orefolder的に2018年を振り返る-スマホ/格安SIM/ホーム画面カスタマイズ

|

2018年も残りわずかです。今更ながら、この1年間を振り返ってみたいと思います。とても個人的な感想でしかありませんが、この1年はなかなか苦しく、思うように進まない1年間でした。それでも時間は流れていきます。

このサイトで主に扱っている「スマホ」「格安SIM」「ホーム画面カスタマイズ」の3つの視点で2018年を振り返ってみます。

ノッチの隆盛とそこからの脱却を始めたスマホ

2017年にディスプレイの一部が欠けたスマートフォンが発売され始めました。日本では当初は切り欠けなどと注意書きもありましたが2018年の今はノッチで通じますね。それほどにノッチスマホが増えました。ノッチで隠れた部分の処理については、まだ調整不足なものもありますが…。

正直ここまでノッチが当たり前になるとは思いませんでした。トレンドではあっても、決してカッコいいものではないですし。

それでも2018年も後半になると可動式のカメラでノッチを必要なくしたり、パンチホール型のノッチなど、新しい形が生まれ始めました。2019年は脱ノッチが進むでしょうね。そうあってほしいです。ダブルノッチなスマホも出ますけど。

次に指紋センサー。これもまた各社工夫を始めています。画面内センサーなど、なるべくボタンをなくす動きは今後も進むと思います。

AIもだいぶ浸透しました。まぁどの程度使用しているのかなどは千差万別ですが。スマートフォンはパーソナルなものなので、AIによって各個人に合わせたものになっていくというのは、正常進化として未来が見えます。楽しみですね。

2019年はどんなスマートフォンが出てくるのでしょう?技術の進歩によってデザイン的にも選択肢は増えてます。これからが楽しみです。

ソフトバンク系が増え、サブブランド勢が拡大した格安SIM

格安SIMについては、今年はLINEモバイルやmineoなど、ソフトバンク回線に対応するものが増えました。LINEモバイルは最速チャレンジというキャンペーンをを行い、なんとか走りきった感じでしょうか。途中ソフトバンクの障害で繋がらない時間がありましたが、それはノーカンのようです。

サブブランド勢が相変わらず強いのですが、どちらもデータ容量を増やしたりで、隙をなくしつつあります。個人的には、最初の1年だけ安い価格を前面に押し出すような表示や、なのに2年縛りがあるようなプランは好きではないのですが、キャリアから来る人にはむしろその方がわかりやすいのかもしれませんね。

自分のメイン回線は今年もLINEモバイルのドコモ回線でした。もはや開始当初の速さもなく、ふつうの格安SIMでしかないのですが、まぁ大きな不満があるわけでもありません。Twitterはカウントされませんしね。

各社、スマホとの新規セット契約での割引が大きくなってきています。キャリアの時代と同じく、長期契約者がないがしろにされる状態になりつつある気がしますが、どうしますかね。いろいろなMVNOを、私のアフィリエイトから移りわたっていってくれるのが、私には一番ありがたいですけどね。

あいかわらずKLWPでいっぱいだったホーム画面カスタマイズ

ホーム画面カスタマイズは、相変わらずでした。ただ、スマホのディスプレイが18:9が主流となり、デザインの方向性を考えなくてはならなくなりました。

私としては、今年はKAPKを使ってKLWPのテーマパックを作成、Playストアに有料アプリとして公開することができました。

有料アプリを出すとどんな感じか知りたかったのが主だったのですが、意外とちょこちょこ売れてまして、月に100~300円くらい入ってきます。

有料にするかは別ですが、またテーマをアプリにして配布してみたいですね。

思うように行かなかったサイト運営

このorefolder.netのサイト運営としては。いろいろあった1年でした。

3月31日から4月1日にかけて、Googleのおすすめ欄に載ったことでアクセス急上昇。ただそれにサーバが耐えきれずエラー続出でした。これはちゃんと負荷対策していれば防げたことなので、今となってはかなり悔しいです。

その後、サイトのリニューアルとサーバ移転を行いました。まだちょいちょい問題が残っていたりしますが、少しずつ改善していきたいと思います。

pv的には、微増…したかな?くらいです。Googleのおすすめに載ることは増えたのですが、これまでpvを稼いでたページが微減していてプラマイゼロ、みたいな。

そして収入的には激減でした。3月くらいまでは良かったのですが、その後からはもうダメで、月ごとにみると前年比50%くらいまで落ちました。

このあたり、なんとかしなきゃ、とずっと思っていたのですが、有効な手を打てず、ズルズルと時間だけが過ぎていきました。効果がなかったと言うよりは、何もしてないという感じです。

普段の記事も含め、もっと動かなきゃとは思っているのですが、気力と体調の問題でなかなかうまく行きませんでした。あまりいい傾向ではありません。

2019年は、環境を整備してもっと気を楽にして作業できるようにしたいですね。気力体力充実すれば、私はもっとできると思うのです。

まとめ

この1年は、どうにも足踏みをしていたような気がします。いや3月までは良かったんですけどね。

世の中の変化は早いんです。それに取り残されぬよう、未来を見て行動していきたいですね。2019年、もっともっと明るい話題を届けられるようにしたいものです。

本当はもっとデータを使って振り返ったりしたかったのですが、時間と気力がなく、今は実家へ帰るためのバスの中です。(モブログですね)グダグダさがこの2018年をよく表してます。やれやれ。

2018年はorefolder.netをご覧いただきありがとうございました。2019年もまた、よろしくお願いします。

Random Posts

HUAWEI nova lite 2 使用1ヶ月レビュー:トレンドを抑えつつしっかり「使える」真のエントリー機
Pixel 3のDigital Wellbeingでアプリの使用時間を把握し、スマホとの付き合い方を考えよう
後悔する前にチェックしておきたい、格安SIMとバンド(周波数帯)の話
ジョルテッシモ:縦長スマホで使いたい縦スクロール型のカレンダー・スケジュール帳アプリ
これはスマートウォッチの考えではダメだ!「PRO TREK Smart WSD-F30」発表体験イベントの衝撃が大きい!
ただの壁紙:和名洋名で選んで単色や6種類の模様付き壁紙を設定できるアプリ
snow_mt【ホーム画面定期コンテスト】
歩き回れるモバイルVR端末「LINK」をひと足先に体験してきました #HTCグローバルレポーター
BlackBerry KEY2 レビュー:人は選ぶが刺さる人には深く刺さる物理キーボード搭載の個性派スマートフォン
第2回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト開催のお知らせ
AQUOS sense plus SH-M07 購入:スッキリしていて妙に馴染む安心感のあるスマホ
晴れのち雨【ホーム画面定期コンテスト】
Tenth【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Jelly Proに続く超小型スマホ「Unihertz Atom」そのパワーアップぶりに期待しかない
UMIDIGIの新世代フラッグシップキラー「UMIDIGI F1 Play」のティザーが公開!手頃な価格の48MPカメラスマホ