私の思い出のAndroid端末:初めて買ってAndroid端末沼に沈んだ原因となったNexus 7 (2012)

|

2018年9月23日でバージョン1.0リリースから10周年を迎えたAndroid、その歴史の中で自分自身の思い出となる端末を語ってもらいました。第2回目はCさん、思い出の端末はNexus 7 (2012)です。

Nexus 7 (2012)の思い出

初めて買ったandroid端末でそこそこ安く性能もそこそこで、しばらくはメインとして使っていました。

ゲームにハマり、性能不足に陥ったため性能の高い端末を買うべくSoCなどの知識をつけることになりました。

その後Lollipopが降ってきて、入れたは良いものの、明らかに動作が重くなり、ダウングレードやらカスロムやらの知識をつけ、結果的に今のandroid端末沼に沈んでしまった原因となった端末であり、その後新しく端末を買ってもサブとしていろんな使い方ができ、自分の中でandroidを最も楽しめた思い出深い端末です。

OS Android 4.1→5.1.1
CPU NVIDIA Tegra 3 T30L
1.3GHz クアッドコア
RAM 1GB
ストレージ 8GB/16GB/32GB
ディスプレイ 7インチ (1280x800)
バッテリー 4325mAh
サイズ 198.5 × 120 × 10.45 mm
重量 340g

Android端末の思い出、募集中

Android端末に関するあなたの思い出、まだまだ募集中です。思い出の端末を1つ挙げ、それに関するエピソードをお寄せください。採用された方にはお礼としてAmazonギフト券500円分をお送りします。
今回のTさんのように、端末の写真や、それで撮影した思い出の1枚などあるといいですね。

>>応募はコチラから<<

参考情報