KLWP v3.23で追加されたeaseとcomplex animation(複雑な動き)をチェック

|

先日、KLWPが3.23にアップデートされました。(→関連記事)そこでeaseに追加された項目と、新しく導入されたcomplex animation(複雑な動き)がどんなものなのか、チェックしてみたいと思います。

ease

easeというのは、アニメーションの項目の1つで、日本語では「緩急」と表示されているもののことです。今回のアップデートで2つ加わって、以下のようになっています。

  • normal(普通)
  • inverted(反転)
  • bounce(バウンス)
  • overshoot(オーバーシュート)
  • straight(直線的)
  • normal with return(普通(跳ね返って))
  • straight with return(まっすぐ(跳ね返って))

文字で見てもよくわからなかったので、実際に全て設置して動きを確かめてみます。

これは白い四角はすべて同じ設定で、easeの項目だけを変えています。見ればなんとなくどんな動きになるのか、わかるでしょうか。新しく加わった2つは時間内で元の位置に戻るのが特徴です。これを使えば1つのアニメで簡単に点滅など実現できます。

complex animation

complex animationはアニメーションのアクションの1つで、日本語では「複雑な動き」と表現されています。アクションは「スクロール」や「遠ざかる」「出現」など、どんな動きをするのかといったものです。新しく加わったcomplex animationは、1つのアクションでこれらほかのアクションを内包することのできるアクションです。

また、アクション内にタイムラインのようなものがあり、その時間経過をパーセントで管理し、それぞれの地点でどのような位置・動きになるのか設定できます。アニメで言えば設定するポイントが原画、中割りはKLWPが自動的にやってくれるというようなものでしょうか。

これを使うことで、1つの動作の中にwaitを持たせることができ、以下のような動きも可能です。

たぶんこれは以前までは難しかったと思います。

「タップすると右に動いて少しすると上に動く」というような動きはアニメーションを組み合わせれば以前も可能でしたが、complex animationを使えば1つのアニメーションで表現できます。ほかには、「途中で一度減速してまた元の早さに戻るプログレスバーもどき」のようなものも作れると思います。使いこなせば、なかなかおもしろいと思いますよ。


やはり新しい機能は使ってみないとわかりませんね。どんなものを作りたいか、も大事ですが、まずはサンプル的なものを作ってどんなことができるのかを理解するのも大事です。

Random Posts

KLWPのテーマ特集:近未来的・SF・サイバーなテーマ5種 (2017.09.30)
四年後に役に立つ!?大統領選特化式アメリカンホーム画面【ホーム画面企画2016】
Xperia XZ用 Finon(フィノン)フルカバータイプガラスフィルム0.2mm レビュー
LINEモバイルのソフトバンク回線版を契約!さっそく使おうとして失敗した話
Tronsmart T6 レビュー:コンパクトながら360°全方位に広がる重低音が身体に響いてGood
Wiko View レビューその1:ホーム画面と設定、ベンチマークをチェック
シンプル ギャラリー:広告もクラウドもない、でも基本は押さえた良ギャラリーアプリ
6周年記念プレゼント企画第2弾! 今度は前よりも豪華かも!?
Iconzy:アイコンパックからアイコン画像を取り出したりKLWPで活用できるアプリ
もっと簡単!adbコマンドを使えるようにする方法-ダウンロードして解凍してパスを通すだけでOK
Legacy Android:懐かしきあの日はキミとともに【ホーム画面企画2016】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年7月その1 UQモバイルとワイモバイルの速度に陰りが…?
メタルレッドがカッコいい!日帰り外出に丁度いい5000mAh軽量モバイルバッテリー ROMOSS GT3
ランダムを楽しむ:壁紙はその時次第なホーム画面【ホーム画面企画2016】
MSLバッテリーウィジェット:AIでバッテリーが指定数値まで減る時間を表示するウィジェット