KLWPで今年の残り日数や残り時間を表示して時間の大切さをホーム画面に刻み込む

|

2018年もいつのまにかあと50日を切っています。早いですね。そんな「今年あと◯日」というようなものをKLWPで表示してみます。また、それの派生として「いま今年の◯パーセント」のようなプログレスバーも作ります。

大したことじゃありません。小ネタです。

今年あと◯日◯時間◯分◯秒

$tf()$を使います。

$tf(2019y1M1d0h0m0s,D'Day'hh'h'mm'm'ss's')$

これで今年の残り日数、というか2019年1月1日0時0分0秒までの時間が表示されます。

2019年に限らず常に「来年の1月1日0時0分0秒」にしたい場合は

$tf((df(yyyy)+1)+y1M1d0h0m0s,D'Day'hh'h'mm'm'ss's')$

これでイケルと思います。

$tf((df(yyyy)+1)+y1M1d0h0m0s,S'秒')$

これだと「◯日◯時間」のような形式ではなく「◯秒」と秒換算で表示します。刻々と減っていく秒数を見て、戰いてください。

プログレスバーで今年の経過時間を可視化

次に、プログレスバーを使って、今年が現時点でどれくらい経過したのかを可視化してみます。

プログレスバーの種類は「自作」にし、「最大」と「段階」を計算機マークで演算子入力可能にします。

1年間の秒数を「最大」にセット

1年の日数は$df(D,12M31d)$で表示できます。うるう年があるので単純に365日じゃないので。また、1日は24時間、1時間は60分、1分は60秒なので24×60×60=86400で1日は86400秒です。なので、今年1年を秒数で表すと以下のようになります。

$df(D,12M31d)*86400$

これを「最大」に入れます。ちなみに1年365日なら31536000秒ですね。

現在の経過秒数を「段階」にセット

現在の経過秒数は以下の通り。

$(df(D)-1)*86400+df(h)*3600+df(m)*60+df(s)$

(df(D)-1)*86400というのは、df(D)で今日の年での通日なのでそれから1を引いて昨日までの日数、それに1日の秒数である86400を掛けて「昨日までの総秒数」となります。

df(h)*3600+df(m)*60+df(s)というのは今日の時間を経過秒数に変換しているものです。

この2つを足して、今年の経過秒数がわかります。これを「段階」に入れます。

これで、現在の1年間における経過日数を表すプログレスバーの完成です。

まとめ

とりあえず基本的なテキストとプログレスバーで表示してみました。応用すれば図形などで使ってもっと多彩な表現も可能だと思います。

病で表示するとまだまだありそうですが、こうしてプログレスバーで見るともう今年もだいぶ終わってしまったんだなぁ、私はこの1年間なにをしてたんだろうなぁ、と考え込んでしまいますね。

年末に向けて、カウントダウンホーム画面を作ってみるのも面白いかもしれませんね。

Random Posts

Cross-Device Battery Monitor:複数端末のバッテリー残量を一度に確認できるアプリ
P4 HUD Widget:ペルソナ4に出てくるような日付と天気と時間帯のウィジェット
ZenFone 5でホーム画面にアプリ一覧(ドロワー)のアイコンを表示させる
Android 9 Pieのイースターエッグ、Pの文字だけでなくお絵かきメモツールも
これはスマートウォッチの考えではダメだ!「PRO TREK Smart WSD-F30」発表体験イベントの衝撃が大きい!
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年5月その2 ほかより少しだけいいOCN系が気になる?
MiClock / LG G4 Clock Widget:LG G4にインスパイアされたシンプル時計ウィジェット
BIGLOBEモバイル タイプAを契約-速度測定の結果はある意味で予想外
天動説【ホーム画面コンテスト2017】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年1月その2 nuroモバイルとロケモバがまた気になる速度に
格安SIMの高速通信オンオフをクイック設定パネルから切り替える方法 (mineo・UQ mobile・OCN)
フチまで完璧!AQUOS R Compact用ラスタバナナのTPU液晶保護フィルム
本当につぶやきを投稿!IFTTTを使ってGoogle HomeからTwitterにツイート投稿する
Google Home 開封の儀&ファーストインプレッション:小さくてかわいい未来がやってきた!
Android 8.0で通知に表示される「バックグラウンドで実行中です」を消す