KLWP v3.23で追加されたeaseとcomplex animation(複雑な動き)をチェック

|

先日、KLWPが3.23にアップデートされました。(→関連記事)そこでeaseに追加された項目と、新しく導入されたcomplex animation(複雑な動き)がどんなものなのか、チェックしてみたいと思います。

ease

easeというのは、アニメーションの項目の1つで、日本語では「緩急」と表示されているもののことです。今回のアップデートで2つ加わって、以下のようになっています。

  • normal(普通)
  • inverted(反転)
  • bounce(バウンス)
  • overshoot(オーバーシュート)
  • straight(直線的)
  • normal with return(普通(跳ね返って))
  • straight with return(まっすぐ(跳ね返って))

文字で見てもよくわからなかったので、実際に全て設置して動きを確かめてみます。

これは白い四角はすべて同じ設定で、easeの項目だけを変えています。見ればなんとなくどんな動きになるのか、わかるでしょうか。新しく加わった2つは時間内で元の位置に戻るのが特徴です。これを使えば1つのアニメで簡単に点滅など実現できます。

complex animation

complex animationはアニメーションのアクションの1つで、日本語では「複雑な動き」と表現されています。アクションは「スクロール」や「遠ざかる」「出現」など、どんな動きをするのかといったものです。新しく加わったcomplex animationは、1つのアクションでこれらほかのアクションを内包することのできるアクションです。

また、アクション内にタイムラインのようなものがあり、その時間経過をパーセントで管理し、それぞれの地点でどのような位置・動きになるのか設定できます。アニメで言えば設定するポイントが原画、中割りはKLWPが自動的にやってくれるというようなものでしょうか。

これを使うことで、1つの動作の中にwaitを持たせることができ、以下のような動きも可能です。

たぶんこれは以前までは難しかったと思います。

「タップすると右に動いて少しすると上に動く」というような動きはアニメーションを組み合わせれば以前も可能でしたが、complex animationを使えば1つのアニメーションで表現できます。ほかには、「途中で一度減速してまた元の早さに戻るプログレスバーもどき」のようなものも作れると思います。使いこなせば、なかなかおもしろいと思いますよ。


やはり新しい機能は使ってみないとわかりませんね。どんなものを作りたいか、も大事ですが、まずはサンプル的なものを作ってどんなことができるのかを理解するのも大事です。

Random Posts

Essential Phone PH-1のAndroid 8.0 Oreoベータ版が提供開始!ADBを使ってアップデート可能
雨上がりの景色【ホーム画面定期コンテスト】
Xperia X Performance 購入:見慣れぬメッセージに少しだけ戸惑う、少しだけ
YOME【ホーム画面定期コンテスト】
2017年に買った・手に入れたスマホや周辺機器:振り返ればいろいろあるがいまいち消化不良
【敗北】小さな感熱紙レシートタイプのワイヤレスプリンタ:MEMOBIRD G2
ただの壁紙:和名洋名で選んで単色や6種類の模様付き壁紙を設定できるアプリ
Metro Clock Widget [Free]:街並みのシルエットとともに表示される天気と時計
「アンドロイドのホーム画面をカスタマイズする本8」PDF版および書店委託販売のご案内
Language Navi:「日本語じゃないので☆1です」なんてもう言えない!アプリ画面を翻訳してくれるアプリ
KLWPで再生中の音楽に合わせた背景色の音楽プレイヤーウィジェットを作成する
Mi Band 3 レビュー:通知、バッテリー、管理アプリ、すべてで優秀なスマートバンド
第4回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票結果発表! 1位は「Go on singing!」
AQUOS R compact SH-M06 開封の儀:小さいのはいいことだ
Essential Phone PH-1 開封の儀:大人しめの高級感と、確かにそこにある前面カメラ