Xperia 1 のSDカードを内部ストレージ化してストレージ容量を増量

|

国内キャリアから発売されているXperia 1はどれもストレージ容量が64GBです。海外では128GB版もあるのですが、国内では64GBのみです。SDカードを使えばある程度はデータを移動できるのでなんとかなるのですが、アプリは外部ストレージに移動できないので長く使っていく上では不安です。

というわけで、SDカードを内部ストレージ化して、ストレージ容量を増加し、今後のアプリインストールから不安をなくすことにしました。(※要PCです。)

SDカードカードを内部ストレージ化すると、SDカードの中身は消去(フォーマット)されます。データのバックアップ等を行った上で実行してください。

内部ストレージ化の準備

Xperia 1の内部ストレージ化は、スマホをPCにUSB接続してadbコマンドを使います。なのでPC必須の作業となります。実際に内部ストレージ化する前に準備をします。

adbコマンドを使えるようにする

まずはPCを用意し、adbコマンドを使えるようにします。

adbコマンドを使えるようにするには、詳しくは下記記事をご覧ください。

USBデバッグをオン

adbコマンドが使えるようになったら、「開発者向けオプション」から「USBデバッグ」をオンにします。

開発者向けオプションは通常では隠しメニューとなっています。設定からシステム端末情報と進み、一番下のビルド番号を連打します。これでシステム詳細設定の中の項目に「開発者向けオプション」が加わります。

ここまでできたらPCとXperia 1をUSBケーブルで繋ぎましょう。スマホ上に「USBデバッグを許可しますか?」というような表示が出たら「許可する」を選んでください。

adbで内部ストレージ化

それではPCから内部ストレージ化作業をやっていきます。

SDカードカードを内部ストレージ化すると、SDカードの中身は消去(フォーマット)されます。データのバックアップ等を行った上で実行してください。

Windows PowerShellを開く

adbコマンドが使えるようになったら、PCでスタートメニュー右クリックから「Windows PowerShell」を開きます。

adbコマンドを入力1

adb shell
sm list-disks

上のコマンドを1行ずつ入力します。

「disk:179,0」と表示されていますが、この数字は環境によって異なります。

adbコマンドを入力2

sm partition disk:179,0 private

続いて上のコマンドを入力します。179,0の部分はさきほど「環境によって異なります」と書いた部分の数字です。自分のPCに表示された数字に変えて入力してください。

内部ストレージ化完了

しばらく待つとまた最後の行に「SO-03L:/ $」と表示されます。これで内部ストレージ化は完了です。

内部ストレージ化 完了

左:内部ストレージ化前 右:内部ストレージ化後

内部ストレージ化の前後を比べると、ストレージの合計の部分が増えてるのがわかります。今回は32GBのSDカードを使ったので64GB+32GB=96GBです。
SDカードの表示も「外部ストレージ」から「機器のストレージ」の中に移動してます。

アプリを内部ストレージに移動する

アプリを外部ストレージ(SDカード)に移動するのは、できるものとできないアプリがあります。

移動できるアプリはアプリ情報のストレージの項に行くと「使用されているストレージ」のところに変更というボタンがあります。外部ストレージに移動したい場合はこれをタップします。

あとはSDカードを選んで、次の画面で移動をタップすればアプリがSDカードに移動します。

全てのアプリがSDカードに移動できるわけではない(むしろ移動できないほうが多い?)ので、そのときは諦めましょう。

内部ストレージ化の解除

SDカードを取り替えるときや、スマホを変更するときなどはまず内部ストレージ化を解除しましょう。(その前にデータのバックアップや外部ストレージに移したアプリを内部ストレージに移すのも忘れずに。)

ストレージの設定からSDカードを選び、右上の三点メニューから「外部ストレージとしてフォーマット」をタップして、SDカードをフォーマットすれば内部ストレージ化も解除されます。フォーマットするので、当然中のデータはすべて消去されますのでご注意を。

内部ストレージ化、する?

今回の方法でSDカードをカードを内部ストレージ化すれば、Xperia 1のストレージ容量の悩みも少しは解消されるかもしれません。

ただ、けっきょく移動できないアプリもありますし、それなりにしっかりしたSDカードを使わないと遅くなったり、SDカードのエラーの心配もあります。内部ストレージ化するかどうかは、本当にそれが必要かどうか考えてからでも良いと思います。不安ならやらないほうがいいですよ?あくまで自己責任です。

Random Posts

OPPO R17Proを「OPPOお試し体験サービス」で2週間お借りします
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年1月その2 nuroモバイルとロケモバがまた気になる速度に
Language Navi:「日本語じゃないので☆1です」なんてもう言えない!アプリ画面を翻訳してくれるアプリ
知ってた?通知領域の日付部分タップでアラーム設定画面へ直接行けるのが便利
Musicana Music Player:グラデーションが美しい見た目の音楽プレイヤーアプリ
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年3月その1 b-mobile S 開幕SIMが落ち、UQ mobile一強時代へ
とあるスマホのホーム画面【ホーム画面コンテスト2017】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年7月-2 LINEモバイルソフトバンク版は出足で躓いたものの、充分に速い
Yahoo!天気のRSSで使われる天気名の一覧とKLWP/KWGTでの使い方(サンプル画像あり)
AppWrap:端末にスクリーンショットのハメコミ画像を作成できるアプリ
FLAT:MINIMALIST【ホーム画面定期コンテスト】
【orefolder.net7周年】ホーム画面コンテスト2017 投票開始のお知らせ
HUAWEI nova lite 2 購入:ファーストインプレッションは良好!18:9画面が自然で持ちやすい
Tap Scroll:スワイプではなくタップでスクロールするボタンを表示するアプリ
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年10月その2 BIGLOBEモバイルタイプAはそこそこ速かった!?