私の思い出のAndroid端末:当時ほとんどなかった防水、そしてカスタムROMや毎日XDAを眺めた思い出

|

2018年9月23日でバージョン1.0リリースから10周年を迎えたAndroid、その歴史の中で自分自身の思い出となる端末を語ってもらいました。第4回目はIさん、思い出の端末はXperia Active ST17aです。

Activeの名前が示すとおり、外でのアクティビティ中に使うことを想定されて防水機能のついた小型端末です。小型ゆえに右下にストラップ用ホールが付いているのですが、これが大きくていいアクセントになっています。

Xperia Active ST17aの思い出

防水の端末が殆ど無い中、Xperiaでかつ防水、しかもプラスエリア化(コレ自体懐かしいですね)ができたので非常に重宝しました。

3インチという超小型端末でしたが、ずんぐりとした本体も非常に思い出深いです。また、当時はカスタムROM作成も盛んで、毎日XDAを眺めていました。

端末が今手元にないので(単身赴任なので…)、Xperia activeで撮影した写真を添付しました。今見るとフィルムカメラで撮ったような画質で逆にエモいです。

発売時期 2011年10月1日
OS Andorid 2.3.4→4.0.4
CPU Qualcomm MSM 8255
RAM 512MB
ストレージ 1GB
外部メモリ microSDHC
ディスプレイ 3インチ 320×480
カメラ 背面:500万画素 前面:なし
バッテリー 1200mAh
サイズ 約92 × 55 × 16.5 mm
重量 約110.8g

Android端末の思い出、募集中

Android端末に関するあなたの思い出、まだまだ募集中です。思い出の端末を1つ挙げ、それに関するエピソードをお寄せください。採用された方にはお礼としてAmazonギフト券500円分をお送りします。
今回のTさんのように、端末の写真や、それで撮影した思い出の1枚などあるといいですね。

>>応募はコチラから<<

参考情報

Random Posts

UMIDIGIが Samsung GW1搭載の次期フラッグシップ機で撮影された64MPのサンプル写真をちょい見せ
CHUWI Hi9 Plus 試用レビュー:ディスプレイの発色と繊細さに驚く、バランスの取れたタブレット
AQUOS sense3用にラスタバナナの曲面対応 薄型TPU保護フィルムを購入!サイズぴったりでGood!
地下鉄に揺られて… 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
LINEモバイルのau回線版を契約しました
QuickeR:複数のQRコードをスクラップして1つにまとめて管理できるアプリ
UMIDIGI F1は2019年1月7日、199ドルで販売開始!いつもの公式10台プレゼントもあり
Xperia 1 レビュー:独自機能が突き刺さればベスト!新しくも「らしさ」の残るXperia
USB PDとQC3.0対応のコンパクトな充電器「RAVPower RP-PC108」レビュー
2019年にGoogle Playで課金/購入したアプリやコンテンツ
Redmi Note 9S用にミヤビックスの低反射タイプ保護フィルムOverLay Plusを購入!
たったの59.99ドル!UMIDIGIがAndroid 10搭載のエントリースマホUMIDIGI A3Sを12月9日に発売!
HUAWEI nova lite 3はどこで買う?通話SIMセットならgoo Simsellerと楽天モバイルが安い
TwitterのUserStream停止を受けてTweetDeck用ブラウザアプリ「TJDeck」が登場
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年10月 その2 DTI SIMが地味に良くなりつつある