格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年11月 その2 LINEモバイル(ソフトバンク回線)の最速チャレンジに黄色信号

|

MVNO・格安SIMの定期速度測定と比較、2018年11月編その2です。

キャリアに比べて通信料金が安くて人気な「格安SIM」ですが、その種類によって速度や使いやすさ、機能は異なってきます。その中でも最もわかりやすく比較できる重要なものが「通信速度」です。orefolderでは月に2回、主だったMVNOのSIMをスピードテストアプリを使って実際に速度を比較しています。あくまで個人レベルでの測定になりますが、格安SIM選びの参考になれば幸いです。

今回の測定に使用したSIMは23種類です。

今回のポイント
  • UQ mobileの独走がより激しく
  • ソフトバンク回線もいまいち元気なし
  • LINEモバイルの最速チャレンジに黄色信号

測定方法など

測定方法

測定は以下のようにして行いました。

日時 2018年11月20,21日(20日12時・19時、21日8時・12時の4回実施)
場所 茨城県つくば市
測定アプリ Speedtest.net
4Gmark
測定方法 SIMごとに3回ずつ測定し、その平均を値とする。それとは別に昼に4Gmarkでのフルテスト
使用端末とSIM
IIJmio-D Galaxy S8
イオンモバイル1 ZenFone 5
イオンモバイル2 Find X
LINEモバイル-D Pixel 3
OCNモバイルONE AQUOS R Compact
BIGLOBE-D Huawei nova lite 2
NifMo ZenFone Max Plus (M1)
楽天モバイル-D OnePlus 5T
b-mobile-D Wiko View
DTI SIM Huawei P9
ロケットモバイル ZenFone 3(黒)
nuroモバイル-D Xperia Z5 Compact
mineo-D Xperia X Compact
mineo-A Huawei P10 lite
UQ-mobile AQUOS serie mini
IIJmio-A AQUOS Sense plus
BIGLOBE-A ZenFone 3(白)
楽天モバイル-A Essential Phone
ワイモバイル Robin
nuroモバイル-S Xperia XZ
b-mobile-S Nexus 5X
LINEモバイル-S Xperia X Performance
mineo-S BlackBerry KEY2

測定の正確さや意義について

さすがに端末1台で23枚のSIMを入れ替えするのは困難なので、複数の端末を使っています。違う端末を使っては比べる意味が無いとお考えの方は、そういうものとして見てください。

また、測定用アプリや測定環境など、もっと正確なものがあると考える方もいらっしゃるでしょうが、ある程度の妥協を重ねて今の形になっています。これらについても、意味が無いとお考えの方はそういうものとして見てください。
(基本的に、多くの人が使っていて自分の場合と比べやすく、またパッと見で分かりやすいものを選んでます。正確性などを考えればもっとやり方はありますし、そうやっているサイトもほかにたくさんあります。ぜひそういったより正確なデータもご覧ください。)

測定アプリについて

現在は『Speedtest.net』と『4Gmark』の2つのアプリを使って測定しています。『Speedtest.net』は広く使われているメジャーな測定アプリです。しかし、このアプリだけだと実際の利用における体感速度と離れた結果が出る格安SIMが出てきました。

『4Gmark』のフルテストはYouTube動画やウェブページなどの読み込みをテストに組み入れており、より実際の使用環境に近い形でのテストが可能です。ただし通信量も多いので、当サイトの測定では『4Gmark』は昼に1回のみ行っています。

朝:8時15分~25分ごろ

DOWN (Mbps) UP (Mbps) PING (ms)
IIJ-D 2.12 7.60 97.7
イオンモバイル1 2.12 3.71 105.3
イオンモバイル2 3.53 8.88 32.3
LINEモバイル-D 7.05 7.06 69.0
OCN 4.81 5.05 67.0
BIGLOBE-D 3.50 3.27 44.7
NifMo 6.90 9.89 53.0
楽天モバイル-D 2.47 4.15 40.3
b-mobile-D 9.73 4.14 46.3
DTI SIM 5.19 2.30 38.7
ロケットモバイル 16.70 2.28 80.3
nuroモバイル-D 17.95 4.85 77.7
mineo-D 3.94 6.52 123.0
mineo-A 15.80 2.40 111.7
UQ mobile 44.70 2.58 35.0
IIJ-A 2.79 4.70 86.0
BIGLOBE-A 23.57 1.04 37.0
楽天モバイル-A 1.52 2.38 91.0
ワイモバイル 8.32 2.33 38.7
nuroモバイル-S 1.53 0.87 73.3
b-mobile-S 21.40 4.45 34.0
LINEモバイル-S 19.00 1.12 48.3
mineo-S 24.33 9.08 44.3

朝は通勤時間帯ということもあり比較的混雑する時間帯です。
それでも最近は速度も上がってきています。だいたい3Mbps以上出ていれば特に不満なく通信できると思うのですが、かたくなに1Mbps台を維持するところもあります。

昼:12時15分~25分ごろ

DOWN (Mbps) UP (Mbps) PING (ms)
IIJ-D 0.67 4.91 103.7
イオンモバイル1 0.42 5.24 108.7
イオンモバイル2 0.68 7.65 36.0
LINEモバイル-D 1.56 3.12 91.3
OCN 0.88 7.30 82.0
BIGLOBE-D 0.38 4.72 46.3
NifMo 0.81 6.93 67.7
楽天モバイル-D 1.30 1.72 63.3
b-mobile-D 5.96 3.98 135.0
DTI SIM 5.20 5.17 71.0
ロケットモバイル 4.54 6.02 213.0
nuroモバイル-D 1.20 5.99 181.3
mineo-D 0.99 5.13 112.7
mineo-A 3.06 0.61 114.7
UQ mobile 40.13 3.47 34.3
IIJ-A 0.86 4.15 96.0
BIGLOBE-A 1.63 1.70 45.0
楽天モバイル-A 0.58 4.98 101.7
ワイモバイル 13.40 10.59 37.7
nuroモバイル-S 1.36 1.60 66.0
b-mobile-S 16.00 3.60 19.0
LINEモバイル-S 1.56 1.67 38.7
mineo-S 3.62 2.09 73.7

平日の昼は、一番速度が落ち込む時間帯です。ここは速いSIMと遅いSIMがはっきり分かれますね。
スマホを使う時間帯は人それぞれですが、お昼休みの時間帯に使うことが多いのなら、この時間帯での速度を重視するといいでしょう。

夕方:19時00分~10分ごろ

DOWN (Mbps) UP (Mbps) PING (ms)
IIJ-D 2.67 3.42 105.0
イオンモバイル1 1.56 4.72 107.7
イオンモバイル2 36.40 7.57 32.7
LINEモバイル-D 4.66 2.71 76.0
OCN 2.70 1.93 62.7
BIGLOBE-D 6.15 3.79 47.0
NifMo 11.43 5.97 47.3
楽天モバイル-D 2.27 4.15 37.3
b-mobile-D 16.83 5.73 56.0
DTI SIM 1.86 4.98 40.7
ロケットモバイル 10.77 6.14 67.0
nuroモバイル-D 26.87 7.00 75.7
mineo-D 6.24 7.87 113.3
mineo-A 15.30 1.70 84.0
UQ mobile 27.67 3.30 40.3
IIJ-A 3.89 4.92 74.7
BIGLOBE-A 2.55 1.98 33.0
楽天モバイル-A 1.67 4.09 79.3
ワイモバイル 4.05 2.71 45.7
nuroモバイル-S 2.43 2.38 64.3
b-mobile-S 8.28 2.16 28.0
LINEモバイル-S 2.83 2.33 45.3
mineo-S 10.96 6.30 39.3

この時間帯も家に帰る人などが多く、やはり速度が出ません。だいたい昼と同じような傾向でそれよりは良くなっている感じです。ただ朝に比べ遅い時間帯が長いのが難点です。

時間帯別グラフ

DOWN 8時 12時 18時
IIJ-D 2.12 0.67 2.67
イオンモバイル1 2.12 0.42 1.56
イオンモバイル2 3.53 0.68 36.40
LINEモバイル-D 7.05 1.56 4.66
OCN 4.81 0.88 2.70
BIGLOBE-D 3.50 0.38 6.15
NifMo 6.90 0.81 11.43
楽天モバイル-D 2.47 1.30 2.27
b-mobile-D 9.73 5.96 16.83
DTI SIM 5.19 5.20 1.86
ロケットモバイル 16.70 4.54 10.77
nuroモバイル-D 17.95 1.20 26.87
mineo-D 3.94 0.99 6.24
mineo-A 15.80 3.06 15.30
UQ mobile 44.70 40.13 27.67
IIJ-A 2.79 0.86 3.89
BIGLOBE-A 23.57 1.63 2.55
楽天モバイル-A 1.52 0.58 1.67
ワイモバイル 8.32 13.40 4.05
nuroモバイル-S 1.53 1.36 2.43
b-mobile-S 21.40 16.00 8.28
LINEモバイル-S 19.00 1.56 2.83
mineo-S 24.33 3.62 10.96
左:DTI SIM 中:IIJmio-A 右:ワイモバイル

もう1つ、4GMarkの結果をみてみましょう。

昼:4Gmark結果

POINT DOWN
(Mbps)
UP
(Mbps)
PING
(ms)
YouTube
(s)
WEB
(s)
IIJ-D 76 0.1 4.1 TO TO TO
イオンモバイル1 0 0.2 3.8 137 TO TO
イオンモバイル2 526 0.5 6.9 51 TO 7.20
LINEモバイル-D 616 0.7 5.2 89 TO 7.41
OCN 361 0.3 3.5 85 TO 7.10
BIGLOBE-D 21 0.4 0.7 55 TO TO
NifMo 1314 0.4 5 77 3.33 6.95
楽天モバイル-D 579 1.0 2.1 60 TO 6.91
b-mobile-D 3551 8.1 1.9 53 TO 6.27
DTI SIM 790 0.9 1.8 64 9.18 8.35
ロケットモバイル 437 0.6 3.5 199 TO 11.90
nuroモバイル-D 244 0.7 3.2 139 TO 11.30
mineo-D 20 0.2 1 299 TO 10.15
mineo-A 363 0.8 2.3 TO TO 8.55
UQ mobile 21964 43.5 3.3 38 2.39 4.82
IIJ-A 1013 0.6 3.5 143 5.71 7.48
BIGLOBE-A 653 1.4 2 40 TO 7.65
楽天モバイル-A 177 0.3 1.1 122 TO 10.18
ワイモバイル 3358 5.9 0.7 46 5.37 4.54
nuroモバイル-S 699 0.6 8.5 103 TO 5.73
b-mobile-S 3704 16.0 5.8 50 TO 7.56
LINEモバイル-S 1945 2.8 2.3 49 23.37 4.66
mineo-S 1771 0.9 11.5 70 TO 5.89

4Gmarkでは通常のスピードテストのほかにYouTube動画や各種ウェブサイトを読み込んでそれをポイントに反映させます。表中の「TO」はタイムアウトの略で、時間内に読み込み完了できなかったことを示します。昼の時間帯にYouTube動画を読み込みできたドコモ系SIMは少なく、ここがポイントに大きく響いているようです。

なお、この4GMarkでもその値が絶対なわけではないので、適当に考えていたほうが良いとは思います。YouTubeがTOになるかならないかでもだいぶポイント変わりそうですし。ここ数ヶ月測定してみて、お昼のポイントが4桁に届けばちゃんと使える、500以下は使えたもんじゃない…くらいの感覚で捉えています。(3桁のポイント内での優劣は誤差のようなものです。あてにはなりません。)

左:OCNモバイルONE 中:UQ mobile 右:LINEモバイル-S

最近調子の良かったDTI SIMが少し落ちてしまいました。b-mobileは相変わらずドコモ系の中では速いですね。また、ソフトバンク系もここ数回あまりいい数値が出ないことが増えてきました。

ただ、1000ポイント以上あればそう困ることはないと思います。そのラインがだいたいの基準と思ったほうがいいでしょう。

全体的なまとめ

UQ mobileの独走がさらにひどくなったような結果でした。これまで調子の良かったソフトバンク系がそこまで速くなくなってきています。大丈夫ですかね?
ただ、その中でもmineoソフトバンク回線は、まだわりと維持しています。ここまで持つとは思っていませんでした。それに引っ張られてか、ドコモ回線やau回線の方も少し良くなってる気がしなくもないです。

MVNOそれぞれに対する所感

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)

通常運転の低速安定です。混雑時間帯でなければ普通に速度出るんですけどね。混雑時の速度的な面で言えばIIJmioは選ぶべきではありません。もちろん、それ以外の理由なら選ぶ理由も出てきますけど。

イオンモバイル

速度的には期待できない格安SIMです。特に勧めるほどではありませんが、近くにイオンがある、店で直接話がしたい、というのであればタイプはよく考えて選びましょう。

LINEモバイル

LINEモバイルV2792165

格安スマホ最速チャレンジとして、ソフトバンク回線の1Mbps以上キープチャレンジを行ってきたLINEモバイルですが、それに黄色信号が点灯しています。今回の計測ではお昼のSpeedtest.netで1.59Mbps, 1.57Mbps, 1.53Mbpsという結果でした。

チャレンジの期間は2018年12月31日まで。期間中に下り速度が1Mbpsを下回ってしまうと、その翌月にソフトバンク回線を利用中の全ユーザーに「詫びギガ」としてデータ容量1GBがプレゼントされます。残り1ヶ月と少しなのですが、最後までもつのか、ちょっと心配ですね。

…とは言っても、これはこちらの測定結果なので、公式での測定結果はどうせ爆速で余裕なんだろ?と思ったのですが…

混雑時間帯はかなり危なくなってますね。お昼は3Mbpsを切っています。

ドコモ回線の方も以前の速さはなくなってきています。私のメイン回線がLINEモバイルのドコモ回線なのですが、そろそろ変えようかと検討したほうがいいかな?と思っています。

OCNモバイルONE

2018年8月よりMUSICカウントフリーが正式に開始しました。amazon MUISCやGoogle Play Music、Spotifyなどが高速通信量にカウントされません。プランについても1日ごとに区切られる日次プランがありますし、速度も安定しています。速いとは言えませんが。

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル】

特に変わりはなく、普通に混雑時間帯は遅いです。朝はわりと十分な速度出てますが、昼はダメです。新規申込時のキャッシュバック等はいつも多いので、それ目当てならありかもしれません。今月はau回線が少し良くなってきました。もう少し様子を見たいところですが、期待です。

NifMo

NifMo

NifMoは悪すぎることはないのですが、月によって上下がありますね。速すぎないでいいので、もう少し安定していい速度をだしてほしいです。

楽天モバイル



速度的にはあまり速くないのでオススメしませんが、楽天経済圏にいるのであれば候補に入ります。楽天ポイントが貯まりますし、楽天カードで支払いすればさらにお得です。また、端末の種類が豊富だったり、セールや機種変更時にかなり安くスマホを手に入れられるので、そういったものを考えれば十分ありです。混雑時の速さは期待しないでください。

b-mobile

b-mobileは最近好調が続いています。見せかけだけかと思ったらちゃんと4Gmarkでも速いという。ドコモ版、ソフトバンク版、どちらも良さげです。わりと頻繁に新しいプランが出て、それに伴い古いプランが廃止される(使い続けるのはOK)のが不安ありますが、プラン内容が自分に合えば実は使えるのかもしれません。

DTI SIM

DTI SIM_お試しプランLPR250395V

DTI SIMは最近地味に良さげです。昼でもそれなりの速さを見せてくれます。決して爆速にはならないのですが、ドコモ系の中では上位の方でしょう。初めての場合はお試しプランというのもあるので、サブスマホを使って試してみてもいいと思いますよ。
ちょっといい感じが続いているので、改めて評価したいと(記事を書きたいと)思っています。

nuroモバイル

nuroモバイルは…最近速度的にはダメですね。ドコモ版もソフトバンク版も、どちらもダメです。最近プランがリニューアルされましたが、回線は変わってない印象です。

ロケットモバイル

ロケットモバイルはnuroモバイル系なので、速度的には同じです。最近いいところがありません。ちょっとSIMが増えすぎたのでもう切ろうかと思っています。低速でいいのなら、約300円で使える神プランはいいんですけどね。

mineo

mineo(マイネオ)

9月からはソフトバンク回線も始まりました。まだ始まったばかりということもあって速いです。ドコモ版やau版も今までに比べると良くなっています。速すぎなくてもいいので、もう少しで快適になるのでは?と期待します。速さ以外では魅力たくさんありますしね。
一時期問題となった通信の最適化についてもユーザーが自分で選択できるようになりました。この測定では最適化なしの状態で計測しています。

UQ mobile

爆速です。また少し速くなったんじゃないかと疑うほどです。混雑時間帯の速さで選ぶならUQ mobile一択です。

プランやら何やらがキャリアっぽいので、契約する前はちゃんといろいろ確認したいところですが、今の格安SIM界では一番推せるでしょうね。端末の自由度という点では苦しいですが。データ通信容量も増えるので、弱点は少しずつ消えています。

ワイモバイル

ワイモバイルも安定しています。UQ mobileほどではありませんが、十分以上な速度が出ています。まぁ格安SIMではあってもどちらかと言えばMNOですしね。9月からはデータ容量も増えているので、かなりいい選択肢になっています。

色々見て判断を

この記事ではそれぞれの格安SIMの速度を比較していますが、格安SIMの選択の基準は速度だけではありません。なので今どれがオススメかと考えると、絶対にこれ!と言えるものはありません。個々人の使い方によるのではないかと思います。昼間使わなければ、速度がそこまで落ちることもないでしょうし。それよりも各MVNOの施策や機能を見たほうがいいかもしれません。速度比較はあくまで検討するための材料の1つです。

速度的に見れば、格安SIMで速度を重視するならドコモ系以外のほうがいいのかな、と思えるようになってきていますね。まぁau系の中でも差はあるのですが。

MVNOの速度はけっこう浮き沈みがあります。その時々で最新の速度測定結果は把握しておきたいですね。場所などでも変わるものなので、できれば1つの数字に一喜一憂せずに、複数の結果を眺めてなんとなくの各社の傾向を掴んでもらえばと思います。

当サイト以外でも定期的に計測しているサイトがありますので、そちらも参考にしてみてください。

また、こうしたブログ等での計測報告以外でも、独自アプリで自動速度計測して掲載しているサイトもあります。

こちらは毎日1時間ごと(お昼は15分ごと)に計測して公開しています。すごい!

orefolderでは今後も月2回程度で測定していきたいと思っています。

過去1年の速度測定記事は以下からどうぞ。

Random Posts

【ホーム画面定期コンテスト】
Twitterの3時間300postレート制限、Androidの主要Twitterアプリの対応状況
Speedcheck Pro:速度測定をスケジュールで自動化できるスピードテストアプリ
本当につぶやきを投稿!IFTTTを使ってGoogle HomeからTwitterにツイート投稿する
ANDROID ICONで紹介した丸い・円形のアイコンパック (2017.04.10)
Music Player – Audio Beats:シンプルにスタイリッシュな音楽プレーヤーアプリ
20周年の気合を感じた!HTCサポーターズクラブ キックオフミーティングに参加! #HTCサポーター
ペルソナ5のアニメにXperiaが登場!描写は精巧で、ちゃんと協力としてクレジットされている
テンを買えない全ての方たちへ…【ホーム画面コンテスト2017】
dodocool Bluetoothイヤホン DA104 レビュー:形状記憶でしっかりホールド、ズレない安心感
OmniClock:アラームやタイマーを備えた赤と青のシンプルなアナログ時計ウィジェット
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年2月その1 IIJmioタイプAは意外とまだまだ充分な速度が出る
ファーウェイ端末のスクリーンショット撮影直後の画面を表示しないようにする
HUAWEI nova lite 2のChromeでの粗い表示がいつの間にか修正されていました
LINEモバイルのソフトバンク回線が低速化! 18日夕方をめどに増強し、改善を約束