KLWPのBBコードを使って1つのテキストの中で表示フォントを変更する方法

|

KLWPのテキストでは、色を付けたり太字にしたりと様々な装飾をする「BBコード」というものがあります。この中にある[f=myfont]text[/f]という「任意のフォントで表示する」というものの使い方を紹介します。

実はこれは前から気になっていたのですが、どうにもうまく使えないので不思議に思っていました。が、最近使い方を知ったので紹介します。

1.ファイルの場所を入力

まず前提として、使いたいフォントファイル(.ttf)をKUSTOMフォルダの中にある「Fonts」フォルダに配置します。これで普通にKLWP内で使用可能になります。

テキストで以下のように入力すると、アイテムの設定に関わらず指定したフォントで表示されます。

[f=kfile:///fonts/フォントファイル名.ttf]表示テキスト[/f]

省略せずに書いてもいいです。

[f=kfile://org.kustom.provider/fonts/フォントファイル名.ttf]表示テキスト[/f]

kfile://org.kustom.provider/というのでスマホのKUSTOMフォルダを参照するようになります。kfile:///とスラッシュ3つにするとそれを省略できます。KLWPの小ネタです。

アプリ内の説明だと「myfontという名のフォントで」と書いてあったのでフォント名(≠ファイル名)なのかな?と思いがちですが、普通にファイル名でした。

2.グローバル変数を使う

グローバル変数でタイプをフォントにしたものを作っておくと、それを利用してBBコードで変更できます。

[f=$gv(グローバル変数名)$]表示テキスト[/f]

これだとフォントをKUSTOMのFontsフォルダに入れておけば、ファイル名を意識しないで変更が可能になるので楽かもしれません。最初にグローバル変数作るのは小さな面倒ですけど。

まとめ

わかってしまえば簡単でした。今までもファイルの場所含めていろいろ試したことはあったのですがうまくいかなかったので、ちゃんとわかってよかったです。

とは言え、このBBコードをいつどんなところで使うのか、その使いみちは今のところ思い浮かばないのですが。

Random Posts

Googleのルーター「Google Nest Wifi」購入!インテリアに馴染むデザインがGood!
144Hz駆動のハイスペックゲーミングスマホ RedMagic 5G がグローバル発売!スペックや特徴をチェック【PR】
Beyond Pixel! 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
NewsTab:カード型ウィジェットで表示するモダンなRSSリーダーアプリ
UMIDIGI S5 Pro発表!ノッチなしポップアップカメラでHelio G90T、6GB RAM搭載で5月に発売予定
仕事場ではマナーモード、自宅では鳴らす、Pixelシリーズの「ルール」で自動化
LG G8X ThinQをソフトバンクの回線契約なし、一括払いで予約してきました
Xiaomi CC9 Pro (Mi Note 10) レビュー:それっぽい写真が撮れてしまう魔法のスマホ
PictoMaze:ドット絵から迷路を作り出す独特の雰囲気の知育系ゲームアプリ
楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を契約!自社エリア内で測定してみた
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年10月 その2 DTI SIMがいい感じに上がってきてる
5000円分のポイントが貰えるマイナポイントを予約・申し込みしてみた
LINEモバイルの新プラン(ドコモ回線)を契約してみた-旧プランより少しだけ速い?
たった350円ほどでiPhone XがiPhone 11 Proに変身する魔法のアイテムを手に入れました!!!
一番見るのは時計です。【あなたのホーム画面見せてください 2019】