人がいる状況(満員電車ではない)でも問題なかったので十分でしょう。

十分なバッテリーで持ち歩きにピッタリ

SoundLiberty 53はスペック上では本体だけで6時間の音楽再生が可能です。充電ケースを含めれば40時間とかなりのスタミナです。

片道2時間程度の外出の際に移動時間ずっと音楽を聴いていたのですが、一度もバッテリー切れを起こすことなく使えました。もちろん充電ケースは持っていたのですが、使わずに済んだのは良かったですね。

こういったイヤホンは充電が意外と面倒なものなので、長時間使えるものはありがたいです。基本的には使い終わったらケースに入れて、そのケースのインジケータ点灯具合で充電すればOKです。

まとめ:しっかり使える完全ワイヤレスイヤホン

個人的に一番評価したいのはつけ心地の良さですが、それはまぁ個人差がありますよね。それ以外の点で言えば単体で6時間のバッテリー、簡単なタッチコントロール、IPX7の防水性能といった点で優れた完全ワイヤレスイヤホンです。

形状でちょっと不安だという人もいるかも知れませんが、使ってみると付け外しの際に丁度いい形だったり、自分からは見えないので気にならなかったりで、問題ありません。白ならまだしも黒ですからね、大丈夫ですよ。

音質などにそこまでこだわることはないけれど、それなりにちゃんと使える完全ワイヤレスイヤホンを使いたい、という方にはちょうどいい製品です。そういうところも含め私にはピッタリだったので、しばらくはお出かけ用イヤホンは本製品でいくつもりです。それくらいには気に入ったイヤホンです。

今回はこのSoundLiberty 53が30%オフで購入できるクーポンを頂いてます。Amazonのカート画面で下記クーポンコードを入力すると30%オフ、さらに商品ページに500円OFFクーポンがあるのでそれも使うと1,880円引きの2,719円となります。

クーポン:TTBH053YASU
クーポンをコピーするcopied

有効期限は2019/09/09-2019/09/13です。どうぞご利用ください。