UMIDIGI F1のレンダ画像と主要なスペックが判明

|

「Helio P60, 5150mAhバッテリー、128GBストレージ、NFC、8.8mmボディ」

UMIDIGIはスマートフォン業界の中でミッドレンジと低価格といった部分でその名を築いています。前モデルのUMIDIGI One Proのような成功はUMIDIGIに新しいシリーズを開始する自信を与え、UMIDIGI F1はその新しいシリーズの最初の製品となります。

以前も記事にしましたが、UMIDIGI F1は手頃な価格のフラッグシップ機で、12月中旬に発表される予定です。そのレンダ画像を入手しました。

UMIDIGI F1 Design

このレンダリング画像を見ると、UMIDIGI F1は小さな水滴型のノッチを持ったフルスクリーンディスプレイを持ち、下部のアゴ部分も非常に小さいように見えます。背面は赤で、丸みのある側面と角が印象的で、スーパーカースタイルを示しています。

指紋センサーも背面にあり、デュアルカメラは垂直に配置されています。そのデュアルカメラは、カメラ周りが赤い円で縁取られているのがわかります。また、最近では多くのフラッグシップ機で失われつつある3.5mmヘッドフォンジャックもあるようです。

UMIDIGI F1 Key Specs

レンダ画像とともに、主要なスペックについても入手しています。UMIDIGI F1は6.3インチの水滴型ノッチを含むインセル型LTPSフルスクリーンディスプレイで解像度はフルHD+で2.5Dガラスで覆われています。SoCはMediaTek Helio P60、で128GBの内蔵ストレージと最新のLPDDR4X RAMを搭載します。背面には16MP + 8MP、F値1.7のデュアルカメラを搭載、前面には16MPの高解像度セルフィーカメラを搭載します。バッテリーは5150mAhと大容量なので長時間の利用が可能でしょう。このような機能を持ち、端末自体の厚さは8.8mmとなっています。

UMIDIGI F1に搭載されるHelio P60はOPPO R15、F9 Pro、Vivo Y97、およびUMIDIGIの2018年のフラッグシップUMIDIGI Z2 Proで使用されています。UMIDIGIによればHelio P60はSnapdragon 660チップセットと同じレベル。なので、PUBGのような厳しいゲームにも対応できるとしています。そして、UMIDIGI F1は、Googleの最新のAndroid 9 Pieを搭載した最初のモデルになります。

今回はここまでですが、価格などの詳細についてもすぐに明らかになると思われます。最新の情報が入ったら、またお知らせしますね。

Random Posts

construction【ホーム画面コンテスト2017】
第5回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト開催のお知らせ
KLWP/KWGTでアナログ時計を作る-なめらかな秒針の作り方
UMIDIGI UwatchのプレセールがGearBestにてスタート!価格は24.99ドルから
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年7月-1 地味に良くなってきているDTI SIMに少しの期待
MonoSimple 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Pixel 3のDigital Wellbeingでアプリの使用時間を把握し、スマホとの付き合い方を考えよう
KLWPで再生中の音楽に合わせた背景色の音楽プレイヤーウィジェットを作成する
Playストアで有料アプリを公開&無料セールを設定する-アプリ販売始めました
Google Daydream View 開封の儀:ファブリック素材でさわり心地付け心地がいいVRヘッドセット
Xiaomi Mi Band 3 開封の儀:0.78インチ有機ELディスプレイ搭載のスマートバンド
Xperia Z5 Compact SO-02H 購入:手触りが良いので、もっと早く買えば良かった
Mpow H6 レビュー:有線も無線もいける連続再生25時間のノイズキャンセリング付ヘッドホン
うっかり大量通信防止 (Wi-Fi確認通知):Wi-Fiオフでアプリを起動すると通知が出るアプリ
常用より非常用、3000円で災害時に備えようLiberFlyerのモバイルバッテリー「Chargi-Q mini」レビュー