Xperia 1 SO-03L 購入!開封の儀とファーストインプレッション:大きいのに持ちやすい細マッチョ

|

Xperia 1を購入しました。ドコモ版のSO-03Lです。これまでのXZシリーズから離れ、新たに1から作り直したというソニーモバイル渾身のスマホ。21:9という細長いディスプレイが大きな特徴で、見ているだけでドキドキするスマートフォンです。

今回は開封の儀とファーストインプレッションをお送りします。私自身としても久しぶりにXperiaの現行機種を買ったのですが、このドキドキ感も久しぶりでワクワクしています。

Xperia 1 開封の儀

今回購入したのはドコモ版のXperia 1 SO-03Lです。ドコモ契約がなくても端末単体購入できたので、その顛末はコチラで。

パカっと開けて袋に包まれたXperia 1がご登場です。他のサイトで海外版の開封記事も読んだのですが、それに比べるとドコモっぽさが溢れてますね。

内容物はかなりシンプルで、本体のほかはマニュアル類とUSB Type-C/3.5mm変換ケーブルだけです。ケースもイヤホンもACアダプタもUSBケーブルもありません。まぁハイエンド端末買う人ならそのあたりは自分で好きなものを用意するのでいいのかもしれません。

パッと見はすごく細いというか、かなり小さく感じます。最近のスマホはかなり大きなものがありますし、このXperia 1もディスプレイサイズは6.5インチなのですが、その数字からしてみると、かなり小さい印象。

色はパープルです。Xperiaでは人気の色の1つで、今回久しぶりの復活となった色です。同じパープルでも微妙な違いがありますが、少し青に寄ったパープルですね。

外観チェック

右側面。
上(右側)から音量ボタン、指紋センサー、電源ボタン、少し離れてカメラボタンです。カメラボタンが独立して存在するのはXperiaの特徴で、あまり大々的に触れられることはありませんが、地味に便利です。

左側面。
こちらは特に何もありません。

上側面にはSIMとSDカードのスロット。下側面にはUSBポートとスピーカーがあります。

今回指紋センサーがサイドに復活したのですが電源ボタンとは別になっています。権利関係の何かがあったようですが、個人的には電源一体型が好きだったので少し残念です。

SIMとMicroSDカードのスロットは上側に。SIMはシングルです。

細マッチョな締まったボディと性能

店頭でのデモ機を触ったときも思ったのですが、大きさの割にとても細くて持ちやすい。普段メインとして使っているPixel 3も細いですし、それよりは横幅ある(72㎜)のですが、印象として細いのです。

縦方向のディスプレイ領域が長く、パッと見でディスプレイの全てが視界に入りません。視界を上から下にスクロールするような感じになります。PC用のディスプレイを初めて縦置きにしてみたような、そんな感覚を思い出しました。

マッチョなスペック

とりあえずベンチマークアプリを使ってみました。(最初、なぜかAnTuTu 3Dや3Dmarkがインストールできなかったのですが、初期化したらできるようになりました。何だったんだろう…?)

Antutu Geekbench 3DMark
Single Multi
Xperia 1 354207 3508 11234 5738
AQUOS R2 compact SH-M09 288686 2363 8776 4674
Pixel 3 285757 2375 8378 4701
OPPO Find X 285174 2310 8051 4544
Xperia XZ1 197604 1899 6032 3380

Xperia 1はSnapdragon 855搭載です。AQUOS R2 compactからFind XはSnapdragon 845、Xperia XZ1はSnapdragon 835です。AnTuTuの点数にしてここまで伸びてくるものなんですね。

個人的にはそこまでスペックの必要なことをスマートフォンではやらないのでスペックを持て余すことは必至なのですが、それでもなんだか嬉しいですね。

新しいXperiaと、これからを過ごす

購入したものの、まだほとんど触れていないのですが、久しぶりの(新しい)Xperiaということで、ドキドキしています。21:9のディスプレイということもあって使い勝手も今までのスマホとはまた違ってきそうです。しばらくメイン級で使用してみようと思いますが、気づいたことなどあればまたどんどん記事にしていきたいですね。

OS Andorid 9
CPU Snapdragon 855
RAM 6GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC (最大512GBまで)
ディスプレイ 6.5インチ 3840×1644
カメラ 背面:26㎜(標準):有効画素数 約1220万画素/F値1.6/メモリー積層型イメージセンサー
52㎜(望遠):有効画素数 約1220万画素/F値2.4
16㎜(超広角):有効画素数 約1220万画素/F値2.4
前面:有効画素数 約800万画素/F値2.0
バッテリー 3200mAh
サイズ 約167 × 72 × 8.2 mm
重量 約178g

参考情報

Random Posts

LINEモバイル「友だち招待」スタート!招待URLからの登録で登録事務手数料が最大無料に!
私の思い出のAndroid端末:初めて買ってAndroid端末沼に沈んだ原因となったNexus 7 (2012)
ActionDash:Digital Wellbeingのようにアプリの使用時間や回数を表示するアプリ
Simple better home 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Material Music Widget:別の音楽プレーヤーをコントロールする音楽ウィジェット
SmartBand 2 SWR12 購入:睡眠も心拍も自動で記録できるスマートバンド
左右に優しい 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
化学の時計ウィジェット:元素記号や原子番号で表示する時計ウィジェット
JOMARTOのUSBハンディ扇風機:モバイルバッテリーにもなる意外と便利な扇風機
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2019【結果発表 その2 「ここが気に入ってる」編】
Android One X2 を購入しました-1年前のスマホですがAndroid 9 Pieも来てるのですよ
UMIDIGIの新世代フラッグシップキラー「UMIDIGI F1 Play」のティザーが公開!手頃な価格の48MPカメラスマホ
簡単!ページ共有:ブラウザから共有するときにページタイトルも挿入してくれるアプリ
Android 8.0で通知に表示される「バックグラウンドで実行中です」を消す
夏アウトドアに最適なiFeccoの小型軽量Bluetoothスピーカーレビュー