UMIDIGI F2はAndroid 10でホールパンチディスプレイに48MPクアッドカメラ搭載!

|

UMIDIGI F1は中国のスマホメーカーUMIDIGIにとって大きな成功でした。そしてその後継機も、まもなく発表されると期待できます。UMIDIGIは間違いなくその開発に取り組んでおり、すでにFacebookにそれを示す画像も出ています。

クリックで拡大します

UMIDIGI F2

3つの画像から、最も注目すべきことの1つはノッチのないデザインです。UMIDIGI F2は画面の左上隅にホールパンチがあります。SamsungのGalaxy Note 10やHuaweiのHonor 20 Proにあるような小さな範囲で済むものです。

前面下部には狭いベゼルがあるものの、上部と側面には実質的には無いような狭いベゼルとなっています。フレームは、画面の端にも見え、青色のようです。そのブルーフレームと組み合わせた見事なグラデーションブルーバックデザインを期待したいですね。

そのほかのハイライトはカメラです。画面の左下隅にウォーターマーク「SHOT ON UMIDIGI F2 48MP AI QUAD CAMERA」が表示されています。これはUMIDIGI F2が48MPメインセンサーのクアッドカメラを搭載していることを意味します。そして画像内のテキストからは、クアッドカメラの構成にマクロレンズがあることが示唆されています。

前面カメラでは、画像で「bright and clear selfies」つまり「明るく鮮明な自撮り」を強調しています。UMIDIGI F2の前面カメラが、4つのピクセルを1つの大きなピクセルにうまく組み合わせてより明るく鮮明な自撮りを実現できるSamsungの32MP GD1センサーではないかと期待します。

さらに、どの画像もUMIDIGI F2に最新のAndroid 10が搭載されることを示しています。Androidの最新バージョンでは、プライバシー保護が強化され、システム全体のダークテーマなどの多くの新機能が提供されます。

現在のところ、発売日や価格に関する情報はまだありません。しかしUMIDIGIは9月末に新しいデバイスを発表すると予想されています。

なお、現在UMIDIGIではスマートデバイスUMIDIGI Uwake(目覚まし機能付きのBluetoothスピーカー)のトライアルユーザーを10人募集しています。UMIDIGIのデバイスに関するすべての最新ニュースをFacebookページで確認し、公式ウェブサイトのプレゼントに参加できます。興味ある方はそちらもどうぞ。

※この記事はUMIDIGIより依頼され、用意された記事を日本語訳した広告記事です。