48MPソニーカメラで撮影されたUMIDIGI S3 Proカメラのサンプル

|

UMIDIGI S3 Proは、Honor View 20やHuawei Nova 4などの48MP Sony IMX586カメラを搭載した世界初のスマートフォンの1つとなります。中国のスマートフォンメーカーUMIDIGIの次のカメラ特化フラッグシップS3 Proは1月下旬に正式発売予定です。

UMIDIGI S3 Proの最初のカメラサンプルが届きました。これはあらゆる種類の照明環境における48メガピクセルのカメラセンサーの優れた写真性能を明らかにするために共有されています。(スマホの小さな画面ではなく、できればPCの大きなディスプレイで表示することをお勧めします。)

UMIDIGI S3 Proカメラのサンプル

以下、クリックで拡大します。

1.33MB
992KB
1.04MB
1.92MB

ソニーのIMX587カメラは4800万画素にまで達し、それは良い照明の元で0.8ミクロンの画素、またはより大きな1.6ミクロンの画素で撮影された12メガピクセルの写真と同等になるように隣接する画素を組み合わせます。幅1/2インチで、センサーはほとんどの競合他社よりも大きいため、強い集光機能があります。

UMIDIGI S3 Pro

レンダリング画像を見ると、UMIDIGI S3 ProはXiaomiのMi Mixシリーズのような上品な外観のセラミックデザインになります。そして、最近の他社のフラッグシップ機では削除されてしまっている3.5mmヘッドフォンジャックがあるのも見えます。

スペック的には、UMIDIGI S3 Proはカメラ中心のUMIDIGIの次世代フラッグシップスマートフォンです。そのため、S3 Proの背面カメラは48MPのメインカメラとは別に、12MPの望遠カメラもあります。前面側には、20MPの高解像度セルフィーカメラを搭載します。

カバーの中では、S3 Proは5150mAhの大型バッテリーが大部分を占め、6GB LPDDR4X RAMと128GB内部ストレージを備えたAI SoC MediaTek Helio P70が搭載されています。また、インセルLTPS技術を伴った6.3インチFHD+水滴型ノッチフルスクリーンもあります。そしてこれまでも書いてきたように、S3 ProはOSバージョンがAndroid 9 Pieとなります。

UMIDIGI S3 Proは1月下旬に正式発売予定ですが、具体的な時期はまだ決まっていません。価格を含めた多くの詳細がまもなく明らかにされることを期待したいですね。最新の詳細情報が分かり次第、遅れずにお知らせします。

Random Posts

左右に優しい 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Muviz:ナビゲーションバーの下にビジュアライザーを表示するアプリ
約8時間の稼働時間で長時間使用OKが嬉しい! aptX対応 Bluetoothイヤホン dodocool DA109
Tap Scroll:スワイプではなくタップでスクロールするボタンを表示するアプリ
フォントで楽しむ天気予報 (天気ウィジェット):日本語テキスト表示の天気ウィジェット
Mi Pad 4を購入しました:8インチの手頃なサイズで十分なスペックを持ったタブレット
Iconzy:アイコンパックからアイコン画像を取り出したりKLWPで活用できるアプリ
アプリのバックアップを取る方法、そしてアイコンを保存する方法
Ulefone Gemini レビュー:ダブルカメラのボケは独特で、多機能なホームキーなど全体的にそこそこ
SmartBand 2 SWR12 購入:睡眠も心拍も自動で記録できるスマートバンド
雨上がりの景色【ホーム画面定期コンテスト】
OnePlus 5T 開封の儀:派手さはないもののメタルボディが気持ちいい
電子マネーを使い始めて1年、案外すんなりと財布なし生活が馴染んでる
壁紙を黒にするとスマホのバッテリーが長持ちするって本当?というわけで実験してみた
【敗北】小さな感熱紙レシートタイプのワイヤレスプリンタ:MEMOBIRD G2