SoundPEATS TrueFree+ レビュー:人気機種の改良版! 音はもちろん、使い勝手も向上

|

SoundPEATSより、完全ワイヤレスタイプのBluetoothイヤホン「True Free+」をレビュー用に提供していただきました。

こちら、昨年12月にレビューした「True Free」の改良版という位置付けの製品になります。イヤホン自体のデザイン等はほとんど変わりませんが、音の改良や充電ケースの変更など、True Freeで要望のあった点がうまいこと改善されています。

  • ペアリングが簡単
  • LRどちらも片耳モードにできる
  • 充電器になるケースのバッテリー容量が増え、35時間連続再生
  • 蓋もついたので安心
  • やっぱり音量操作ができない
  • 若干の遅延はある

SoundPEATS TrueFree+

SoundPEATS TrueFree+の内容物はイヤホン本体のほか、充電式収納ケース、イヤーピース×4ペア(XS,S,M,L)、USB充電ケーブル、取扱説明書です。イヤーピースは最初からMサイズが装着されており、説明書は日本語表記もあります。

従来機との一番目立つ違いは収納ケースに蓋がついたということです。以前のものは強力なマグネットでくっついているだけでした。そう簡単にははずれないのですが、それでも見た目から不安だというのはわかります。蓋がついたおかげで、より安心できます。

蓋を開けてからの本体の取り出し方も改善されています。以前は中央側から外へ押し出すようにすると取り出しやすかったのですが、外側にも溝があったのでわかりにくくなっていました。TrueFree+では外側のみ溝となっており、そこから指を引っ掛けて取り出せます。

本体はデザイン的に変わっていません。重さも片方約4.7gのままです。

ペアリングが簡単

従来機でもそうでしたが、Bluetoothのペアリングは簡単です。ケースから取り出せばペアリングモードになるので、スマホ側で「SoundPEATS TrueFree+ -R」を選択すればいいだけです。

2回目以降はケースから出すだけで自動的にペアリングしてくれます。ケースから出して耳にはめるまでの間にペアリング完了してるくらいに早いので、もうペアリングを意識することはなくなります。

また、従来機同様に片方だけ使って片耳モードで利用することもできます。ジョギング時など、両耳を塞いでしまうと危ない場面もあるので、こういった使い方ができるのはありがたいです。

音質や使い勝手は従来機同様

音については個人での好みがあると思いますが、フラットでクセもなく素直に聴ける音です。従来機からの改善点として低音の強化が挙げられています。たしかに以前のもので感じた「足りない」という感覚は今回はありません。(強くもありませんけど。)

完全ワイヤレスで気になるのは「歩いたりしていて不意に外れないか」というものがありますが、これも心配ありません。イヤーキャップがあっていることが必要ですが、軽く走った程度では外れる気がしません。

操作法も従来機と同じで、ボタンのように押すことで曲送り等できますが、やはり音量操作はできません。これがこのイヤホンの弱点ですね。(上位機種になるとそれも可能になると言う話ですが。)

また、Bluetooth接続のイヤホンではよくあることですが、遅延が若干あります。不通に音楽を聴いているだけなら気にならないと思いますが、動画を見ていると初めのうちは「あれ?」と思うかもしれませんし、音楽系のゲームだと大きな問題となるでしょう。

35時間連続再生可能

SoundPEATS TrueFree+は本体だけで約4時間連続再生可能なバッテリー性能です。これにバッテリーを内蔵し充電器にもなるケースを合わせると35時間の音楽再生が可能になります。従来機が20時間だったので、ここは大幅に伸びました。1泊ぐらいなら充電せずに大丈夫そうですね。

まとめ:着実に改善されたマイナーアップデート版

SoundPEATS TrueFree+、従来機をベースにして着実に良くなっています。もともとが価格の割にしっかり使えるものだったので、完全ワイヤレスが初めてという人にはいい選択肢だと思います。さすがに「こだわる」人はこの価格帯だと使わないと思いますしね。

全体的には悪くないのですが、音量操作ができない、遅延があるといった弱点もあります。周りに合わせて頻繁に音量を変える人、音ゲーをよくやる人には向いてないと思います。自分のスタイルをよく考えて、一番合ったものを選びたいですね。

完全ワイヤレスでコードがないというのはかなり快適です。個人的にはお散歩の際のお供にはかなりGoodだと思っています。従来機を持っている人が買い換えるべきとまでは行きませんが(それでもバッテリー容量が増えたのは大きい)、はじめての完全ワイヤレスイヤホンにはオススメです。

【製品仕様】
品名:SoundPEATS TrueFree+ ワイヤレスイヤホン
Bluetooth パージョン:Bluetooth V5.0
Bluetoothプロファイル:AVRCP_V1.6/HFP_V1.7/HSP_V1.2/A2DP_V1.3
チップセット:Realtek 8763BFR
最大通信距離:約10メートル(障害物なし)
待機時間:約120時間
再生時間:約3-4時間
充電時間 :約1.5時間
充電ケース・イヤホン充電可能回数:9-10 回
イヤホンバッテリー電圧/容量:3.7V / 43mah
充電ケースバッテリー電圧/容量:3.7V / 800mAh
防水等級:IPX4
質量:約4.7g

Random Posts

第1回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト投票開始のお知らせ
マルチペアリングで利便性はAirPods並!? AUKEYのBluetooth防水イヤホン「EP-B40」レビュー
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年11月 その1 ドコモ系なら今はDTI SIMに注目
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年4月 その1 DTI SIMが爆速!ワイモバも速いぞ!
フチまで完璧!AQUOS R Compact用ラスタバナナのTPU液晶保護フィルム
AQUOS zero SH-M10 の価格比較 やはり最安はOCN モバイル ONEか、IIJmioも実質価格は安い
Wiko View レビューその2:カメラをチェック! 低速度撮影や手ぶれ補正で動画撮影は楽しいかも
バッテリーは内、スマホは外! Ekpheroの盗難防止&USB充電ポート付きバックパック
Pixel 3 / Pixel 3 XL の予約が始まったのでドコモショップで実機をチェック!
KLWPのテーマ特集:ドットビューにX型、マテリアルデザインなど雑多なテーマ6種 (2017.07.08)
dpmkm薄型軽量モバイルバッテリー5000mAh:厚さ7.8mmで薄くて軽くてアルミがひんやり
格安SIMの通信速度比較【2019年4月その2】b-mobileがドコモ回線もソフトバンク回線も快速絶好調!
ゆるキャン△風フラットホーム【ホーム画面定期コンテスト】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年6月その1 良くも悪くもb-mobileがちょっと気になる
AQUOS R2 Compact SH-M09 の価格比較 mineo / 楽天モバイル / goo Simseller / ヨドバシカメラ など