ZenFone Max Plus (M1) 購入:スッキリしてスベスベなボディを持った外観をチェック

|

ASUSが2018年2月に発売したZenFone Max Plus (M1)を購入しました。SIMフリーで18:9の5.7インチディスプレイ、背面カメラはダブルレンズのエントリー機と、HUAWEIのnova lite 2と発売時期も含め似た点が多くあるスマホです。(だからこそ購入に躊躇してしまったのですが…。)

コンパクトな箱と内容物

ZenFone Max Plus (M1)の箱はなかなかコンパクトでした。内容物は本体のほかマニュアル類、ACアダプタ、USBケーブル、イヤホン、イヤーチップ、SIMピン、OTGケーブルです。

箱に書かれているZenFone Max Plus (M1)の機種名ですが、M1のところがシールになっていました。

メタルボディのスッキリした外観

18:9の縦長ディスプレイと細いベゼルによって、全体的にスッキリした外観になっています。まぁ若干、没個性とも言えますが。

本体カラーは、ディープシーブラック 、サンライトゴールド、アズールシルバーのうち、アズールシルバーを選びました。ほのかに青みがかったシルバーです。

右側面に音量ボタンと電源ボタン。ここはこれまでのZenFoneと同じようなスピン加工されたものになっています。

左側面はSIMスロットです。少し大きなスロットです。

ここは nanoSIM×2 + MicroSDカードのトリプルスロットになっています。デュアルSIMのスマホでは1つがMicroSDカードと兼用というものが多いですが、ZenFone Max Plus (M1)は全部をフル活用できます。

背面にはメインカメラと120°の広角カメラのダブルカメラ、そして指紋センサーがあります。

下側面にUSBポートとスピーカー。イヤホンジャックは上側面にあります。USBがMicroUSBなのは少し残念ですが、このクラスだとまだ仕方ないようです。

悪くない持ちやすさ

18:9の縦長ディスプレイなので5.7インチと言っても横幅は73mmと、従来の5.2インチクラスと同じようなものです。そこまで持ちにくさは感じません。側面の丸みも持ちやすさに貢献しています。

左:ZenFone Max Plus (M1) 右:HUWEI nova lite 2

HUAWEI nova lite2と並べてみました。持った感じ、ZenFone Max Plus (M1)のほうがベゼルが太く感じたのですが、比べてみるとほとんど違いはありません。縦方向のベゼルはZenFone Max Plus (M1)のほうが若干長く、それもあって縦横ともにZenFone Max Plus (M1)の方が僅かに大きくなっています。

しばらく使ってみます

まだ手に入れたばかりで使い心地はわかっていないのですが、しばらく使ってみてまたレビューしたいと思います。どうしてもnova lite 2と比べてしまうことになると思いますが。

軽く触ってみたところでは、通常の動作ではそれほどおかしなところは出ていませんが、若干不安な部分も見えています。うーん、どうなんでしょう…。

参考情報

Random Posts

construction【ホーム画面コンテスト2017】
楽天モバイルのau回線がスタートしたのでさっそく契約!実店舗で即日開通だったけど…
ZenFone Max Plus (M1) 購入:スッキリしてスベスベなボディを持った外観をチェック
格安SIMの通信速度比較【2019年5月その1】初登場のLINEモバイルau回線は(まだ)UQモバイル並に速い
Caffeine:ディスプレイの自動消灯の時間を30分に切り替えるトグルスイッチ
KLWPでタブ切り替え表示(タップでパネル内容の切り替え)を作る
Overdrop:モダンでカッコいい日付やバッテリーウィジェットもある天気アプリ
無音モード:スマホのあらゆる音をミュートにするアプリ!カメラのシャッター音も無音化
luxury【ホーム画面定期コンテスト】
続・CHUWI Hi9 Plusで格安SIMは使えるのか?製品版に近いバージョンで再チェック
第3回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票結果発表! 1位は「大人のプールサイド」
アプリを使ってXperia XZのホーム画面をGalaxy S8風にカスタマイズ
メインのスマホを機種変更するときの設定移行の覚え書き
8枚入りでコスパのいいスマホの画面クリーナー:DABLOCKS クリーニングクロス
KLWPのテーマ特集:ドットビューにX型、マテリアルデザインなど雑多なテーマ6種 (2017.07.08)