100円ライターより小さい!スマホとBluetooth接続できる超小型携帯電話:Decwin A

|

Banggoodより、レビュー用に超小型でスマホとBluetooth接続もできる携帯電話Decwin A(デュークA)を提供していただきました。ほんとこれ、ちっちゃいです。だいたい100円ライターな印象で、実際それより小さいんです。

ちっちゃいガジェットはロマンですね。

おもちゃみたいな超小型携帯電話

本当に小さいです。ドロイド君フィギュアよりも小さい。写真後ろにあるのはAQUOS R Compactです。小さいのに加え、軽いですし感触も安っぽいプラスチックなので、おもちゃにしか思えません。

大きさは、Banggoodの製品ページによると縦71mmで横23.5mmです。100円ライターがこれくらいの大きさですよね。まぁ暑さはこちらのほうがありますけど。

端末の下側面にMicroUSNポートがあります。ここで充電です。上側面のほうにはストラップホールがあります。こんな小さな端末ですからね、ストラップ付けておかないとすぐに失くしそうです。

右側面にSIMスロットです。ここもゴムなのでかなり安っぽいです。ちなみにMicroSIMが入りますが、3Gではなく2Gしか使えないので日本では無意味です。

背面はなにやら革のような模様ですが、これも普通にプラスチックです。上の方、指紋がべったりですね、すいません…。

スマホとBluetooth接続

3G使えないので、そのままでは日本で携帯電話として使えません。ですがこの電話、Bluetoothでスマホと接続できるんです。接続した状態なら、この小さな電話からスマホのSIMを使って電話をかけることができるんです。

ちなみに、接続はイヤホンなどのように外部スピーカーとして?扱われるようで、接続した状態だと音楽アプリなどの音も本機から聞こえてきます。

実際に使ってみるとこんな感じに。
電話が小さすぎて耳を覆わない程度の大きさしかありません。外からはほとんど見えません。まぁ音はちゃんと聞こえます。こっちの声も、たぶん拾えると思うのですが、不安です。確かめたかったのですが、電話をするような親しい人もいないので試すことができませんでした。

製品ページといろいろ違う?

今回届いた製品は上の写真のようなケースと内容物でした。ストラップは大小2つあります。いいですね。
ただ、製品ページにあるものとはけっこう違います。箱とか、全然違います。本体も製品ページでは背面にAの文字がありますが、本製品にはありませんでした。まぁほぼ同じですしほかに似た製品もないので中身としては同じだと思いますが…。

超小型マニアにはたまらない

以前紹介したこともあるカードタイプの携帯電話もいいですが、こちらはもっとおもちゃっぽくて味があります。超小型端末が好きな人なら、気にいると思いますよ。

小ささとおもちゃっぽさから、本当の携帯電話とは思われないので話のネタになること間違いなしです。また、ポケットに入れても気にならない大きさなので、自転車で移動中などでも大きなスマホはバックの中に入れて、電話だけは本機で受け取れるようにする、なんて使い方もアリなんじゃないでしょうか。

価格も3,000円程度です。ちょっとしたおもちゃとして買ってみてはどうでしょうか?

Random Posts

レビュー探偵:サクラをあばけ!独自基準でAmazonレビューの信用度を判定するアプリ
just it【あなたのホーム画面見せてください 2019】
KLWPで円形のバッテリー残量バーにくっついていく吹き出し型の残量数値を作る
マテリアルデザイン? 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
cheeroの2in1タイプ巻取り式USBケーブル:さわやかでポップな配色がかわいい
CHUWI「UBook Pro」+「HiPen H5」で素晴らしい手書き体験を! 中国旅行が当たるキャンペーン開催
最近気づいたGoogle Homeの機能や対応アプリ:おすすめのスマホ集計やルーティンの登録
エキサイトモバイルを3年使った感想:通信速度や使い勝手、メリットとデメリットを紹介【PR】
UMIDIGI S3 Pro がいよいよ3/18に$279.99で発売!公式アンボックス動画も公開中
月100GB以上使えるソフトバンク系再販SIMの価格比較-20GBから使えるSIMも安い
中華ガジェットを買ったときにGoogleレンズの翻訳が便利
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年11月 その1 ワイモバイルの独走が続き、ほかは変化も少なく
メインのスマホを機種変更するときの設定移行の覚え書き
面白みがないですが【あなたのホーム画面見せてください 2019】
C94新刊 「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本10」のお知らせ