約5000円ながら40Wの超大迫力Bluetoothスピーカー「Tronsmart Mega」レビュー

Tronsmart様より40Wの超大迫力Bluetoothスピーカー「Tronsmart Mega」を提供していただいたのでレビューします。

開封の儀

箱自体はブラックカラーで、前面には本体の写真が実寸に近いサイズでプリントされています。

開け方も一工夫されています。

内容物は、スピーカー本体とMicroUSBケーブル、AUXケーブル、説明書と保証カードとなっています。

外観をチェック

Tronsmartのロゴが白色で前面にありますが、そこまで派手ではなく見た目的にもちょうどいいアクセントになっています。

背面にはイヤホンジャック、電源スイッチ、MicroSDスロット、MicroUSB差し込み口があります。

上部には再生や早送り、ボリュームコントロールのタッチセンサーの他に、NFCが内蔵されていて対応機種でタッチするとペアリング可能です。ちなみに白い部分の下にはLEDが内蔵されており電源を入れると光るので、暗闇でも操作しやすくなっています。

スマホと接続してみる

iPhone 8と接続して使ってみました。ボリュームコントロールはiPhoneと連動して動くので、いちいちスマホとスピーカーのボリュームバランスを気にしなくて良い点は助かりますね。

40Wのスピーカーを搭載しているだけあり、かなりの大迫力で目盛り3つくらいでも屋内で使うくらいなら十分すぎる音量を出してくれますね。40Wのスピーカーを搭載しながらも小型で持ち運びできるサイズ感なので、パーティ会場などに持ち込んで音楽を流すといった用途など、個人用途以外でも使い所が多そうです。

ディスプレイ用スピーカーとして

個人的にハマった使い方はスピーカーがなかったり、スピーカーが貧弱なディスプレイ向けのスピーカーとしての使い方ですね。AUXケーブルを通しての接続ができ、繋げば設定完了です。スピーカーのボリュームキーで音量調節が可能です。

ゲームをしたりや映画を観る際に使ってみましたが、家庭用としては十分すぎる程迫力があり非常に楽しめました。Bluetoothスピーカーとして使いたい時は、MODEボタンをタップするだけで切り替えられスマホとペアリング可能なので、普段はディスプレイに繋いでおいて適宜切り替えるという使い方がベストな様に感じました。

4890円と5000円以下で購入可能なほか総計6600mAhのバッテリーを搭載し、大出力のスピーカーでありながら長時間駆動も備えています。大は小を兼ねるとも言いますし、音質自体も低音だけでなく高音域もクリアで、価格なりにではなく筆者がこれまで使用してきたBluetoothスピーカーの中でも結構良く、どんな用途にでも使えるおすすめのスピーカーです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
 シェアする  ツイートする
PREVIOUS POST
NEXT POST
ANDROID
GIVES YOU
MORE
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status