UMIDIGI One Maxがプレセール開始!オフィシャルストア等で179.99ドルから

|

UMIDIGIのヒット端末であるUMIDIGI One Proをアップグレードした、UMIDIGI初の水滴型ノッチのフルビューディスプレイ搭載「UMIDIGI One Max」のプレオーダーがオフィシャルストアおよびライセンスストアにて開始されました。価格は179.99ドルからです。

UMIDIGI One Maxは光沢のある金属製のフレームと2.5Dガラスを両面に備え、6.3インチの19:9水滴ノッチのフルスクリーンディスプレイを搭載したスマートフォンです。非常に小さなノッチデザインにより、画面占有率は91.5%まで達しています。

高い画面比率とはまた別に、One Maxには128GBの大きなストレージと最新の4GBのLPDDR4X RAM(Helio P23 SoC)が搭載されており、ヘビーユーザーにとってスムーズなゲーム体験を提供します。

また、18Wの急速充電をサポートする4150mAhのバッテリーを搭載しており、15Wの急速ワイヤレス充電にも対応しています。さらに、カメラは12MP+5MPの背面デュアルカメラと16MPの高解像度セルフィーカメラを搭載しています。カラーはトワイライトとカーボンファイバーの2種類です。

UMIDIGI One Maxのアンボックス動画も公開されています。UMIDIGI One Maxの詳細については、動画をチェックし、UMIDIGI公式サイトをご覧ください。

参考情報

Random Posts

アクティブトラッカー、スマートバンドを選ぶときのポイント・気をつけたいこと
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年8月 その2 LINEモバイルやnuroモバイルが微妙に改善傾向
KLWPのテーマ特集:クールなものからシンプルフラットまでカッコいいテーマ9種 (2018.01.11)
ピエールちえほんが思う「Xperia 1」が魅力的に感じる理由
nuroモバイル(0 SIM)の通信の最適化の解除を行ってみた
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年1月 その2 LINEモバイルの最速チャレンジは先月で終わった
Your Calendar Widget:細かいところもカスタマイズできるカレンダー・予定表ウィジェット
LINEモバイルのソフトバンク回線が低速化! 18日夕方をめどに増強し、改善を約束
UMIDIGI F1 のスペックが一部判明:Helio P60、6.3″FHD+水滴型ノッチディスプレイ、5150mAhバッテリー
KLWPで表示画像を切り替えて数コマアニメを作ってみる
KLWP/KWGTでYahoo!天気のRSSを使って天気情報を表示する方法
SpeedCheck Lite:消費データ通信量1MB、5秒以下で計測可能なスピードテストアプリ
パンダがかわいいCHOETECHの急速充電も可能なQi ワイヤレス充電器 T528-S
通信量チェッカー:日ごと月ごとアプリごとの通信量をグラフ表示してくれるアプリ
平成最後にこれまで作ったAndroidスマホのホーム画面を振り返る