48MP AIカメラと画面内指紋センサーを搭載したUMIDIGI Xが間もなくやって来る!保護フィルムから判明

|

中国のスマホメーカーUMIDIGIは、売れ筋となっているUMIDIGI A5 Proに続き、新しいコストパフォーマンスの高いスマートフォン「UMIDIGI X」を開発中のようです。

UMIDIGI Xは、最新の画面内指紋センサーと48MP AIトリプルカメラを搭載した最も手頃なスマートフォンです。つい最近、UMIDIGI Xの重要なスペックが記された画面保護フィルム(製品出荷時に画面に貼り付けられているフィルム)がFacebookに登場したのです。

この保護フィルムによると、UMIDIGI Xは6.35インチのAMOLEDディスプレイでスクリーン内指紋センサーを搭載している事がわかります。ハイエンドフラッグシップ機に搭載されるようなこの2つの機能がUMIDIGIのスマートフォンに搭載されるのは今回が初となります。ただし、フィルムはスクリーンの形そのものというわけではありません。フロントカメラがポップアップ式なのか水滴型ノッチのフルビュースクリーンなのか、まだわかりません。

カメラについて言えば、UMIDIGI Xは超広角レンズや48MP AIカメラを含んだトリプルカメラのセットアップです。UMIDIGIはこれまでもカメラをフィーチャーしたことはありますが、AI機能を強調したのは今回が初めてです。最新のソフトウェアアップデートでスーパーナイトモードやAIによるシーン検出など新しいカメラ機能を獲得したUMIDIGI S3 Proによると、UMIDIGI XはこれらのハイエンドのAI機能も搭載するようです。これは、UMIDIGIがフラッグシップレベルのハードウェアを製造するだけでなく、特にカメラのソフトウェア最適化にも焦点を当てていることを示唆しています。

ほかにフィルムからの注目点として、UMIDIGI Xは4159mAhの大容量バッテリーを搭載し、ゼロから万充電まで迅速に充電できる18Wの急速充電に対応していることです。また、Google Payの支払い*1もできるNFCも付いています。これらの機能を備えたUMIDIGI Xはわずか7.9mmという薄型です。

このほか、価格やフロントカメラの解像度、ストレージなど詳細は、正式に発表され次第また公開します。

*1) おサイフケータイ機能ではありません

UMIDIGI Xは、これまでのUMIDIGI製品と同様に低価格で発売されることはほぼ確実で、48MP AIカメラと画面内指紋センサーを搭載した最も手頃な価格のスマートフォンとなるでしょう。

そして、もしあなたがUMIDIGI Xを手に入れる最初の人になりたいのであれば、UMIDIGIはそれを獲得するチャンスを与えています。いつもどおりのプレゼント企画はこちらから参加できます。

※この記事はUMIDIGIより依頼され、用意された記事を日本語訳した広告記事です。

参考情報

Random Posts

TwitterのUserStream停止を受けてTweetDeck用ブラウザアプリ「TJDeck」が登場
ガルパンホームでスマホ道! 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
MaterialDesignを意識したそれっぽいやつ【ホーム画面コンテスト2020】
ZenFone 6 レビュー:フリップカメラにバッテリー、スペック、全部詰め込んだフラッグシップ機
色々なケーブルで充電できる、旅行の時や非常用に便利なROMOSSの26800mAhのバッテリー「SW30+」を使ってみた
GaN採用でコンパクト・ Type-C×2 & USB-A充電器「LilNob CIO-G65W2C1A」 レビュー、MacBook Proも充電可能
2020年春のSIM整理:FUJI Wifiその他を解約しました
太正ホームに浪漫の嵐!【ホーム画面コンテスト2020】
Xperia 1 用にミヤビックスの光沢画面保護フィルム OverLay Brilliantを購入!指紋つかないし画面もキレイ!
マットホワイト【ホーム画面コンテスト2020】
SwitchBot Hub Mini(ハブミニ)を購入!ここから始める、スマートホーム
Sticky Note Widget:色やサイズが変更可能でスクロールもできるメモウィジェット
48MPカメラ搭載 UMIDIGI S3 Pro が公式発表!スペックとプレゼントキャンペーン、Indiegogoで269ドルから
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2019【結果発表 その1】
Everyday – Calendar Widget:カスタマイズ項目も多い予定&カレンダーウィジェット