画面内指紋センサー搭載UMIDIGI Xと完全ワイヤレスイヤホンUpodsが正式発表!発売日は8/26!

|

ここ最近たくさんの情報が流れていましたが、UMIDIGIが本日ついに、画面内指紋センサーと48MP AIトリプルカメラを搭載した新しいコスパ王スマートフォン「UMIDIGI X」と、完全ワイヤレスイヤホン「Upods」を発表しました。UMIDIGI XとUpodsはAliExpressのUMIDIGIオフィシャルストアにて、8月26日の午前7時(グリニッジ標準時・日本時間16時)より販売されます。

UMIDIGI Xの正式な価格はまだ明らかになっていませんが、UMIDIGIはそれが画面内指紋センサーを搭載した中で最も手頃な価格のスマートフォンになる、そしてそれは最近発売されたXiaomi Mi A3より安くなると明かしてます。

最新の画面内指紋センサーとAMOLEDディスプレイ

画面内指紋センサーはもはやフラッグシップ機だけにとどまりません。UMIDIGIがこのハイエンド機能を格安価格帯のUMIDIGI Xに搭載したのは素晴らしいことです。

UMIDIGI XはHuaweiやXiaomiのようなハイテク大手と同じ画面内指紋モジュールプロバイダーであるGoodixによる最新の光学式ディスプレイ内指紋センサーを内蔵します。

また、鮮やかな色再現が特徴の6.5インチAMOLEDディスプレイを搭載しているのは非常に印象的です。

超広角レンズ付き48MP AIトリプルカメラ

UMIDIGI Xはトリプルカメラ(48MPメイン+ 8MP広角+ 5MP深度)を搭載しています。
48MPメインカメラはハーフインチセンサーを搭載し、f / 1.79大口径、1.6μm(4 in 1)スーパーピクセルにて、昼夜を問わずよりよい写真を撮影できます。8MP超広角メインレンズはハーフインチセンサーを搭載し、人間のように広い視野まで見られます。5MPの深度センサーは正確なボケ味を撮影可能とします。さらに、最新のAIアルゴリズムを適用し、スーパーナイトモードやAIシーン検出などの機能も期待できます。
前面のカメラは16MPで、こちらにもAIが使われます。

UMIDIGI Xのそのほかのポイント

UMIDIGI Xのバッテリーは4150mAhで18Wの急速充電をサポートします。多機能NFCを搭載し、厚さはわずか8.1mmの薄型。SoCはHelio P60 AIプロセッサを搭載し4GBのLPDDR4X RAM、128GBの内蔵ストレージを搭載します。ピュアAndroid 9 Pieで動作し、UNIDIGIによればAndroid Qにもアップデート予定です。ほかのUMISIGIのスマホと同様に、デュアル4G VoLTEおよびグローバルLTEバンドをサポートします。

トゥルーワイヤレスイヤホン UMIDIGI Upods

UMIDIGI X以外にも、同社は新しい完全ワイヤレスイヤホン「Upods」を発表しました。UpodsはBluetooth5.0および7.2mmダイナミックドライバを搭載し、安定した接続と優れたサウンドを実現します。600mAhの充電ボックスを使うことで、Upodsは最大24時間の連続利用が可能だということです。

重量は片耳でわずか4g、人間工学に基づいたデザインなので、非常に快適に装着できます。また、Upodsはボイスアシスタントをサポートし、GoogleアシスタントまたはSiriをアクティブにできます。

価格と発売日、そしてGIVEAWAY

UMIDIGI Xは、8月26日に販売開始の予定です。正式な価格は現在不明ですが、UMIDIGIは画面内指紋センサー付きの最も手頃な価格のスマートフォンだと言うので、低価格が期待できます。(AliExpressのプレセール価格では249.99ドル)なお、AliExpressのUMIDIGIオフィシャルストアでは価格の推定コンテストも開催されています。

8月26日から発売されるうち、最初の1000台のUMIDIGI Xは無料でUpodsを手に入れることができます。見逃さないように、今のうちにカートにスマホを入れておきましょう。

Upodsは8月26日の発売から最初の1万個については、信じられないことになんと9.9ドルになります。UMIDIGIのAliExpressストアで今すぐカートに追加してクレイジーな価格で手に入れちゃいましょう。

最後に、いつものことですがUMIDIGIはUMIDIGI XとUpodsに20人のトライアルユーザーを募集する大きなプレゼントを企画しています。当選すればUMIDIGI XとUpodsの両方を無料で手に入れることができます。2つの新しいUMIDIGIデバイスに関するすべての詳細をチェックして、UMIDIGIの公式ウェブサイトからプレゼント企画に参加しましょう!

UMIDIGI X フルスペック

Screen: 6.35’’ HD+ AMOLED Waterdrop display
CPU: MTK, Helio P60, 4xCortex-A73, 2.0GHz & 4xCortex-A53, 2.0GHz
GPU: ARM Mali G72 MP3, up to 800MHz
RAM: 4GB
Internal storage: 128GB
Rear camera: 48MP primary camera, Samsung GM1, F/1.79, 6P lens
8MP ultra wide angle camera, S5K4H7, 120° wide-angle
5MP depth camera
Front camera: 16MP, F/2.0
Connectivity: Both SIM slots are compatible with 4G, support 4G VoLTE in both slots simultaneously.

2G: GSM 2 /3 /5 /8
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
4G: TDD-LTE 38 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /6 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /26 /28A /28B /66

Bluetooth 4.2
GPS, Glonass, Galileo, BeiDou
Type-C, 3.5mm audio jack, OTG

Battery: 4150mAh
Quick Charge: 18W Fast Charge
Dimensions: 158.6 x 75.6 x 8.1 mm
Weight: 195g
Other: In-screen Fingerprint Sensor, Proximity Sensor, Ambient Light Sensor, Accelerometer , Gyroscope, Electronic Compass
Colors: Flame Black, Breathing Crystal
※この記事はUMIDIGIより依頼され、用意された記事を日本語訳した広告記事です。

Random Posts

アプマネ:アプリを一括アンインストールしたりアンインストールランキングがわかるアプリ
Lenovo HX03F レビュー:日本初上陸目前のレノボのスマートバンド、いまいちだった
Essential Phone PH-1 レビュー:細かい不満はあるものの素直で今後の期待もできる優等生タイプ
48MP AIカメラと画面内指紋センサーを搭載したUMIDIGI Xが間もなくやって来る!保護フィルムから判明
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年10月 その1 楽天モバイルのau回線が始まったはずなのに存在感なし
Twitterの3時間300postレート制限、Androidの主要Twitterアプリの対応状況
AQUOS R compact SH-M06のステータスバー周りの表示の実例:いくつかのパターンがあるが微妙
魔法陣が光ってスマホを充電!厨ニ心をくすぐるQiワイヤレス充電器がGood!
NYCすたいる。 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
BlackBerry KEY2 レポート:BOWのアンチグレアタイプ画面保護フィルムは悪くないけど微妙
Pixel 3 開封の儀:シンプルでさりげないポップさを持った今のGoogleらしさが見える新しいスマートフォン
UMIDIGI One Maxがプレセール開始!オフィシャルストア等で179.99ドルから
Notch Remover:ノッチの左右を黒く塗りつぶして目立たなくするアプリ
太いバンドでガッチリホールド!鍵やカードも収納できるOmakerのスマホ収納アームバンド
マテリアルデザイン? 【あなたのホーム画面見せてください 2018】