KLWP v3.23で追加されたeaseとcomplex animation(複雑な動き)をチェック

|

先日、KLWPが3.23にアップデートされました。(→関連記事)そこでeaseに追加された項目と、新しく導入されたcomplex animation(複雑な動き)がどんなものなのか、チェックしてみたいと思います。

ease

easeというのは、アニメーションの項目の1つで、日本語では「緩急」と表示されているもののことです。今回のアップデートで2つ加わって、以下のようになっています。

  • normal(普通)
  • inverted(反転)
  • bounce(バウンス)
  • overshoot(オーバーシュート)
  • straight(直線的)
  • normal with return(普通(跳ね返って))
  • straight with return(まっすぐ(跳ね返って))

文字で見てもよくわからなかったので、実際に全て設置して動きを確かめてみます。

これは白い四角はすべて同じ設定で、easeの項目だけを変えています。見ればなんとなくどんな動きになるのか、わかるでしょうか。新しく加わった2つは時間内で元の位置に戻るのが特徴です。これを使えば1つのアニメで簡単に点滅など実現できます。

complex animation

complex animationはアニメーションのアクションの1つで、日本語では「複雑な動き」と表現されています。アクションは「スクロール」や「遠ざかる」「出現」など、どんな動きをするのかといったものです。新しく加わったcomplex animationは、1つのアクションでこれらほかのアクションを内包することのできるアクションです。

また、アクション内にタイムラインのようなものがあり、その時間経過をパーセントで管理し、それぞれの地点でどのような位置・動きになるのか設定できます。アニメで言えば設定するポイントが原画、中割りはKLWPが自動的にやってくれるというようなものでしょうか。

これを使うことで、1つの動作の中にwaitを持たせることができ、以下のような動きも可能です。

たぶんこれは以前までは難しかったと思います。

「タップすると右に動いて少しすると上に動く」というような動きはアニメーションを組み合わせれば以前も可能でしたが、complex animationを使えば1つのアニメーションで表現できます。ほかには、「途中で一度減速してまた元の早さに戻るプログレスバーもどき」のようなものも作れると思います。使いこなせば、なかなかおもしろいと思いますよ。


やはり新しい機能は使ってみないとわかりませんね。どんなものを作りたいか、も大事ですが、まずはサンプル的なものを作ってどんなことができるのかを理解するのも大事です。

Random Posts

Your Calendar Widget:細かいところもカスタマイズできるカレンダー・予定表ウィジェット
冬の日、街角【ホーム画面定期コンテスト】
【テーマは冬】第6回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト開催のお知らせ
Tronsmart S5 レビュー:片耳でも両耳でも使える使い勝手のいい完全ワイヤレスBluetoothイヤホン
みこ様ホーム 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
もっと簡単!adbコマンドを使えるようにする方法-ダウンロードして解凍してパスを通すだけでOK
カルデアサマーメモリー【ホーム画面定期コンテスト】
Essential Phone PH-1のカメラをチェック!設定やできることが少なすぎて戸惑うレベル
Teclast P10 レビュー:10.1インチでゴロゴロ動画視聴にちょどいい約15000円のAndroidタブレット
背景を愛でるためのミニマルホーム【あなたのホーム画面見せてください 2018】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年3月その1 LINEモバイルの復活-4Gmarkの結果でも三強状態
monochrome 【あなたのホーム画面見せてください 2018】
スマホカメラで史上最強!?HUAWEI P20 Proを購入しました
プラスワン・マーケティング FREETEL SIMに消費者庁より措置命令-合理的な根拠のない表示が問題
格安SIM (MVNO) の速度測定:2019年1月 その1 サブブランド勢とb-mobileが良さげ