2017年に常用し始めた便利なアプリたち

|

orefolederでは様々なアプリやウィジェットも紹介していますが、その中でよく使うアプリ、新しい端末にしたらインストールするアプリというのはそう多くありません。そんな中で、2017年に常用入りしたアプリを4つ紹介します。万人に便利というわけではなく、かなり私の使い方に特化したものです。また、2017年にリリースされたというわけでもなく、単に私が今年使い始めた、というだけです。

シンプル ギャラリー

ギャラリー系アプリです。めっちゃ便利!というわけではないのですが、基本を抑えたベーシックなアプリで、余計なものは要らない、フォルダベースのギャラリーアプリがいい、という人に向いています。QuickPicの代わりにもいいでしょう。

Google playシンプル ギャラリー
シンプル ギャラリー
制作: Simple Mobile Tools
評価: 4.5 / 5段階中
価格: 無料 (2017/12/31 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

Quick Note

Android 7.0以上の端末で利用可能な「クイック設定パネル」に追加し、そこから起動できるメモアプリです。私は別にメモをよく取る方ではないですし、メモアプリとして優秀だから使っているわけではありません。

このアプリ、クイック設定パネルから起動できるので、普段は通知として出ているわけではなく、それでいて使いたい時に(他のアプリを起動中でもその上から)すぐに起動できるというのがいいのです。

もっと具体的に言うと、KLWPでテキスト編集している時にすぐに呼び出せます。KLWPではテキスト編集の画面で日本語を入力できません。(色指定などいくつかできるところもありますが。)なので、KLWPで編集中にこのアプリでメモを呼び出し、テキストを入力→KLWPにコピペというのが便利なんです。これだけでKLWPの作業効率がかなりアップしました。

Google playQuick Note
Quick Note
制作: Nicolai Buch-Andersen
評価: 4.1 / 5段階中
価格: 無料 (2017/12/31 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

通知キャンセラー

条件に一致した通知を自動で消去してくれるアプリです。私はスクリーンショットを撮影することがかなり多いのですが、そのたびに通知に「スクリーンショットを撮影しました」と出て、そのアイコンがステータスバーに残り、それを手動で消すのが面倒でした。通知に残ると、そこから共有してTwitterでアップするときなどには便利ですが、大抵はそのまま通知を消去刷るんですよね。それがこのアプリを使えば自動で消去してくれるようになります。

スクリーンショットの通知に限らないですが、ステータスバーに通知アイコンが残るのが好きではない方には便利なアプリだと思います。

Google play通知キャンセラー
通知キャンセラー
制作: Punigram Co. Ltd.
評価: 4.0 / 5段階中
価格: 無料 (2017/12/31 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

AppSales

有料アプリのセール情報を教えてくれるアプリです。これはメイン端末にインストールしているわけではありませんが、このサイトの記事を作るのに役立っています。最近は日本語や日本円表記にも対応してくれたので、ますます便利になりました。このサイトのセール記事の多く(とくにアイコンパックの情報)はこのアプリで得ています。

Google playAppSales: Paid Apps Gone Free & On Sale
AppSales: Paid Apps Gone Free & On Sale
制作: ts-apps
評価: 4.5 / 5段階中
価格: 無料 (2017/12/31 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

まとめ

Androidの初期には様々なツール系アプリが出て、アプリ紹介サイトも賑わっていました。こんな便利なアプリがあるんだ!と日々驚いていましたね。ここ数年はそんな動きもおとなしくなり、まぁ必要なものはだいたい出揃っているかな、という状態でした。話題になるアプリもゲーム系がほとんどですしね。

そんな中でも今回紹介した4つについては、出会えて良かったと思えるアプリたちです。なんというか、ホント万人向けではなく私個人が便利なだけですが。こうしたニッチな用途のアプリでも、必要な人には突き刺さるでしょう、こうしたアプリが、まだまだたくさんあるでしょうし、これからも出てくるんでしょうね。そういったアプリも2018年はどんどん紹介できればいいなと思います。