KLWPで3つの画面それぞれに違う壁紙画像を設定してスクロールさせる方法

|

KLWPを使ったホーム画面で、3スクリーンあったときにそれぞれ違う画像を壁紙として表示させ、スクロールに連動して切り替わるようにします。やり方は簡単なのですが、もっと簡単に設定できるようにサンプルを残しておきます。

やり方としては、以前書いた「KLWPでスクリーンごとに違う画像を表示し、フェードインアウトで切り替える」という記事で書いたとおりでいいのですが、今回はフェードインアウトではなくスクロールさせます。

サンプルテーマ

zooper-icon3wallpapers
制作:orefolder
価格:無料

サイズ:67KB
ダウンロード

使えるのはKLWPのPro Key購入者のみになりますが、上のリンクからダウンロードできる「3wallpapers.klwp」を端末のKUSTOMwallpaperフォルダ内に置けば、KLWPからプリセットの読み込みで使うことができるようになります。

まず下準備として、ホームアプリでホーム画面のスクリーン数を3つにし、KLWPの画面数もX=3にセットします。

このテーマは「グループ化(重ねる)」で作られた「左画面」「中央画面」「右画面」の3つで構成されています。「グローバル変数」のタブに移動し、壁紙1・2・3をタップして画像を選択すれば、それぞれの画面の壁紙が変更されます。

中身のちょっとした解説

今回のポイントは「壁紙画像の表示」と「スクロール」です。

壁紙画像の表示

グループ化(重ねる)の中には「図形」が入っています。これは長方形で、幅を$si(rwidth)$、高さを$si(rheight)$に設定していいます。これで画面いっぱいサイズの長方形になります。

そしてFXタブで「テクスチャ」に「ビットマップ」を指定して、表示したい画像を選びます。(サンプルではグローバル変数にして、そっちで切り替えられるようにしています。)

スクロール

次にグループ化(重ねる)の設定でスクロールさせます。これは左・中央・右でそれぞれ値が異なってきます。

左画面の場合は、「位置」タブで「Xオフセット」を-$si(rwidth)$にセット(マイナスがあるのに注意)し、「アニメ」タブで以下のように設定します。

実行 スクロール連動
アクション スクロール
ルール 中央
中央 画面中央
速度 200

中央画面と右画面は「アニメ」タブは左画面と同じものを設定します。「位置」は、中央画面はそのままで、右画面は「Xオフセット」を$si(rwidth)$にセットします。

これでスクロールするようになります。

まとめ

画面ごとに違う画像を背景にする、というのはやり方としてはいろいろあります。とりあえず今回紹介した方法だと「グループ化(重ねる)」を使うので、それごとスクロールします。壁紙だけスクロールではなく、グループ化の中身ごとなので、中にほかのテキストなどを入れれば、それもスクロールします。

この方法が自分の作りたいものに合うかどうかもありますが、1つの方法として参考にしてください。


KLWPの使い方についてはこちらのページにてまとめています。使い方に困ったときなど、こちらのページも参考にしてください。

Random Posts