Wiko View 開封の儀:Wikoの日本参入第二弾スマホは18:9の縦長画面に背面パネルの色が良い

今年2月に日本スマホ市場に参入したフランスのモバイル端末ベンチャー企業「Wiko」の日本参入第二弾となるスマホ「View」を購入しました。18:9の縦長画面を持つミドルレンジのスマホになります。

これからおいおいレビューをしていきますが、まずは開封の儀ということで外観を見ていきましょう。

開封の儀

箱は参入第一弾となったTommyと似ていて、ほぼ正方形のものにほぼ実寸の端末写真が描かれています。

箱を開けると正面右に端末、左側にアクセサリ類が入っています。この構成もTommyと同じですね。

内容物は本体のほか、バッテリー、USBケーブル、ACアダプタ、イヤホン、マニュアル類、そしてSIMアダプタです。

SIMアダプタはnano→microのものが2つ入っています。TommyのときもSIMアダプタが入っていたのですが、そちらと違って今回はロゴも入っておらず黒のシンプルなものでした。

端末を取り出すと、保護シートには18:9の大画面を示すように右上と左下に矢印が描かれています。1mmくらい盛っている気もしますが。

外観チェック

Viewにはブラック、ゴールド、ディープ・ブリーン、チェリー・レッドの4色があります。かなり悩んだのですがチェリーレッドを選びました。赤が好きなんです。

背面パネル自体は樹脂素材ですが、メタル調の仕上がりとなっており、なかなかいい色をしています。

チェリーレッドの名が示すように、ちょっと濃いよく熟れた赤をしています。また、反射せず指紋もつきにくいのがポイント高いです。ピカピカで顔が写り込んだり指紋ベタベタになるのはあまり好きではありません。

背面パネルを外してバッテリーを装着します。バッテリー取り外し可能なスマホも、最近では珍しくなってきましたね。
ただ、この背面パネル、外すのがとても大変でした。とても固いです。取っ掛かりとなる窪みは端末右下にあるのですが、本当に空くのか不安になるくらいでした…。そう何回もやることではないとは言え、もう少し改善してほしいところです。

SIMスロットはMicro SIMサイズが2基あり、それとは別にMicro SDカードスロットがあります。中央の赤い部分は指紋センサーです。背面カバーが外れ、端末前面はどのカラーも黒で統一されているので、別のカラーに差し替えることもできそうですが、この指紋センサー部分は変わらないので注意です。面白い組み合わせができるかもしれませんが…。

右側面には電源ボタンと音量キー。電源ボタンはボタンに模様が入っていて、触ればすぐに分かるようになっています。

上側面にはイヤホンジャック。ちゃんと有線のイヤホンも付属しています。

狭額ではないが持ちやすく悪くない

端末の横幅は73.1mmです。16:9画面のスマホなら5.2インチくらいのスマホと同レベルでしょうか。18:9という画面比率のため、Viewは5.7インチとなっています。ただ、ちょっと期待してしまう「狭額」ではありません。ベゼルはそれなりにあります。

背面の指紋センサー。実際に試してみましたが、速くはないですね。まぁ悪くはありませんが。

Wiko Tommy(左)、Wiko View(中)、Galaxy S8(右)と並べてみました。Tommyに比べるとかなり画面が大きく感じます。

Galaxy S8は18:9ではなく18.5:9なのですが、その0.5の差以上のものを感じます。Galaxy S8はパッと見でも「細長い」という印象なのですが、18:9のViewは自然に見えます。

しばらく使ってみます

まだ軽く設定などを確認しただけの状態ですが、Tommyのときと同じように「悪くない」という印象です。普通に普段使いで使えそう。

あくまでミドルレンジモデルなので高スペックや高級感はありませんが、必要十分以上のものを与えてくれるのではないか?と期待しています。独自の機能でも面白いものがありそうですしね。

外観で言えば、このチェリーレッドは気に入りました。ピカピカテカテカしていない濃い赤、ワインレッド、深い赤、そんなイメージの色が好きな人であれば、気にいると思います。Wikoのブランドカラーであるブリーンを刻したディープブリーンも気になったのですが、赤好きとしてはチェリーレッドを選んで正解だったと思います。

これからしばらく使ってみて、またレビューしていきたいと思います。

参考情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE