2017年に買った・手に入れたスマホや周辺機器:振り返ればいろいろあるがいまいち消化不良

|

2017年も終わりが見えてきました。今年も様々なサイトで「今年買ったもの」「ベストバイ」などの特集が組まれています。その流れに若干遅れながらも乗って、当サイトでも振り返ってみたいと思います。

なお、当サイトではレビュー用として提供されたものも多くありますので、それらも含んでまとめます。

今年買った・手に入れたスマホや周辺機器2017

とりあえずは全部リストで羅列してみたいと思います。

1月 CUBOT CHEETAH 2 *
ZenFone 3 *
2月 Leagoo Venture 1 *
Wiko Tommy
3月 Ulefone Gemini *
UMi Z *
Redmi Note 4X *
Nexus 5X
4月 Galaxy S8
5月 Desire 530
FNF Ifive Mini 4S *
6月 OUKITEL K6000 Plus *
Galaxy Gear VR
7月 AQUOS SERIE mini
8月 Jelly Pro
9月 Essential Phone
10月 arrows Be
Teclast P10 *
Google Home
Google Home Mini
12月 Daydream View
Huawei P10 lite
Amazon Echo
Wiko View
OnePlus 5T

なお「*」のついているものは提供品などのため、自分で購入していないもの。

  • スマホ18台 タブレット2台 スマートスピーカー3台 VRゴーグル2台
  • 提供品除けば、実質スマホは11台
  • 11月はなにも買っていない
  • この他にもイヤホンやスピーカー、モバイルバッテリーなどあるが除外

2016年はスマホ23台、タブレット・PC10台、スマートウォッチ1台、2015年はスマホ24台、スマートウォッチフォン1台だったのでだいぶ減った印象ですね。11月に何も買わなかったのは良かった。

なんというか、今年後半はGearBestからの提供をほとんど受けていないこと、4月にGalaxy S8を買ってからほかの端末への物欲がだいぶ薄れたことが原因だと思います。うん、ホント物欲は減ったと思います。

いくつか印象的だったものについて書いていきます。

Galaxy S8

やっぱり今年一番印象深い端末というとGalaxy S8でしょうか。発表前から情報はいろいろ出ていたのですが、それらは見ずにいて、発表後に見て記事書いたらグングン欲しくなりました。

実際に手に入れても見事なInfinity Displayが興奮します。ディスプレイから側面にかけてのカーブが一体感を高めており、ディスプレイとその他の部分の境界線を曖昧にしています。このあたりの触り心地がとってもセクシーなんですよね。

少ししてから赤いケースを買ったのですが、これがバッチリはまってくれました。赤×黒はカッコいい!

気に入って入るものの、メインとして使うことも十分できると思いつつも、なんだかんだでサブ機に留まっています。部屋の中で写真撮る時は選ぶんですけど。外に気軽に持ち出すという点では、私の感覚ではちょっと違うのかなという感じです。

Essential Phone

今年買った中では一番の変態端末だったのでは。だってねぇ、ディスプレイにカメラがめり込んでいるだなんて…。実際の使い心地として、思ったよりも普通に使えてしまったのでそのまま所持端末に入りました。ただ、やはりピカピカ過ぎて外に持ち出すには怖すぎる。普段使いは、しないなぁ。

Google Home

冷静に考えれば、まだまだできることなど中途半端でイマイチなのですが、やっぱり未来感ありますよね。そして声での操作がこんなに楽だったのか、と気付かされました。体験が変わる、イノベーションってこういうことなんだな、と感じました。
「スマートフォン」と言うものに初めて触れた時はそんなに感じなかったのですが、新しい扉を開いた感たっぷりです。

わりと世間的というかガジェット界隈的?には、これてスマートホームだの、部屋の明かりやエアコンを声でだとか書いていますが、そういうところのようでそういうところじゃないんだよ、というちょっともどかしさも。いや、自分の家がそういうスマートホームになってないだとか、外に出ないから必要性とか全く無いとかじゃなくて。

実際に普及するにはスマートフォンよりも時間がかかりそうですが、スマホも最初の数年のどんどん成長していく感が楽しかったので、そういうのを味わえるかもしれませんね。

ベストバイは?

2017年のベストバイは?と聞かれると正直困るんですよね。買ってよかったと思えるものなら、Galaxy S8とGoogle Homeなのですが、実際にこの1年間メインのスマホとして使ってきたのは昨年購入のXperia X Compactです。1年以上経ちましたが、普通に使いやすくて手に馴染むのでこのまま暫く使う予定です。普段使う道具としてパートナーとして、めちゃくちゃ馴染むんですよね。そういう感覚が(私の場合)S8には無い。

たぶんXperia XZ1 Compactは私の期待に答えてくれる機種だとは思うのですが、いかんせんXperia X Compactで全く不満がないので買い換える気にはなっていません。そこまで価格が落ちているわけでも、それを超える魅力があるわけでもないですし。

Galaxy S8に関しては、ホントこれを買ってから物欲がかなり減ったので、そういう意味では恐ろしい子でした。

んー…。なんというか、消化不良ですね。んー。
いまいちパッとしない、言い訳が付いてしまう、そんな2017年でした。

2018年は

物欲とは別の話ですが、速度測定に使っているスマホがけっこう古いものがありました。だいたい2015年の秋に急に増えたSIMフリー端末を使っていたんですよね。これらを少しずつ置き換えようとしています。

速度測定はだいたい20のSIMを使っているので、スマホも20台あります。1ヶ月に1台置き換えていっても、全部置き換わるのに20ヶ月、1年と8ヶ月かかります。まぁそれくらいがいいペースなのかな?と感じています。

そんな理由(言い訳)から、1ヶ月に1台のスマホを買っていこうと考えています。速度測定に使えるように、なるべく日本で発売しているもの(もしくは日本のバンドにちゃんと対応しているもの)を。

できるなら、メインで長く使えるものと、すっごい興奮できるもの、そういうものに出会いたいですね。

Random Posts

格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年5月その1 やはり安心できるのはUQとワイモバイル
パンダがかわいいCHOETECHの急速充電も可能なQi ワイヤレス充電器 T528-S
【今日のホーム画面】ごちうさ第3期待ってますホーム
Call Log Widget:電話の発着信履歴をリスト表示するウィジェット
約5000円ながら40Wの超大迫力Bluetoothスピーカー「Tronsmart Mega」レビュー
BlackBerry KEY2 レビュー:人は選ぶが刺さる人には深く刺さる物理キーボード搭載の個性派スマートフォン
AquaMozc for BlackBerry:BlackBerryの物理キーボードでPCライクな操作性を実現する日本語IMEアプリ
ZenFone 5 (ZE620KL) レビュー:大きさと持ちやすさは気になるが、十分満足できる新しいZenFone
耳にすっぽり入れてスッキリ完全コードレス!片耳タイプのBluetoothイヤホン ZNT N1
dodocool タッチセンサーで無段階調整できるコードレスなデスクランプ DA955 レビュー
Starry night:ホーム画面は星の海に還る【ホーム画面企画2016】
KLWPでアニメGIF画像を使う方法(KLWPの隠し機能)
雨上がりの景色【ホーム画面定期コンテスト】
ZenFone 3 サファイアブラックは大人の紳士的な雰囲気!パールホワイトとは違った「良さ」あり!
Jelly ProにAndroid 8.1のOSアップデート配信…が、ファクトリーリセットする羽目に