mineoが通信の最適化だけでなくhttps(SSL)では帯域制御もしているとのことなのでMVNO14社20枚のSIMで試してみた

|

先日、通信の最適化を始めたことで話題になっているmineoですが、その熱が収まらないうちに新たな燃料が投下されました。通信の最適化では暗号化されているhttpsでの通信は圧縮できないのですが、このhttpsの場合は帯域制御をして速度を絞っているという話です。

というわけで、今回も同じようにほかのMVNOのSIMと一緒に、httpの場合とhttpsの場合で速度を測定比較してみました。

通信の最適化を開始したmineo、最適化が効かないSSL通信には帯域制限をかけている模様

今回の話題もまたTwitter上でユーザーの報告から話題になっていました。詳しくはTogetterにまとまっています。

httpだと77Mbpsなのにhttpsだと1.8Mbpsとは…。これは23時には解除されてhttpsでも速くなるそうなので、たしかに何らかの制御がされているようです。ちなみに始まるのは11時からだとか。

通信の最適化の時もそうでしたが、一応規約的なものには実施可能性について書かれています。

実際に測定してみた

上記のまとめでも使用されているのがOpenSpeedtest.comというサイトです。ここはサイト上で速度測定ができるのですが、http://openspeedtest.com/https://openspeedtest.com/とがあり、httpとhttpsとどちらでも測定できるようになっています。

このサイトを使って、MVNO14社、20枚のSIMで測定してみました。ただ通信の最適化の時も曜日や時間によって実施されているときとされていない時がありました。なので今回は5月3日(祝)の9時台、11台、12時台の3回測定してみました。(さすがにすべてのスクリーンショットを掲載するのは面倒スペース的に無駄なので気になるものだけ掲載します。)

こういう測定は数値にそれなりにブレがあるので複数回の試行が基本ですが、今回はそれぞれの時間帯で1回しか実施していません。なので精度的には…。httpとhttpsで多少のズレはあるものと思ってください。ただ、そんななかで著しい差があるのであれば、それは何らかの制御が行われている可能性が出てきます。そのあたりに注目してみてみてください。

9時台

(単位はMbps)
http https
IIJ-D 30.6 1.0 16.2 2.4
IIJ-A 8.1 0.8 4.9 0.7
イオンモバイル1 6.7 2.0 9.3 1.6
イオンモバイル2 18.9 1.6 7.2 1.9
LINEモバイル 23.3 1.5 28.0 2.2
OCN 16.9 1.7 29.5 1.1
BIGLOBE-D 9.0 0.7 19.0 0.8
BIGLOBE-A 12.5 1.3 8.0 0.5
NifMo 33.5 1.6 35.7 0.8
楽天モバイル 3.1 1.9 2.3 1.1
b-mobile-D 2.0 0.8 6.4 1.3
b-mobile-S 29.6 1.9 24.5 2.3
DTI SIM 14.4 1.6 6.5 2.4
ロケットモバイル 26.2 1.1 0.7 0.8
nuroモバイD 25.2 2.6 0.7 2.0
nuroモバイル-S 4.9 1.9 0.7 2.3
mineo-D 16.1 2.3 25.6 0.9
mineo-A 7.2 0.1 4.0 0.3
UQ mobile 44.4 1.8 39.9 1.8
ワイモバイル 4.5 0.5 16.5 2.0

9時過ぎに測定してみましたが、この時点ではmineoは特に制御を行っていないようです。その後Twitterの情報で11時頃から実施されるようだと聞きました。

ただ、この時間帯でもロケットモバイルとnuroモバイル(どちらもSo-net系)がかなり差があります。というか、えぇ…引くくらい違うんですけど…。

(nuroモバイル-D 左:http 右:https)

11時台

(単位はMbps)
http https
IIJ-D 3.7 2.8 2.5 2.5
IIJ-A 6.5 0.6 5.4 1.2
イオンモバイル1 3.2 0.2 2.0 0.2
イオンモバイル2 4.7 3.1 4.2 2.5
LINEモバイル 14.7 1.0 11.7 1.1
OCN 4.0 2.6 1.1 1.2
BIGLOBE-D 11.5 1.3 11.3 0.2
BIGLOBE-A 5.2 1.0 2.7 0.9
NifMo 14.2 1.1 25.9 2.0
楽天モバイル 1.6 0.2 1.4 1.9
b-mobile-D 4.7 0.1 12.5 0.7
b-mobile-S 19.8 2.8 23.9 1.8
DTI SIM 10.6 1.3 3.1 0.9
ロケットモバイル 5.5 1.4 0.6 0.8
nuroモバイD 8.7 2.1 0.7 2.1
nuroモバイル-S 8.4 1.7 0.6 1.4
mineo-D 4.5 1.4 1.0 1.2
mineo-A 4.6 2.6 1.7 1.5
UQ mobile 25.5 0.7 31.5 2.2
ワイモバイル 9.1 1.8 5.5 0.8

情報に従って、11時過ぎに再測定してみました。さきほどの3枚に加え、mineoがDもAもどちらもhttpsで2Mbps以下になっています。全体的に速度が抑えられているのもありますが、うまく揃っていることやhttpとhttpsの差から、制御されている可能性は高いと思われます。

(mineo-A 左:http 右:https)
(mineo-D 左:http 右:https)

12時台

(単位はMbps)
http https
IIJ-D 6.6 1.5 2.5 1.9
IIJ-A 3.9 0.6 1.9 0.9
イオンモバイル1 4.3 1.4 2.4 1.7
イオンモバイル2 3.2 2.2 1.6 2.0
LINEモバイル 12.8 0.5 3.5 0.9
OCN 3.6 0.3 0.9 0.5
BIGLOBE-D 11.6 0.8 3.5 0.2
BIGLOBE-A 13.8 0.8 4.1 0.5
NifMo 13.6 1.5 22.2 2.3
楽天モバイル 2.0 3.9 1.0 2.0
b-mobile-D 16.0 0.1 13.3 0.7
b-mobile-S 3.1 1.6 21.9 2.0
DTI SIM 10.8 2.1 4.2 3.9
ロケットモバイル 1.3 0.8 0.7 0.9
nuroモバイD 4.7 2.5 0.7 0.8
nuroモバイル-S 1.4 3.2 0.4 3.7
mineo-D 3.3 2.3 1.6 1.9
mineo-A 1.5 0.1 1.8 0.1
UQ mobile 18.2 0.8 23.1 1.5
ワイモバイル 9.4 2.2 7.8 1.9

通常の平日ならもっとも混雑しているであろう12時台です。今回は祝日なので休日設定となっていると思うのですが、それでもやはり多少混んでいるようですね。

これまでのものに加え、OCN系やBIGLOBE、DTIといったところもhttpとhttpsの差が出てきて、httpsのほうの速度が揃っているように見えます。

(BIGLOBE-D 左:http 右:https)
(DTI 左:http 右:https)

ほとんどのサイト・サービスで影響あり

詳しい説明は自信がないので省きますが、httpsというのは暗号化された通信プロトコルです。セキュリティ的にもhttpからhttpsに切り替えたほうがいいと言われており、(海外と比べると遅れているそうですが)日本でももはや大半のサイトがhttps化されています。

TwitterやYouTubeはもちろん、当サイトもすでにhttpsとなっています。帯域制限しているMVNOのSIMでこれらのサイトを見ようとすると、通信速度は抑えられてしまいます。YouTubeの場合はネットワークで判断して画質が決められるところがあるので、帯域を抑えられている=低画質となる、ということにもなります。

また、スピードテストでhttpを利用している場合は、その結果と実際の体感がズレる(ほとんどがhttpsなので)ということが発生します。スピードテスト結果は速いのに、ウェブサイトの読み込みがやけに遅い…というSIMはこれが原因かもしれません。

セキュリティの高い方を優遇するのならともかく(それもどうかと思いますが)制限してしまうということに、セキュリティの専門家も声を上げています。

ちなみに、有名サイトでhttps化していないと言えばITmedia, GIGAZINE(記事ページはhttpsもあり), ニコニコ動画, はてな(はてなブログなどの一部サービスhttps化進行中)といったところでしょうか。

今回、帯域制御しているのでは?と思える値を出したのはmineo, nuro, BIGLOBEと、通信の最適化もやっているところが入っています。(楽天モバイルはhttpもhttpsもどちらも遅いので…。)httpでは通信の最適化で非可逆圧縮を行いデータを劣化させ、暗号化のために最適化できないhttpsでは帯域を絞っている、ということになります。

まとめ

今回の、私の測定だけで「これは帯域制御されている」と決めつけることはできませんが、多くの報告があるのは事実です。先日の通信の最適化に続いての話題で、mineoから解約する動きもあるようです。今後のmineoの対応にも注目していきたいですね。

なお、当サイトではSpeedtest.netと4Gmarkを用いたMVNOの速度測定を月に2回行っています。これは平日に行うようにしているので測定は連休明け、記事掲載も8日夜の予定です。

ちなみに4Gmarkではウェブサイトの読み込みも判定に用いていますが、どうやらhttpとhttpsの両方を読み込んで測定しているようです。(絶対というわけでもないようですが…。)