最近買ったモノ:小さいけどそれに意味があるのかわからないmicro→Type-C変換アダプタ

|

micro USBをUSB Type-Cに変換するアダプタを購入しました。

秋葉原のドスバラ店舗内の上海問屋で購入したのですが、ネットショップでは該当のものは見つかりませんでした。まぁ別にオススメというわけでもないのでいいでしょう。

小さなType-C変換アダプタ

左:わりと一般的なアダプタ 右:今回買ったアダプタ

小さい…というか、普通のアダプタだと覆われている部分が覆われてない、そんな印象の見た目をしています。

小型…。うん、小型ですね。あまり変わらないように見えた長さも、わずかナラが短くなっています。

micro USBを差し込む、メスの方です。むしろオス側に見えるのですが、ちゃんと入ります。

小さいは正…義…?

機能としては、まぁ問題なく普通のType-C変換アダプタです。でもやはり見た目がなにかこう、覆ってたパーツが外れた感がありますね。小さくはあるのですが、小さいからといってそれが何かメリットになることもなさそうな。見た目はちょっとおもしろいですけどね。


こういったUSB Type-C変換アダプタって、私もそれなりの数を持っていたと思うのですが、なぜか今すぐに取り出せるものは今回のもの以外に2つしかありません。いったいどこに行ったのか…?小さいパーツだからこそ、無くしやすいのかもしれません。安いからそのたびに買ってしまってもいいんですけど。

まぁ、たまにはこんなものもいいですね。なくさないように気をつけます。

Random Posts