Pixel 3 開封の儀:シンプルでさりげないポップさを持った今のGoogleらしさが見える新しいスマートフォン

|

新しいGoogleのスマートフォン、Pixel 3を購入しました。
私にとって久しぶりのGoogle端末であり、今まで買った中でも最も高いスマートフォンの1つです。これからのメイン機として活躍してくれる予定ですが、まずは開封の儀といきましょう。

Hi, there.

今回のPixel 3はGoogleストアで購入しました。Googleストアで購入したものはEXPANSYSが発送していたりするのですが、今回の箱にはEXPANSYSロゴが入ってませんでした。
コンパクトなダンボールを開けてみると…

ダンボールの内側に「Hi, there.」の文字が!
製品の箱にこういった挨拶が書かれているのはよくありますが、まさか配送用のダンボールに書かれているとは思いませんでした。これはのっけから一本取られた気分です。

開封の儀

そしていといと開封の儀です。
Pixel 3の箱は本体のデザインの特徴でもあるツートンカラーがあしらわれています。側面に端末の側面写真がプリントされているのもいいですね。

背面は最近のGoogle Homeなどの製品と同じようなベタ塗りの青。あぁ、Googleデザインって感じですね。そしてハッシュタグの#teampixel。これでツイートなりしてね♪ってことでしょうか。

上蓋を外してご対面。プラのトレイの下にSIMピンなど。うん、白い。

ケーブルやアダプタやイヤホンなど、付属品がたくさんあります。

これは単体でも販売されている、Googleアシスタント対応のUSB-C接続のイヤホン。

SIMピンにスタートガイドなどと一緒にステッカーが入ってました。Googleロゴと#teampixelのステッカー。ドロイド君はいません。

Pixel 3の外観を見てみよう

正面から。黒い。

背面から。白い。
写真だとちょっとわかりにくいかもしれませんが、指紋センサーの上辺りから質感が変わっており、色も少し変わります。
シンプルな見た目とシンプルなGooleロゴがマッチしてますね。

上側面から。
マイク穴だけです。イヤホンジャックはありません。

下側面。
こちらはSIMスロットとUSBポートです。もちろんType-Cです。

左側面はなにもなし。

右側面から。
電源キーと音量ボタンがあります。電源キーはミントグリーンで色がついており、ちょっとしたアクセントになってます。こういうポップな雰囲気、私は好きですよ。

こうしてみると、白い普通のスマホに見えます。ふっつーです。

背面も凄くシンプルですね。むしろこういう、主張するもののない普遍的なシンプルさを求めたデザインなのかもしれませんね。

カメラ部分。
デュアルカメラではありません。側面からの写真でわかると思いますが、少しばかり出っ張ってます。

持った瞬間…というか箱から取り出した瞬間ですが、「小さっ」と感じました。横幅68.2mmですからね。かなり持ちやすく感じます。これなら私のメイン機として使えます。

背面のツートンカラーは素材が違うので感触も変わります。大きな面積を占める下側部分はサラサラしていて気持ちいいです。マットな質感で、指紋もほぼ付きません。そう考えてみると、指紋センサーまでの「手が当たる部分」がこういう加工になってるんですね。全体がこうでも良かったですけど。

これから長い付き合いになりそうな普通のスマホ

Pixel 3ですが、高い割にスペックも驚くほどではないしこれでしかできないこともないスマホ、なんて言われてます。ストレージ64GBモデルで95,000円ですからね。たしかに高いです。「これにその価値はあるのか?」「もっと安ければ買ったのに」「こんなんじゃ売れるわけない」「有名人にただで配るなんて、呆れました」とか言ってる人なら、買わないほうがいいでしょうね。

私は、なぜか値段関係なく、スッと購入を決めてしまいました。うん、なんか値段じゃないような、そんな気がしたのです。

実際しばらく使ってみないと、価格だけの価値があるのかどうか判断できません。一応Xperia X Compactの後継としてメインで使用するつもりです。おサイフケータイも付いてますしね。Xperia X Compactは本当に購入から2年使えました。願わくばPixel 3もそれくらいメインで何の不満もなくともに過ごせるスマートフォンであってほしいと思います。