フチまで完璧!AQUOS R Compact用ラスタバナナのTPU液晶保護フィルム

|

AQUOS R Compact SH-M06用にラスタバナナのTPU液晶保護フィルム(アンチグレアタイプ)を購入しました。結論から言うと完璧。保護フィルムでは何度か苦汁を舐めさせられて来ましたが、今回は完全勝利と言っても過言ではないでしょう。

フチまでしっかり貼れる

ラスタバナナからは同じ端末用でも複数のフィルムが発売されています。今回購入したものはAQUOS R Compact用の中でも「TPU」「アンチグレア」「フチまで保護」というタイプです。これを選んだ主なポイントは以下です。

  • 反射しにくいアンチグレアタイプ(単なる好みです)
  • 画面フチまで届くフィルムのサイズ
  • 曲面部分までしっかりガード
  • ジョイントマーカーでズレ防止

同じラスタバナナの保護フィルムでもっと安いものはあるのですが、それだと画面の平面部分のみを覆うのでサイズが小さくなります。このときのフィルムのフチが目立って操作中に目に入ることもあります。今回購入した方は少し高くなりますが、端までしっかり覆われますし、過去に同種のものを買った経験から、そう簡単には剥がれてこないとわかっていました。

貼ってみよう

内容物はフィルム本体のほかに説明書、クリーナー、ヘラです。

貼り付ける前に軽く位置合わせをしてみました。うん、バッチリっぽいです。

ラスタバナナの保護フィルムは「ジョイントマーカー」という仕組みを使っています。これはフィルムの端にベロが伸びていて(フィルム貼付け後、簡単に切り取れます)そこの穴にUSBケーブルを挿して固定するというものです。

これで片側が固定されるので、フィルム張り付け時のズレがかなり抑えられます。アイデアですねー。

フィルムを張り付けた後、付属のヘラで気泡を追いやります。普段はクレジットカードなどを使ってこれやってましたが、ヘラを同梱してくれるのはありがたいです。

貼付け結果

あ、あれ…気泡が…抜けないよ…?

…と、久しぶりの失敗にこの日はかなり凹んでいたのですが、翌朝にはこの気泡はほとんど抜けていました。特殊な加工により、時間で抜けていくようになっていたようです。朝に僅かに残っていた気泡も、少しヘラで押してやると消えました。写真は省略しますが、現在は気泡は全くゼロで完璧です。

フィルムのサイズも完璧です。しっかりフチまで届いていますし、目立ちません。カメラ部分を見るとフィルムが貼ってあるのがわかりますが、それ以外の部分はほとんど分かりません。操作中に気になることもありません。

完璧です。

まぁ今回購入したものはアンチグレアタイプなので、低反射な代わりに少し画面が暗く見えるというのはあります。同じラスタバナナのものでも高光沢の物がありますので、輝く画面でキラキラクッキリを楽しみたい方はそちらをどうぞ。

まとめ

Xperia X Compact用を買った時は2,000円弱したのですが、こちらは1400円弱、なかなか安くなりましたね。1,000円以上するフィルムはちょっと手が出ないという人もいると思いますが、下手に小さいフィルムや端だけで接着するガラスフィルムを買うよりは、このラスタバナナのフチまで覆うタイプのフィルムはオススメです。かなりオススメです。

Random Posts

チカチカ点滅するように表示されるおサイフケータイのアイコンを表示しないようにする
ペルソナ5のアニメにXperiaが登場!描写は精巧で、ちゃんと協力としてクレジットされている
One Touch RAM Cleaner Widget:タップ1つでメモリを解放してくれるウィジェット
cheeroの2in1タイプ巻取り式USBケーブル:さわやかでポップな配色がかわいい
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2018【結果発表 その1】
電子マネーをもう少しちゃんと使ってみようと思ったのでAndroid Payを使ってみる
CHUWI MiniBook レビュー:持ち歩きたくなるコンパクト端末!4.5万円でしっかり使える8インチUMPC
LINEモバイルのソフトバンク回線版を契約!さっそく使おうとして失敗した話
【大募集】8周年感謝企画 あなたのホーム画面見せてください!2018
【あなたのホーム画面見せてください 2018】応募全31作品のまとめ
Xiaomi Mijia SJYT01FMレビュー:スマホでも手ブレの少ないヌルヌル映像が撮れる!
ARTIFITのQiワイヤレス充電器 レビュー:パッド型にもスタンド型にもなるのが便利!
Galaxy Studio(ショールーム型)がつくばにやってきたのでGalaxy Note8を触ってきました
BlackBerry KEY2 レポート:物理キーボードと日本語入力の奮闘記その1
PHSの白ロムをスマホの子機として購入してみた