Xperia Z5 Compact SO-02H 購入:手触りが良いので、もっと早く買えば良かった

|

Xperia Z5 Compact SO-02Hをラクマで購入しました。9,900円でしたが、ポイントやクーポンを利用し、実質35円でした。

最近は1ヶ月に1台だけスマホを買って、毎月の格安SIMの速度測定端末を入れ替えていくということをやっています。今回の購入もその一環です。前回購入したXperia X Performanceよりも古くて高いのは、前回が安すぎただけです。きっと。

Xperia Z5 Compact SO-02H

Xperia Z5 Compact SO-02Hは日本では2015年冬春モデルとしてdocomoから発売されました。Snapdragon 810搭載、RAMは2GB、OSバージョンはAndroid 7.0にアップデートされていました。

さすがに3年前の端末ということもあり、おサイフケータイ対応コンパクト機とはいえ、メインにする予定はありません。これまで速度測定用に使っていたXperia Z3 Compactとの入れ替えのつもりです。

発売当時はそこまで興味はなかったのですが、これ手触りがとてもいいですね。フロストガラスが白い端末に気品を与えています。もっと早く手に入れても良かったな、と感じるほどです。

実際に使ってみると、動作は問題ないものの発熱が結構あるのが気になります。Snapdragon 810といえば発熱が問題となったりもしましたね。忘れてました。

外観は非常にキレイなのですが、実はこの端末はジャンク品扱いで出品されていました。しばらく間を空けてからの画面点灯時に高確率で画面に妙なノイズが表示されるというものです。まあ少しすると正常に表示されるので、その程度なら購入目的が目的ですし問題ありませんでした。それで安くなっているのですから、お買い得だったと思います。

今年買ったスマートフォンの途中経過

1ヶ月に1台と決めていますが、2018年の入手したスマートフォンは、今のところ以下のとおりです。

購入時期 端末名
2018年1月 AQUOS S2
2018年1月 AQUOS R Compact SH-M06
2018年2月 Huawei nova lite 2
2018年3月 iPhone X
2018年3月 ZenFone Max Plus (M1)
2018年4月 Bluboo S3
2018年5月 ZenFone 5
2018年6月 AQUOS sense plus SH-M07
2018年7月 Xperia X Performance
2018年8月 Xperia Z5 Compact

まぁだいたい予定通りでしょうか。Atomもクラウドファンディングで出資していますが、それは届くのはまだ先なので…。

2ヶ月連続で少し古めの中古端末だったので、そろそろ新しいスマホも欲しいですね。なにか魅力的な端末が出てくれるといいのですが。

Random Posts

Suunto Movescount:ルートを3Dマップで再現できるSuuntoのトレーニング記録管理アプリ
アニメーション特化型ホーム画面【ホーム画面定期コンテスト】
OmniClock:アラームやタイマーを備えた赤と青のシンプルなアナログ時計ウィジェット
Android 7.0以上で画面の表示サイズを変更する-開発者向けオプションではより細かく設定可能
mineoが通信の最適化だけでなくhttps(SSL)では帯域制御もしているとのことなのでMVNO14社20枚のSIMで試してみた
3D Wallpaper Parallax 2018:壁紙に奥行きと立体感を生み出すパララックス壁紙
コレクションケースを使ってショップ風にスマホを収納してみたらいい感じ
画像をいい感じに加工して敷き詰めたKLWPテーマ bbased
アナログの温かみと厳選した情報表示にこだわるノート風ホーム画面【ホーム画面企画2016】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年7月その2 UQモバイルが爆速!LINEモバイルは再び低速化!?
軽くてバッテリーもよく持つ!AUKEYの耳掛け式Bluetoothヘッドセット EP-B26
最近気づいたGoogle Homeの機能や対応アプリ:おすすめのスマホ集計やルーティンの登録
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年2月その2 全体的に低速化、ただしUQモバイルは除く
あなたの思い出のAndroid端末とエピソードを教えてください
なんて便利! USBケーブル・バッテリー・SDカードリーダー・USBメモリ、4つの機能が詰まった便利アイテム INNOANTS 4in1