BIGLOBEモバイルのエンタメフリー・オプションを実際に使ってみた

|

格安SIMの1つ「BIGLOBEモバイル」には動画や音楽が定額料金で見放題になる「エンタメフリー・オプション」があります。少しの間、このオプションを使ってみたので、その感想も含めつつ、エンタメフリー・オプションについてまとめてみたいと思います。

エンタメフリー・オプションの概要

エンタメフリー・オプションは、BIGLOBEモバイルのオプションの1つで、YouTubeやAbemaTV、Spotifyといった対象サービスの動画・音楽視聴に伴うデータ通信量がカウントされず、使い放題になるものです。

動画のような大容量のデータ通信するものは、使いすぎるとすぐにギガがなくなってしまいますが、このオプションをつけておけばギガが減る心配なく存分にYouTubeなどを楽しめます。

対象サービス

エンタメフリー・オプションは2016年10月から始まったオプションで、徐々に対象サービスを拡大し、2019年7月現在では以下のサービスが対象となっています。

対象サービス (2019年7月7日現在)
動画配信
YouTube AbemaTV U-NEXT YouTube Kids
音楽・ラジオ配信
Google Play Music YouTube Music Apple Music Spotify AWA Amazon Music LINE MUSIC radiko.jp らじる★らじる
コミュニケーションアプリ
Facebook Messenger

オプション料金

エンタメフリー・オプションは月間データ通信容量が3GB以上のプランに付けることが可能で、料金は契約SIMによって異なります。音声通話SIMの場合は1枚ごとに月額480円(税別)、データSIMは1枚ごとに980円(税別)です。

BIGLOBEモバイルではシェアSIMとして、データ容量を分け合う追加SIMがありますが、エンタメフリー・オプションは別々になります。それぞれにオプションとして付けることは可能ですが、親回線のエンタメフリー・オプションは子回線には適用されません。

また、申込み後すぐに適用されますが、月の途中での契約であっても料金は日割り計算とならず、1ヶ月分かかります。なので月のはじめに契約したほうがお得です。

エンタメフリーの対象外となるもの

対象サービスの全てがカウントフリーとなるわけではなく、一部機能については対象外となり、しっかりカウントされてしまいます。これらについてはちゃんと把握しておきましょう。

  • VPN(Virtual Private Network)、プロキシサーバを介した通信/公式アプリ以外での利用
  • 1回線の複数台でのエンタメフリー対象サービスの利用
  • 動画配信サービスや音楽・ラジオ配信サービスでの動画・音声の再生以外の操作に伴う通信
  • YouTubeにおける動画、音楽等のコンテンツのアップロード
  • U-NEXTにおけるダウンロード機能
  • Apple Musicにおけるビデオの再生
  • SpotifyにおけるPodcast
  • LINE MUSICにおけるダウンロード機能
  • Facebook Messengerにおけるビデオ通話、GIF、ゲーム等の第三者提供コンテンツ

対象サービスでも、動画・音声の再生以外の操作(例えばYouTubeで動画を検索したり、その画面の表示)にはカウントフリーは適用されません。

テザリングしたときにもカウントフリーとなりますが、テザリングした端末で同時に対象サービスを利用した場合はカウントフリーにはなりません。

YouTubeはアップロードが対象外となるので、見る専と考えたほうがいいでしょう。また、LINE MUSICのダウンロードも間違えやすいので注意ですね。

実際に使ってみた

実際に、このエンタメフリー・オプションがついたSIM(au回線版)をお借りしたので使ってみました。普段からBIGLOBEモバイルは契約しているのですが、やはり外で動画を見たりは通信量の多さから躊躇してしまうのですが、今回は気にせず使うことができました。

  • 通信量を気にせず使える
  • テザリングでも使える
  • 画質は多くを望まなければOK
  • スマホに最適化されてるのでタブレットではいまいち
  • 通信速度が速くなるわけではないので昼の混雑時間帯は…

画質・音質は抑えめ

エンタメフリー・オプションはスマートフォンでの視聴が対象とされています。また、快適な視聴が可能なように画質などはスマホ用に最適化されます。「通信の最適化」を解除したAPNを利用時でも、エンタメフリー機能を「オン」に設定している場合には通信の最適化が行われます。

サービスによっては品質を変更できるものもありますが、BIGLOBEモバイルの推奨する品質は以下のとおりです。

対象サービス 画質・音声の推奨設定
YouTube [画質 自動設定](視聴可能な画質: 360p以下)
AbemaTV [画質設定 最低] 以下
Google Play Music [ストリーミングの質 標準]以下
YouTube Music [モバイルネットワーク使用時の音質 標準]以下
Apple Music 推奨品質の指定なし
Spotify [音質 標準音質]以下
AWA [ストリーミング音質 Normal]以下
radiko.jp 推奨品質の指定なし
Amazon Music [ストリーミング音質 低]以下
U-NEXT [画質 最低画質]
YouTube Kids [画質 自動設定](視聴可能な画質: 360p以下)
LINE MUSIC 推奨品質の指定なし
らじる★らじる 推奨品質の指定なし

上の推奨品質で利用する場合はほとんど問題ないのですが、YouTubeを720pや1080pにすると止まってしまうこともあります。スマホで外で視聴する分については問題ないと思うのですが、外でも高画質で見たい、タブレットの大画面で見たい、という人にはちょっと辛そうです。

速度は普通のBIGLOBEモバイル

エンタメフリー・オプションをつけたからと言って、普段の通信速度に変わりはありません。当たり前ですが。

ただ、これは体験はしてないのですが、通常の通信で月間データ通信量を使い切ってしまった場合でも、エンタメフリー・オプションを契約している場合は、対象サービスは速度制限されることなく視聴可能とのことです。動画を検索したりなどは速度制限されますが、動画視聴中は普段どおり快適に見られます。これはいいですね。

テザリングでも使える

先にも書きましたが、エンタメフリーはテザリングでも使用可能です。なので(ルーターなど含めた)テザリング用の端末にBIGLOBEモバイルのSIMを挿して、別の端末で動画を視聴、ということもできます。

タブレットなどはもともとエンタメフリーでの画質がそれ用に最適化されていないのであまり使えないかもしれませんが、ルーターに入れて使うのはいいかもしれませんね。

気にせず使えるのが精神的にいい

実際に使ってみて思ったのは「精神的に楽」ということです。貧乏性ということもあるのでしょうが、普段は外で動画を見るなんて怖くてできません。どんなにギガが余っている状態でもそうです。

でもエンタメフリー・オプションをつけていれば、いくら動画を見てもギガが減ることはないので、気楽に見ることができます。散歩のときもradikoを聞きながら歩いてました。(radikoは元々それほど通信量を必要とするわけではありませんが、それでも心配があったんです…。)

この「気にしなくていい」というのは思っている以上に楽です。普段外で動画を見ると言う人にピッタリなエンタメフリー・オプションですが、普段は通信量が怖くて動画なんて!というひとも一度体験してみるのがいいのではないかと思います。意外とハマってしまうかもしれませんよ。

キャンペーンで3ヶ月無料

BIGLOBEモバイルでは現在キャンペーン中で、新規に音声通話SIMとエンタメフリー・オプションを同時申し込みすると、サービス開始月を1カ月目として3カ月目の末日まで、エンタメフリー・オプション月額料金が無料となります。

また、新規に申し込む音声通話SIMが3ギガ以上のセレクトプラン(SIMのみ)の場合、サービス開始翌月を1カ月目として、6カ月間プラン月額料金が1,200円値引きとなるキャンペーンも開催されています。

両方適用した場合の月額料金は以下のようになります。

プラン種別 初月
(サービス開始月)
1~3ヶ月目 4~6ヶ月目 7ヶ月目~
3ギガプラン プラン月額料金
0円
400円 880円 2,080円
6ギガプラン 950円 1,430円 2,630円
12ギガプラン 2,200円 2,680円 3,880円
20ギガプラン 4,000円 4,480円 5,680円
30ギガプラン 6,250円 6,730円 7,930円

どちらも期間は2019年7月1日 〜 2019年9月1日 23:59(継続可能性あり)です。この先ずっと継続するかはわからないので、気になる方は期間内にお申し込みを忘れずに。

Random Posts