GoogleマップのARナビを試してみる:現実世界に矢印を貼り付けるからわかりやすい!

|

先日より、Pixel 3にてGoogleマップにおける「ARナビゲーション」が利用可能となっています。まだアルファ版ではありますが、これまでのナビを補完し、よりわかりやすいナビゲーションができるようになっています。

実際に試してみたので、どう動くのかご紹介します。

ARナビを使ってみる

普通に経路検索する

まずは普通にGoogleマップで行きたい場所を選んでルートを表示させます。このとき下に「ARを開始」という項目があるので、これをタップします。

カメラで周りを見渡して現在位置を検出する

画面に周りの景色が表示され、カメラを周りに向けるように指示されます。この時に表示されるイラストはガイドというわけではないので、どの方向にカメラを動かしても大丈夫です。

アプリ側で検出が終わると画面中の白い点が青・赤・黃・緑のGoogleカラーに変わります。

画面内の景色にARでラベルが表示される

そのままスマホを周りに向けると、進むべき道上に「この道を進む」といった案内が表示されるようになります。また、目的地の方向が青いピンのようなもので示されます。

ちなみに、スマホを下ろすと普通の地図でのナビに戻ります。

進んでいる途中は画面をオフにしてもOKで、曲がり角などの手前でバイブが教えてくれます。このときに画面を見るとまた現在位置の検出が行われます。曲がるところには大きく矢印が表示され、どの道を進めばいいのかが視覚的にわかりやすくなっています。

このARの矢印、ちゃんと影も表示されたりします。細かいッ!

目的地、到着

無事に目的地まで進むと、ちゃんとピンもARで表示されます。

実際の流れを動画にしてみました。

ARナビを使って気づいたこと

使えるのは止まっているときだけ


このARナビ、使いながら歩こうとすると警告が出て、歩きスマホの状態で使うことはできないようになっています。スマホをおろした、地図上でのナビゲーションは歩きながらでも動作するのですが、スマホを立てて見るARナビはより危険が伴うということでしょう。

縦向きのみ対応

ARナビはスマホを縦向きに持ったときのみ表示されます。上の画像の状態よりも傾けると普通の地図ナビゲーションに戻ってしまいます。

暗いところなどは苦手

現在位置の検出はGPSと周りの景色とで行われます。夜だったり、周りの景色が読み取れるものがほとんど無い場合は現在位置を見つけられません。特徴的なものがいろいろある街なかであれば問題ないでしょう。

初めての込みあった場所では有用

実際に使ってみるとまず思うのは「面白い」です。かつてあった「セカイカメラ」を引き合いに出されることも多いですが、現実世界にマーカーが付いて見えるのは「面白い」です。実際に自分で体験してみるとわかります。

ナビとしての機能で言えば、曲がる箇所の手前でバイブでお知らせしてくれるのは以前からあり、それで十分わかりやすいのですが、それがARナビを見るタイミングをお知らせしてくれるようでこれも良いです。

簡単な交差点ではそれほど意味がないかもしれませんが、五叉路など曲がる先が多く角度も紛らわしい場所などではどの道に行けばいいのか画面上で示してくれるのは非常にわかりやすいです。

ただ、毎回毎回スマホを持ち上げて現在地検出して…というのはちょっと面倒です。こういうのはスマホではなくスマートグラスのようなメガネ型デバイスで実現してほしいですね。

Random Posts

【あなたのホーム画面見せてください 2019】応募全41作品のまとめ
OCN モバイル ONE 新コースを2ヶ月使っての評価:満足なところと注意するところ
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年12月 その1 OCN モバイル ONEの新コースが(今はまだ)速い!
Unihertz Titan、緊急地震速報は受信するものの画面が点灯し続けるので注意が必要(追記あり)
格安SIMに変えて後悔する前に確認しておきたいこと
【あなたのホーム画面見せてください 2018】応募全31作品のまとめ
Androidスマホの日本語入力アプリなに使ってますか? 1位はGoogle日本語入力、2位はATOK
Mode1 RR レビュー:普通の人の普通の使いやすさ、そしてRacing Sportsをコンセプトにデザインされたスマホ
メインのSIMをワイモバイルにMNPするか、いつするか真剣に考えてみる
私がXperia 1を購入して設定した項目や、使い始めるために入れたアプリ
poster【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Androidスマホのちょっとした質問に答えてみる
AIで驚異的なバッテリーライフ!Android 9 Pie搭載のフラッグシップキラー UMIDIGI F1
Pixel 3のDigital Wellbeingでアプリの使用時間を把握し、スマホとの付き合い方を考えよう
CHUWI MiniBook レビュー:持ち歩きたくなるコンパクト端末!4.5万円でしっかり使える8インチUMPC