エキサイトモバイルを契約-1GBごとの従量制「最適料金プラン」もあるIIJ系格安SIM

|

7月1回目の速度測定記事でも少し触れましたが、新たにエキサイトモバイルのSIMを契約しました。(7月1回目の速度測定には間に合いませんでした。)

エキサイトモバイルの特徴

エキサイトモバイルはドコモの通信網を使った格安SIMです。大きな特徴は、毎月使った量によって料金の変わる「最適料金プラン」と、毎月一定額の支払いとなる「定額プラン」の両方が用意されているということです。

これは例えばFREETEL SIMやb-mobileおかわりSIMでも同じですが、エキサイトモバイルの「最適料金プラン」は1GBごとに細く料金設定されているのが魅力です。それぞれのSIMにおける通信量と料金を比べてみました。

料金表(税抜)
エキサイトモバイル FREETEL b-mobile
~100MB 299円
~500MB 630円
~1GB 660円 499円 500円
~2GB 770円 750円
~3GB 880円 900円 1,000円
~4GB 1,150円 1,250円
~5GB 1,450円 1,520円 1,500円
~6GB 1,600円
~7GB 1,900円
~8GB 2,120円 2,140円
~9GB 2,200円
~10GB 2,380円 2,470円
~15GB 3,680円
~20GB 4,870円

現状、ドコモ系MVNOで従量制の料金プランはこの3つくらいです。それぞれ高速通信のレンジが違ったり料金も微妙に異なります。自分の使い方に一番あったところを選びたいですね。

エキサイトモバイルの設定

届いたエキサイトモバイルのSIMを実際に設定してみます。

パッケージはA5大のもので、SIMは真っ白なタイプでした。まぁよくあるタイプの普通の台紙ですね。

特に難しいこともないので、とりあえずSIMを端末に入れてみます。

APN設定
APN vmobile.jp
ユーザー名 設定は不要です
パスワード 設定は不要です
認証タイプ PAPまたはCHAP

APN設定は、ちょっと驚きました。通常登録する「ユーザー名」や「パスワード」が必要ないようです。

vmobile.jpということで、IIJ系のようですね。(また所有SIMにIIJ系が増えてしまった…。)これはエキサイトモバイルの前身であるBB.exciteモバイルLTEから変わりません。

このAPN設定を行えば、すぐに通信可能となります。(端末によっては再起動が必要になる場合があります。)

速度測定

というわけで、さっそく速度測定してみました。時間帯は夕方の混雑時間帯、18時30分頃です。

Speedtest.netでは下り1.5Mbps程度、上り4Mbps程度となり、4GMarkのフルテストでは1821点でした。
測定日は違いますが、同じIIJ系のSIMの同時間帯の結果と比べてみます。

DOWN (Mbps) UP (Mbps) PING (ms)
エキサイトモバイル 1.39 3.99 111.66
BIC SIM(IIJ-D) 1.54 2.79 136.33
DMM mobile 1.55 3.55 90.33
イオンモバイル1 1.62 1.99 145.00

はい、ほとんど変わりませんね。

マイページはウェブから

エキサイトモバイルの使用容量などはウェブ上のマイページからアクセスします。

高速データ通信のオンオフもマイページ内の「ご契約SIM・端末」のページから切り替えることができます。ちょっと面倒かもしれませんね。

公式アプリはないがユーザー作成アプリあり

エキサイトモバイルには専用の公式アプリはありません。基本的に容量確認や高速通信のオンオフはマイページで行います。ただ、代わりにユーザー作成のアプリが公開されています。

Google playエキサイトモバイル クーポンスイッチ(エキモス)
エキサイトモバイル クーポンスイッチ(エキモス)
制作: Onboro Apps
評価: 4.4 / 5段階中
価格: 無料 (2017/7/7 時点)

ダウンロードposted by: AndroidHTML v3.0

アプリ上で現在の使用状況を確認できるほか、高速通信のオンオフ切り替えもできます。ウィジェットもあり、ホーム画面上から簡単にオンオフ切り替えも可能です。

さすがにチャージはできませんが、アプリから公式のマイページへ飛ぶことができるので、そこからチャージできます。これが公式アプリでないことが不思議なくらいに十分な機能を持ったアプリです。エキサイトモバイルの契約者なら必須アプリでしょうね。

まとめ

速度的にはIIJ系そのままという印象です。そのほか、通信しはじめの一定量だけ高速データ通信できる「バースト機能」もIIJmioと同じく使えます。なので「従量制プランのあるIIJmio」と捉えてもいいかもしれません。

従量制プランのある格安SIMの中では、信頼性などの点で一番勧められるSIMだと思います。そういった料金プランのほうがあっている、という方はぜひ検討してみてください。なお、2017年7月7日現在、下記リンク先ページからの新規契約で「最大28,000円キャッシュバック」または「月額料金500円×6ヵ月(最大3,000円)割引」キャンペーンを行っているようです。どうぞご利用ください。

当サイトの速度測定でも次回よりエキサイトモバイルを加えていこうと思います。まぁ基本的にIIJ系で変わらないとは思いますが。

Random Posts

KLWPのテーマ特集:ちょっと変わった特色ある5つのテーマ (2017.03.22)
旅行のお供にちょうどいい小ささ! Type-CとQC 3.0の2ポート急速充電器 dodocool DA101WUS
ドヤ感満載! 海外ユーザー風ホーム【ホーム画面定期コンテスト】
Tronsmart S5 レビュー:片耳でも両耳でも使える使い勝手のいい完全ワイヤレスBluetoothイヤホン
Galaxy S8 開封の儀:なめらかな曲線がセクシーかつ未来感を漂わせる
Galaxy S8:18.5:9の縦長ディスプレイはアプリごとに表示を変えられるので安心
Material Notification Shade:通知領域をOreoやNougat、P風に置き換えるアプリ
フォントで楽しむ天気予報 (天気ウィジェット):日本語テキスト表示の天気ウィジェット
リーファ for KLWP【ホーム画面定期コンテスト】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2016年8月その2 ぶっちぎりで速いワイモバとUQ、DTIも復活か
画面を見なくてもポケモンゲットだぜ! Pokémon GO Plusを買ってみた
dodocool タッチセンサーで無段階調整できるコードレスなデスクランプ DA955 レビュー
KLWPでUnsplashのステキな画像をRSSや特殊なURLから取得して使う方法
卓上カレンダー2016 : シンプルに当月のカレンダーを表示するウィジェット
モノクロ・海外の風景・シンプル、3つの好きを集めたモノクロホーム【ホーム画面企画2016】