最近気づいたGoogle Homeの機能や対応アプリ:おすすめのスマホ集計やルーティンの登録

|

気づけばGoogle Homeが日本で発売してから1年が見えてきました。我が家ではまだちゃんと使ってます。Google Home Miniは実家の両親にプレゼントしました。

このGoogle Homeですが、いつの間にか機能が増えていたりするんですよね。特にお知らせがあるわけでもないので気づきにくいのですが。最近気づいて「おっ」となったものを紹介します。

おすすめのスマホアンケート

Google HomeというかGoogle Assistantの機能なのですが、「OK, Google. おすすめのスマートフォン」というと、こちらがおすすめのスマートフォンを紹介する流れになります。

というか、いつものお姉さんじゃなくて知らない男の人が出てきます。

おすすめのスマートフォンを答えると、同じ回答の人が何人いるのかと、現在のトップを教えてくれます。細かい機種名ではなく、Xperiaやarrowsなどおおまかな括りでの回答になります。
また、登録されていないスマホに関しては集計してくれません。ちなみにNexusもPixelも登録されていません。

おすすめのゲーム

似たようなものが無いかと思って「おすすめのゲーム」で聞くと、また違ったパターンになりました。

こちらはユーザーが登録したおすすめメッセージを聞くことができ、同じようにおすすめポイントを吹き込む事ができます。ただし内容は「◯◯(ゲーム名)は△△です。」といった形式に限るようです。
突然言われても、困っちゃいますけどね。

と、書いたのですが、これGoogle Homeの機能というか、Google Home対応Google Assistantアプリなんですね。Google Homeでradikoが聞けるのと同じというか。このほかにもたくさんあって、下記サイトにまとまっていました。

なにげなくGoogle Homeと会話しようと思ったらキーワードになっていたようです。うまいというか怖いというか…。

ルーティンの登録

今度はちゃんとGoogle Homeの機能です。
今までは「OK, Google. おやすみ」と挨拶すると「はい、おやすみなさい」と返してくれたのですが、最近はその「おやすみ」をキーに複数の動作(ルーティン)を設定できるようになりました。挨拶しようとしたら突然そんな案内をされてびっくりです。私はただ、同居人に挨拶したかっただけなのに、急に他人になったような感覚です。

この設定はスマホの『Google Home』アプリ内で変更できます。「おはよう」や「ただいま」など複数のキーワードが用意されており、自分で追加もできます。その言葉だけで、複数の動作を設定できます。対応していれば部屋の照明をつけたりも一連の動作にできるようです。

「おやすみ」で明日の天気を確認したあとに眠るための環境音をかけてくれたりするので、なかなか使えます。

まとめ

これらの他に、私は使ってないのですが、2カ国語を理解してくれるようになったりしているようです。まだまだ進化を続けるGoogle Home、わりと使う人を選ぶところもありますが、やはり面白いですね。

Random Posts

ANDROID ICONで紹介したアイコンパック-細いライン系アイコン編 (2017.04.24)
Materialize:ごく簡単に統一感のあるマテリアルデザインっぽいアイコンにできるアプリ
紫の映えるホーム画面【ホーム画面コンテスト2017】
Web Widget:指定したウェブページをホーム画面に表示するウィジェット
KLWPでウィークリーカレンダーを付けたコミック風ホーム【ホーム画面企画2016】
Wiko View レビューその2:カメラをチェック! 低速度撮影や手ぶれ補正で動画撮影は楽しいかも
CHOETECH 2in1 USBケーブル:バネのように伸びるケーブルとType-Cアダプタ付が便利
シンプル ギャラリー:広告もクラウドもない、でも基本は押さえた良ギャラリーアプリ
Nova Google Companion:Nova LauncherにGoogle Now ページを追加するアプリ
Pixel Music Player:マテリアルデザインで軽量シンプルな音楽プレイヤーアプリ
Galaxy S8:やっぱり赤×黒がカッコいい!pzxの0.7mm超薄型ケースを購入
SIM CHANGER ⊿、着弾。 が、4回線のSIMを自在に操れず、かなり不安定で敗北、返品予定
大人のプールサイド【ホーム画面定期コンテスト】
きれいな風景写真を眺めるホーム画面【ホーム画面定期コンテスト】
アニメに出てくるスマホを特定してみる:ろんぐらいだぁす!倉田亜美のスマホはXperia Z3!?