BLUBOO S3 レビュー:8500mAhの大容量バッテリー搭載スタミナスマートフォン

|

とにかくバッテリーが重要、バッテリーがたくさんあるスマホが欲しい!という人も納得できる大容量8500mAhを積んだスマートフォンそれが「BLUBOO S3」です。

通常のスマホの2.5倍程度のバッテリーを搭載したスマホというとネタ的な要素もありますが、かつてのOUKITEL K10000に比べると普通に使うことのできるスマホになっています。

BLUBOO S3の概要と評価

BLUBOO S3は8500mAhの大容量バッテリー搭載のスマートフォンです。Blubooは中国のメーカーで、2016年に10周年セールをやっていました。全体的にいかにも中華スマホ、といったものを出していますが、評価としてはそう悪くはありません。

BLUBOO S3もバッテリー容量に目が行きがちですが、18:9のディスプレイに背面デュアルカメラ、指紋センサーにNFCもあるなど、トレンドとなる機能を盛り込んでいます。SoCはMediaTek MT6750TでRAMが4GBという構成はZenFone Max Plus (M1)と同じです。

細かいレビューはこのあと書きますが、全体的な評価を先にしておきます。バッテリーは確かに大容量ですが、やはり重量があります。通常の持ち運びとしてはちょっと苦しいくらい。動作はキビキビとは言わないけれどまぁ納得できる程度。高負荷なゲームはツラいです。印象としてはやはりZenFone Max Plus (M1)のバッテリーと重量を増やした中華スマホ、といったものです。

安くてちょっと怪しさもある中華スマホが好きなんだ!という人ならばいいのですが、普通の人は普通に日本で買えるスマホとモバイルバッテリーを買ったほうが幸せになれるでしょう。ネタ的要素をプラスに考えられないとコストパフォーマンスは出ないです。

外箱と内容物

外箱底面に一通りのスペックが書かれています。が、ここに書かれているAndroid 8.1というのはあくまで予定というか予告というか、です。最初はAndroid 7.0の状態で出荷されています。今後アップデートがあるとのことですが、今の所まだ来てません。

内容物は本体のほか、電源アダプタ、USBケーブル、保護ケース、保護シート、USB Type-C to 3.5mm変換ケーブル、Type-C OTGアダプター、SIMピン、三叉ケーブル、クイックマニュアルです。マニュアルには日本語での表記もあります。

こんな、Type-AからType-C、micro USB、Lightningという三叉ケーブルが付いています。これとOTG変換アダプタを組み合わせると、BLUBOO S3から他のスマートフォンやiPhoneへの充電が可能になります。

外観デザイン

前面は物理ボタンもなく、スッキリとした印象があります。

背面はプラスチックですが三角の細かい凹凸があり滑り止めになっています。こういったところでもパワフルな印象を受けますね。

底面にUSBポートがあり、イヤホンジャックはありません。また電源ボタンと音量ボタンはともに左側面にあります。

8500mAhものバッテリーを積んでいるので、当然重いです。スペック上は280gで、実際もその程度でした。

スペックとベンチマーク

簡単なスペックは以下のとおりです。より詳しいものは公式サイトをご覧ください。

OS Andorid 7.0
CPU MTK6750T Octa-core 1.5GHZ
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC
ディスプレイ 6.0インチ 1080 x 2160 (FHD+)
カメラ 背面:2100万画素 前面:500万画素
バッテリー 8500mAh
サイズ 約157.8 x 75.5 x 11.6 mm
重量 約280g
ネットワーク GSM: B2/3/5/8
WCDMA: B1/5/8
FDD: B1/B3/B5/B7/B8/B20
TDD: B38/B39/B40/B41

各種ベンチマーク結果は以下の通り。

やっぱり同じMediaTek MT6750Tを積んだZenFone Max Plus (M1)と似たようなものですね。
他いくつかの端末と合わせてまとめると以下のようになります。

SoC Antutu Geekbench 3DMark
Single Multi Battery
Huawei nova lite 2 Kirin 659 89093 941 3731 3259 317
Huawei P10 lite Kirin 658 77035 857 3341 3267 414
ZenFone Max Plus (M1) MediaTek MT6750T 55344 446 951 2796 388
BLUBOO S3 MediaTek MT6750T 54543 611 2613 4328 380
Wiko View Snapdragon 425 43034 681 1894

これまでのベンチマーク結果は以下のページにまとめています。参考にどうぞ。

まぁ、こんなものなんでしょうかね。別に動作が鈍いだとか、使えないというわけではありませんが、そこまでキビキビした印象は受けません。まぁ価格なり、ミドルローといったところでしょうか。

バッテリー

8500mAhという、超大容量がこのBLUBOO S3の特徴です。だからこそバッテリーに期待するのですが、Geekbench 4によるテストの結果では4328点でした。これは同クラスのスマートフォンの中では飛び抜けており、ハイエンドクラスの端末と並ぶくらいです。

このGeekbench 4のテストは、通常バッテリーが0%になるまで行われるのですが、12時間56分の時点でまだ16%残っており、そこで時間切れなのかストップしてしまいました。ZenFone Max Plus (M1)は9時間13分で0%だったのですが、それを軽く超えます。これはすごい。

ただ、基本放置で置いてみると6日間程度でバッテリーがなくなるくらいです。Battery Mixのグラフを見ると、そこまでバッテリーの持ちがいいようにも思いません。

カメラ

カメラについては、まぁ悪くはないのですが、この価格帯の中華スマホに期待してはいけないものです。

背面がデュアルカメラになっていて、背景ぼかしモードのようなものもあります。ぼかしの強さは調整できるようになっています。

左が通常、右が背景ぼかしです。もう明らかなソフトウェア処理、という感じで、かなり不自然です。ぼかしは使わないで撮ったほうが自然なボケ具合でいいでしょう。

UIと操作感

UIはAndroid標準そのものです。壁紙はちょっとどこかで見たことがあるような、大丈夫なのこれ?というものですが、あとは見た目も操作音も、素のAndroidですね。

こういったスマホの良いところでもありますが、妙な癖はなく使いやすいと言えば使いやすいです。面白みはないかもしれませんが。

動作自体は問題なく動きます。RAM4GBありますからね。エントリー機よりは確実によくて、日本で売られているミドルレンジと比べると、その下の方かな、という印象です。動作の重さよりも、実機の物理的な重さのほうが気になります。ええ、重いです。

まだAndroid 7.0なのですが、一応Android 8.0へアップデートするとは言われています。そこでまた評価が変わるかもしれませんね。

購入場所と価格

BLUBOO S3は海外のスマホを扱っているECサイトで購入できます。私はBanggoodで購入しました。発売セールで購入したのでかなり安く買えたのですが、2018年6月22日現在では日本円で19,000円ほどのようです。

Bluboo S3
Bluboo S3

価格:19,091円(2018/06/22時点)

まとめ

「8500mAhという大容量」という特徴に惹かれ購入したのですが、思ったよりもネタ感は少なく、一応普通に使えるスマートフォンでした。さすがにメインとして活躍するにはいろいろ課題がありますが。

18:9ディスプレイにデュアルカメラ、指紋センサーにNFCもついてる、OTGでほかのスマホに充電もできる。いろんなことができるようですが、まぁあくまで「できるだけ」と思ったほうがいいかもしれません。期待しなければそこそこ使える端末です。

一番のネックはやはり「重さ」ですね。持ち歩きには、向いてないと思います。幸い、カメラ部分は出っ張ってないので机においたまま操作できます。基本そういう使い方をしたほうが良いでしょうね。片手で使おうとすれば、トレーニングになってしまいます。

ネタ感込みで買うのであれば、いいと思います。普通にメインスマホで使うのは、オススメしませんよ?

参考情報

Random Posts

UnihertzのQWERTYキーボード搭載「Titan」本日21時クラウドファンディング開始!今のうちにスペックを確認
Clock Widget:3行表示でシンプルながらスタイリッシュな時計ウィジェット
Pixel 3の画面保護フィルムを実際の写真付きで紹介レビューしている記事まとめ
シンプルの「頂」【あなたのホーム画面見せてください 2018】
48MP AIカメラと画面内指紋センサーを搭載したUMIDIGI Xが間もなくやって来る!保護フィルムから判明
うっかり大量通信防止 (Wi-Fi確認通知):Wi-Fiオフでアプリを起動すると通知が出るアプリ
OPPO Reno3 A レビュー:これが進化した余裕!おサイフ・防水・4眼カメラでメインを任せられる快適スマホ
KayO【ホーム画面コンテスト2020】
中が見えるって心躍るよね!スケスケでセクシーなQiワイヤレス充電器を買ってみた
格安SIM (MVNO) の速度測定:2020年5月 その2 少しずつ日常を取り戻しつつあるも全体的に速いまま
GEVO ネックバンド型ワイヤレスイヤホン GV28 レビュー:クリアな音質とやさしい装着感がグッド
格安SIM (MVNO) の速度測定:2018年8月 その1 格安SIM最速チャレンジはUQ mobileで決まり!
Pixel 3を11ヶ月使って、これが自分に最適なスマートフォンだと語る
完全ワイヤレスイヤホン「X6pro」レビュー:ケースからスマホへ充電可能で非常に便利
LG G8X ThinQで通常アプリをワイドモード(2画面表示)にする裏ワザ