Xiaomi Mi Band 3 開封の儀:0.78インチ有機ELディスプレイ搭載のスマートバンド

|

Geekbuyingより、Xiaomiの新しいスマートバンド「Mi Band 3」をレビュー用に提供していただきました。

Mi Band 3は世界中でヒットしたMi Band 2の後継機です。0.78インチの有機ELディスプレイを搭載し、20日もつというバッテリー、各種アプリからの通知表示、そして5気圧防水も持ちます。

アクティビティトラッカー(活動量計)やスマートブレスレットとも呼ばれますが、かなり機能も充実しているのでスマートウォッチと呼ぶのもありだと思います。

Mi Band 3
Original Xiaomi Mi Band 3 Smart Bracelet

Xiaomi
価格:3,949円(2018/6/26時点)

今回は割引クーポンを頂いております。カート画面で下記コードを入力することで32.99ドル(3,723円)となります。(香港発送分のみ適用できます。)期限は2018年7月25日まで。どうぞご利用ください。
クーポンコード:HLHIFRPF

開封の儀

Xiaomiです。このロゴ、わりと好きなんです。

小さな箱は中の製品が見える形。

背面に説明など。中国語です。
実はこの時点ですっかり忘れていたのですが、これ中国版です。Mi Band 3はInternational版、そしてそれぞれにNFC付きのバージョンもあります。(International版は中国版よりわずかに高く、2018/6/24時点で5,661円でした。)

ただ、中国版でも使用に関しては大して問題ありませんでした。表示に関しては問題ありですけど。

内容物は本体のほかに、マニュアル(中国語のみ)、バンド、専用充電ケーブル、です。シンプルですね。

小さなスマートバンド

指先ほどの小さな本体です。正面にはディスプレイとタッチセンサーがあり、裏面には心拍センサーがあります。

指でちょこんとつまめる小ささです。
タッチしたり腕を傾けて時計表示できます。…が、ここの曜日表示が中国語です。中国版ですからね。設定を見ても英語などに変えられないようで…。今後のアップデートで変更できるようになるといいのですが。

詳しくはちゃんとしたレビューで書きますが、やはり買うならInternational版がいいです。

サイドは凹んでおり、そこにシリコンバンドを挟んで装着します。充電端子も見えますね。

バンドはポッチをはめるだけの簡単タイプです。バッテリーがかなりもつので、そう頻繁に外すわけではないのですが、簡単なのはいいことです。

充電は専用ケーブルで

これまでのMi Bandもそうでしたが、専用の充電ケーブルで充電になります。本体をバンドから外すのと、更に専用ケーブルということでちょっと面倒ですが、バッテリーのもちは良いので頻繁に行うわけではなさそうです。

このケーブル単体でも販売されており、400円程度と安いです。万一のために職場にも置いておくと良いかもしれませんね。

表示は良好

Mi Band 3のディスプレイは0.78インチの有機ELディスプレイです。Mi Band 2よりも大きくなり、ディスプレイ部分のタッチ操作もできるようになりました。そのあたりはまた詳しいレビューで。

ともあれ、こういった製品は使ってみないと良さがわからないものです。またしばらく使ってみてからレビューしていきたいと思います。

Mi Band 3
Original Xiaomi Mi Band 3 Smart Bracelet

Xiaomi
価格:3,949円(2018/6/26時点)

今回は割引クーポンを頂いております。カート画面で下記コードを入力することで32.99ドル(3,723円)となります。(香港発送分のみ適用できます。)期限は2018年7月25日まで。どうぞご利用ください。
クーポンコード:HLHIFRPF

Mi Band 3のスペック
ディスプレイ:0.78インチ OLEDタッチディスプレイ(128×80)
バッテリー:リチウムポリマー電池110mAh
待機時間:約20日間

Bluetooth:V4.2
防水性能:5ATM(5気圧防水)
対応OS:Android 4.4 / iOS 9.0 以上

大きさ:46.9 x 17.9 x 12 mm
バンドサイズ:247 mm(155-216 mmで調整)
重量:20g

Random Posts

Google Daydream View 開封の儀:ファブリック素材でさわり心地付け心地がいいVRヘッドセット
第6回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票開始のお知らせ
Xiaomi Redmi Goレビュー:1万円以下で買えるAndroidの軽量版「Go Edition」搭載マニア向けスマホ
Wiko View レビューその1:ホーム画面と設定、ベンチマークをチェック
Palm Phone用フィルムはミヤビックスの反射防止液晶保護フィルム OverLay Plus 9H
クレイジー価格199ドルのフラッグシップキラー!UMIDIGI F1のハンズオン動画が公開
Simple Stats Widget:メモリ使用量やストレージの残容量を表示するウィジェット
UMIDIGI One Maxがプレセール開始!オフィシャルストア等で179.99ドルから
左右に優しい 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
Teclast P10 レビュー:10.1インチでゴロゴロ動画視聴にちょどいい約15000円のAndroidタブレット
Font Viewer Plus:スマホ内にあるフォントをプレビューできるフォントビューワーアプリ
I-SWIMスマートウォッチ レビュー:サイドに見えるカラーがカッコ良くバッテリーも意外ともつ
FLAT:MINIMALIST【ホーム画面定期コンテスト】
第5回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票開始のお知らせ
2019年上半期に買ったスマートフォン:年間予算からは、まだ余裕ある…はず