ZenFone Max (M2) 開封の儀:メタル素材の背面はスタンダードだが安心して持ててGood

|

先日参加したASUSの「ZenFone Max新製品タッチアンドトライイベント」にて、3月15日発売のZenFone Max (M2)をお借りしました。せっかく発売前にお借りできたのになかなか触れられていないのですが、まずは開封の儀ということで外観を見ていこうと思います。

ZenFone Max (M2) 開封の儀

箱を開けるとまずは青い紙のケース。Max Pro (M2)ならクリアケースが入ってそうですが、Max (M2)はケースありません。この中にはマニュアル類が入っています。

内容物はZenFone Max (M2)本体のほか、マニュアル類、ACアダプタ、USBケーブル、イヤホン、SIMピンです。なかなかシンプルですが、購入するだけで必要なものはすべて揃ってます。

外観チェック

正面。

背面はメタル素材です。とてもスタンダードというか、よくある雰囲気です。ASUSロゴは角度によってはかなり目立たなくなります。

下側面にはUSBポートとスピーカー。残念なことにUSBはType-CではなくmicroUSBとなっています。

上側面にはイヤホンジャック。

右側面に電源ボタンと音量ボタン、左側面にSIMスロットがあります。

SIMトレイはSIMが2枚とMicro SDカードが1枚入るトリプルスロットです。

背面カメラは少し飛び出ているのが残念ですが、まぁ気になるほどではありません。机の上に置いて画面左上の方をタップすると、多少ガタガタします。

目立ったところはないけど安心できる感触

ディスプレイ上部にノッチこそあるものの、端末デザインとしては非常にオーソドックスというか、よくある感じです。ですが、それゆえに馴染みやすく、悪くない印象を受けます。新しい端末であるはずなのに、すでに使ったことがあるような、そんな不思議な感覚です。

個人的には背面は指紋が付きやすいものは好きではないので、メタル素材で反射しないというのはポイント高いです。これで赤があったらもっと良かったんですけどね。


軽く触った感じでは、かなりキビキビ動きます。たしかにこれはエントリーモデルではなくミドルレンジなんだな、と感じさせます。重たい処理をさせてないからではありますが、普通に使うには十分そうです。

貸出期間はもう少しあるので、じっくり触ってまたレビューしたいと思います。

参考情報

Random Posts

CHUWI Hi9 Plus 試用レビュー:ディスプレイの発色と繊細さに驚く、バランスの取れたタブレット
KLWPでテキストファイルを使ってランダムにセリフを喋らせる
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年12月 その1 LINEモバイルではもう最速の夢は見られないのか
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年11月その1 悪くないBIGLOBE-A、気になるnuroとロケモバ
ZenFone 5のノッチに隠されたステータスバーアイコンはタップで2段目表示となって面白い
construction【ホーム画面コンテスト2017】
Circlesearch:Twitterでフォローしている人からコミケ等のサークル参加者を一覧表示
UMIDIGI F1 のスペックが一部判明:Helio P60、6.3″FHD+水滴型ノッチディスプレイ、5150mAhバッテリー
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本8」PDF版および書店委託販売のご案内
iPhone Xを買いました。約3年ぶり2回目のiPhoneです。
名取さなちゃんがいっぱい動く 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Sticky Note Widget:色やサイズが変更可能でスクロールもできるメモウィジェット
Google HomeとAmazon Echo、スマートスピーカーと過ごして3ヶ月での感想
Android 9のGalaxy S8でBixbyが復活したのでbxActionsで別の動作に差し替える方法
クイック設定パネル(Quick Settings)の使い方とカスタマイズ (Adroid 7.0以上向け)