TV Eye【ホーム画面定期コンテスト】

|

第7回ホーム画面定期コンテスト、3つ目の応募作品はカザリさん作成の「TV Eye」です。少しレトロな雰囲気のするテレビの中に情報を表示させた優しい味もあるホーム画面です。

TV Eye

中央のテレビは画像ではなくKLWPの図形で作ってあるそうです。そのテレビに合わせて全体のデザインも統一されているのが良いですね。

全体的な雰囲気もそうですが、左上の見出しや右上のバーが今回のテーマである「フラット」にとてもよく合っていると思います。

そのほか、使っているアプリなど詳細情報は以下のとおりです。

お名前 カザリ
タイトル TV Eye
使用機種 ZenFone Live (ZB501KL)
ホームアプリ Lightning Launcher
その他使用
アプリなど
KLWP
ひとこと
・解説
KLWPの図形を弄っていたらTVっぽい物が出来たので、基本的な情報表示はその画面内に収まるように作りました。

RSS、カバーアートの色相は tu(seq)で一定時間ごとに切り替わるようにしています。

天気予報はwg(URL,txt) でウェブサイトから全体を引っ張り、tc(reg) 等で一部抽出。
(参考動画URL→https://youtu.be/-Aqu-cR7u1o

下部のボタンもTVのリモコンを意識していて、電源タップでスリープするとソレっぽいかなと思いましたが、アイコンの切り替えに使いました。

第7回ホーム画面定期コンテストはまだまだ作品を募集しています。今回のテーマは「フラット」です。いわゆるフラットデザインを使ったホーム画面です。必ずしも「こうしなければならない」というものがあるわけではないので、ある程度は自由に解釈していただければと思います。単に「フラット」と言ってもいろいろなパターンが考えられると思います。カッコいいホーム画面をお待ちしています。締め切りは2018/03/14 24:00です。その他詳しいことは下記記事をご覧ください。

[blogcard url=”https://www.orefolder.net/blog/2018/02/customize-contest7/”]

Random Posts

2019年にGoogle Playで課金/購入したアプリやコンテンツ
楽天モバイル本格スタート!なのにeSIM回線が開通できない状態で数時間…。
HUAWEI nova lite 3はどこで買う?通話SIMセットならgoo Simsellerと楽天モバイルが安い
UMIDIGI One Maxが実際に動作している動画が公開-水滴型ノッチのフルスクリーン端末
TCL PLEX ファーストインプレッション:コストパフォーマンスの良さとディスプレイの品質が魅力的
私の思い出のAndroid端末:中学生で手にした初めてのAndroid搭載ウォークマン NW-Z1000
Xiaomi QIN 2 Pro:画面縦横比22.5:9の超縦長スマホが来た!開封とファーストインプレッション!
Xperia Aceの価格比較:オプションとMNPを併用して3万円を切るgoo Simsellerが圧倒的に安い
8枚入りでコスパのいいスマホの画面クリーナー:DABLOCKS クリーニングクロス
COUMI Ear Soul TWS-817A:装着感が良い低価格な完全ワイヤレスイヤホン
スマホと格安SIMを使い始めて10年、思い出と歴史を語ろう
Fossil THE CARLYLE HRのベルトを変えよう!5種類を比較して利用シーンを考えてみた
コンパクトながら61Wまで!GaN (窒化ガリウム) 採用充電器「RAVPower RP-PC112」レビュー!MacBook Proも充電可能
Xperia 1 のSDカードを内部ストレージ化してストレージ容量を増量
UMIDIGI S5 ProとUMIDIGI A7 ProがUMIDIGI Fan Festival 2020で販売開始!