トリプルカメラのUMIDIGI A5 Proが無敵の99.99ドル!UMIDIGIファンフェスティバルを開始!

|

中国のスマートデバイスメーカーUMIDIGIは、ここ数年の間に手頃な価格と優れたカメラ、大きなバッテリーを搭載したスマートフォンを提供することで有名になってきました。この戦略によって、彼らはXiaomiやHuaweiのような他の中国のブランドを本当に高価に見せています。

5月21日の日本時間17時より、新しいエントリーレベルのスマートフォン「UMIDIGI A5 Pro」が99.99ドルという信じられないほどの低価格でAliExpressにて発売されます。さらにUMIDIGIは2日間のファンフェスティバルを開催し、多くの商品やプレゼントを出します。

UMIDIGI A5 Pro vs Xiaomi Redmi 7

以下はUMIDIGI A5 ProとXiaomi Redmi 7の比較表です。どちらがエントリーレベルのキングでしょうね?

A5 Proは発売開始時には99.99ドルになります。超広角トリプルカメラ、4150mAhの大容量バッテリー、Helio P23、4GB RAM、そしてトリプルカードスロットを搭載したスマホとしては驚異的です。しかしこの価格はまだ十分ではありません!UMIDIGIはファンフェスティバル期間中にこの価格を95.99ドルに引き下げます。5月20日にAliExpressで3000ユニット限定の6ドルクーポンをA5 Pro用にゲットすれば、そのクーポンを使って90ドル以下で購入できます。そのA5 Proの6ドルクーポンは、販売の最初の2時間、5月21日の00:00〜02:00(GMT-8)までしか使用できません。

5/21-22のセール価格 通常価格
UMIDIGI A5 Pro $95.37 $159.99
UMIDIGI S3 Pro $259.99 $399.99
UMIDIGI F1 Play $189.99 $249.99
UMIDIGI Power $129.99 $199.99
UMIDIGI A3 $59.99 $99.99
UMIDIGI F1 $169.99 $249.99
UMIDIGI A3 Pro $79.99 $139.99

A5 Pro以外のスマホも5月21日と22日は大セールとなります。UMIDIGIの最新のフラッグシップ、Sony IMX 586 48MPカメラセンサーとHelio P70プロセッサを搭載したUMIDIGI S3 Proは、399.99ドルから259.99ドルで、40%近くの値下げです。

48MPカメラ、6GBのRAM、そしてHelio P60プロセッサを搭載したUMIDIGI F1 Playは、60ドルの割引でわずか189.99ドルです。

UMIDIGIの目標はスマホの写真を再定義し、カメラフォンを最も宣伝することですが、UMIDIGI Power(129.99ドル)、F1(169.99ドル)、A3(59.99ドル)、およびA3 Pro(79.99ドル)の割引もあります。もし注文金額が299ドルを超える場合は、さらに10ドルのクーポンがあります。

※この記事はUMIDIGIより依頼され、用意された記事を日本語訳した広告記事です。

Random Posts

Jelly ProにAndroid 8.1のOSアップデート配信…が、ファクトリーリセットする羽目に
KLWPのテーマ特集:最近見つけた無料でカッコいいテーマ6個 (2019.06.09)
TicWatch S 購入:1万円台で買えるお手頃価格のWear OS(Android Wear)搭載スマートウォッチ
【大募集】7周年感謝企画 ホーム画面コンテスト2017 作品募集のお知らせ
Tweety:ナイトモードもあるTwitterのタイムライン等を表示するウィジェット
Muviz:ナビゲーションバーの下にビジュアライザーを表示するアプリ
UserStream停止の次は3時間300post制限…非公式Twitterアプリはこの先生きのこれるのか
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年8月 その1 格安SIM最速チャレンジはUQ mobileで決まり!
OPPO Reno 10x Zoom レビュー:カメラのズームだけじゃない!全体的に優秀なハイスペックスマホ
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年9月その1 ロケットモバイルがついに点火か!?
Pixel 3のDigital Wellbeingでアプリの使用時間を把握し、スマホとの付き合い方を考えよう
KLWPで週の始まりの曜日の変更に対応した週間カレンダーを作る
かわいい天気予報2:かわいいイラストで表示する天気予報アプリ
48MPソニーカメラで撮影されたUMIDIGI S3 Proカメラのサンプル
KLWPで表示画像を切り替えて数コマアニメを作ってみる