100GB超使えるChat WiFiがリニューアル!SIMのみ300GBプランがクーポンで永年月額3780円!

|

これまで何度か紹介しているChat WiFiが8月9日にリニューアルしました。ソフトバンクのメイン回線を使ったレンタルSIMで、今までは100GBまで使えるものでしたが、今回より300GBまでのプランが新設されています。

しかも、当サイト用に発行していただいた特別クーポンを利用することで300GBを月額3,780円で使うことができます。

ソフトバンクのメイン回線を使ったレンタルSIM

Chat WiFi-SIMは「ソフトバンクのメイン回線を利用した回線使い放題のSIM」です。通常の格安SIM(MVNO)はドコモなどの回線の一部を借りているのですが、Chat WiFi-SIMではソフトバンクの通常のユーザーが使っている回線をそのまま使います。

そのため、混雑時間帯でも通信速度は落ちないまま、ソフトバンク契約者と同じ速度で使えます。

ただし、データ専用のSIMとなるため、通話はできません。なのでSIMが2枚入るDSDV対応のスマホを使って、Chat WiFi-SIMをデータ通信専用、もう片方のSIMを通話専用として利用するのが賢い使い方です。通話専用に安いSIMを別途契約すれば、月額3,680円で音声+100GB通信、4,480円で音声+300GB通信という使い方ができます。

なお、データ通信専用ですがSMSの送受信が仕様上はできるのですが禁止されています。SMSを送信した場合は5,000円の賠償金となっていますが、Chat WiFiの管理者の方に聞いたところ、不注意で2~3通程送信されても注意喚起のみで請求はされないとのことです。もちろん故意で送信するのはダメですが。

プランと料金、そしてクーポン

これまでは100GBまで使えるプランのみでしたが、今回のリニューアルで300GBまで使えるプランが新設されています。

そして、当サイト用に発行してもらったクーポンを使えば、初期費用も月額料金もググッと抑えられます。しかもその割引は数ヶ月限定などではなく、契約している間はずっと適用されます。

クーポン適用時の料金表
SIMだけプラン ルーター + SIMプラン
通信容量 300GB 100GB 100GB
基本料金 6,100円→
3,780
5,100円→
2,980
5,500円→
3,380
事務手数料 3,980円→
2,980
3,980円→
2,980
3,980円→
2,980
デバイス
登録料
4,500円→
0
クーポン chat-s3-ore chat-s2-ore chat-r2-ore

その他、オプション等は公式サイトをご覧ください。

申込方法

300GBプランが新設…と書きましたが、実はこの300GBプランは公式サイトの料金表には書かれていません。申込画面まで行って初めて出てくるプランなんです。

まずは公式サイトのトップに大きくある「申込みはこちらから」をクリック。

申込画面になるので必要事項を入力していきます。

その途中でプラン選択の項目があります。ここに300GBプランがあるので、間違えずにここで選択しましょう。

その後、クーポンを入力する画面があります。ここに当サイトの特別クーポンを入力してください。プランによってクーポンコードが異なるので気をつけてください。

SIMだけプラン100GB:chat-s2-ore
SIMだけプラン300GB:chat-s3-ore
ルーター+SIMプラン100GB:chat-r2-ore

次の確認画面で「決済金額内訳」にクーポン適用の金額が表示されていれば大丈夫です。これは翌月以降も割引が適用されます。

大容量を必要とする人向け

私の場合は普段格安SIMで3GBも使わないので100GBや300GBあっても持て余すだけなのですが、家の固定回線の通信量を調べると月に100GBほどでした。だったら固定回線とスマホ用と、どちらもこれにまとめてしまう…というのも手かもしれません。

まぁいきなりそれは厳しいと言う人でも、Chat WiFiは期間の縛りや解除料はないのでお試しで契約してみるのも良いのではないでしょうか。

今回の300GBプランは今のところ数量限定はされていませんが、大容量のため今後在庫がなくなることも考えられるそうです。月に10GB以上の通信を混雑時間帯でも快適にしたい人は、検討してみてはいかがでしょうか。

参考情報

Random Posts

ZenFone 5 (ZE620KL) レビュー:大きさと持ちやすさは気になるが、十分満足できる新しいZenFone
安定のラスタバナナ!AQUOS R2 compact SH-M09用 反射防止 薄型TPUフィルムを購入
コミックマーケットC94 サークル参加の報告
Xiaomi Redmi Goレビュー:1万円以下で買えるAndroidの軽量版「Go Edition」搭載マニア向けスマホ
UMIDIGI X レビュー:有機ELに画面内指紋センサー、過度な期待をしなければ悪くない2万円のサブ向けスマホ
平成最後にこれまで作ったAndroidスマホのホーム画面を振り返る
Musicana Music Player:グラデーションが美しい見た目の音楽プレイヤーアプリ
Essential PhoneをAndroid 10にアップデート!au系SIMの問題も解決済み
UMIDIGI One Maxが実際に動作している動画が公開-水滴型ノッチのフルスクリーン端末
AQUOS sense plus SH-M07 購入:スッキリしていて妙に馴染む安心感のあるスマホ
Androidの地味で目立たなくて忘れられがちだけど使うと意外と便利な機能
Mi Pad 4を購入しました:8インチの手頃なサイズで十分なスペックを持ったタブレット
Colorful Home screen【あなたのホーム画面見せてください 2019】
第6回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票結果発表! 1位は「snow_mt」
ローソンのレシート【あなたのホーム画面見せてください 2019】