Alcatel IDOL4 レビュー2:付属のVRゴーグルを試す-やはり専用品はしっかり合体できて気持ちいい

|
20170130-idol4-1

以前参加したUQモバイルのセミナーの関係で借りることができたAlcatel IDOL4のレビュー2回目です。今回は本機の最大の特徴でもある付属のVRゴーグルを使ってみました。私自身、これまでいくつかのVRゴーグルを試したことがありますが、それらとの違いも感じました。

なお、外観レビューについては前回の以下記事をご覧ください。
Alcatel IDOL4 外観レビュー:VRヘッドセット付きのスマホはサイドの曲線も美しく、しかも軽い | orefolder.net

IDOL4専用のVRゴーグル

20170130-idol4-2

どーん。
前回も書きましたが、なんだかお弁当箱のような外観です。でもこれ、VRゴーグルになるんです。

20170130-idol4-320170130-idol4-4

不要なパーツを外すとレンズ部分が見えてようやくVRゴーグルらしくなりました。顔に当たる部分は適度な柔らかさのスポンジ素材でできています。皮脂とか気になる人はなにかシートを使うようにしましょう。

20170130-idol4-5

IDOL4を取り付けてみました。さすが専用品、ピッタリです。

20170130-idol4-6

サイドからガッチリ掴んでいます。普通のVRゴーグルは対応デバイスが複数あるために、どうしても位置のズレなどできてしまいますが、本機は専用品なので位置ピッタリで固定されます。微妙な差で見やすさが変わってくるので、他と比べると専用品はここが便利です。

20170130-idol4-7

イヤホンが出るところもちゃんとカットされています。付属のイヤホンじゃなくてもプラグ部分が真っ直ぐならちゃんと干渉せずに装着できます。
逆側のUSBポート部分もカットされているので、充電しながら使うこともできます。

20170130-idol4-8

本体の下面には2つのタッチセンサーボタンが付いています。これをタッチして決定や戻るボタンになります。これができるのも専用品だからこそ、でしょうか。このボタンは使ってみるとその便利さに感動します。

20170130-idol4-9

さぁ、それではVRゴーグルを使って世界の向こう側へダイブしましょう。

VRランチャーからコンテンツを楽しむ

20170130-idol4-10

IDOL4をVEゴーグルにセットすると自動で『VRランチャー』というアプリが起動します。ここのメニューから様々なコンテンツを楽しむことができるというわけです。

20170130-idol4-11

中央にポインタが表示されており、頭を振ってポインタをアイコンに合わせると選択されます。これで決定ボタンをタップすればそのコンテンツへ移動です。やはり決定ボタンがあるというのはいいですね。

20170130-idol4-12

VRなギャラリーもあります。画像の一覧が浮いているように表示され、1つを選ぶとそれが大きく浮かび上がります。特段使いやすいわけではありませんが、こうして浮かび上がる画像群はロマンを感じますね。

20170130-idol4-13

さらに、コンテンツの中にはポルノグラフィティのライブ動画もあります。

20170130-idol4-14

ステージの中央にカメラが設置されていたようで、まるで自分がそこに立っているかのように360度見渡すことができます。観客席ではなく、同じステージの上から見ることできるというのは面白いですね。これに限らずVR全般で言えることではありますが、イヤホン推奨です。スピーカーからでは臨場感が半減してしまいますので。

専用品だからこその良さがあるVRゴーグル

20170130-idol4-16

実際に使ってみて、他のゴーグルとの一番の違いはやはり「しっかり固定できる」「タッチセンサーで簡単操作」ということです。

VRゴーグルで快適に楽しむためにはスマホの位置合わせは重要です。このIDOL4ならピッタリの位置で固定できます。専用品だからこそですが、これはなかなかききます。

タッチセンサーのボタンがあるのも便利です。VR系のアプリでは「視点をずっと合わせていると決定」といったシステムもありますが、タッチボタンのほうが分かりやすくて早いです。

装着感は良いのですが、視野角としてはそれほど広くありません。画面の端は常に見えています。そういう意味では没入感は低いのかもしれません。でもそれは他のVRゴーグルもそうで、Gear VRなどのように本当にお高いもの以外はみんなそうです。あくまでVRの体験版くらいに思っていたほうがいいかもしれません。

ほかに残念なのはピント合わせがないことでしょうか。まぁ合わせなくても(私の場合は)それなりに見えていたのでよかったですが。

また、これはスマホ側の問題ですが、よく見るとドット感があるのが分かるんですよね。IDOL4はフルHD(1920×1080)ですが、それでもVRゴーグル越しに見るとドットが見える気がします。やはりVRをきれいに見るのなら2K以上なのかな?と感じてしまいました。

まとめ

20170130-idol4-15

このVRゴーグルを目的にIDOL4を買うというのはちょっと違う気がしますが、装着感の良い専用VRゴーグルが付属するというのは良いポイントだと思います。IDOL4自体もミドルスペックですし、スマホもVRゴーグルも、ここから入門して次へ向かうための体験版、なんて思うとピッタリです。

なお、このゴーグルではプリインストールされたコンテンツ以外にも、普通の動画をVRで鑑賞したり、ネット上で販売されているVRコンテンツも楽しむことができます。ちょっとえっちなやつも最近は増えてきました。IDOL4で体験、してみます?

参考情報

Random Posts

Jelly Proとアームバンド、この組み合わせはランニングのお供にちょうどいい
UMIDIGI One Maxがプレセール開始!オフィシャルストア等で179.99ドルから
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年6月その2 止まらぬ開幕SIM、気になるイオンモバイルタイプ2
NextFour Agenda Widget:Googleカレンダーの予定をシンプルに表示するウィジェット
Tronsmart T6 レビュー:コンパクトながら360°全方位に広がる重低音が身体に響いてGood
【アンケート企画】あなたのスマホの持ち方教えてください!2017【結果と考察編】
超小型LTE対応スマートフォンJelly Proをついに入手!やっぱり小さいのはいいね!
アプリのバックアップを取る方法、そしてアイコンを保存する方法
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年5月その1 やはり安心できるのはUQとワイモバイル
恵の雨…。【ホーム画面定期コンテスト】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2018年3月その1 b-mobile S 開幕SIMが落ち、UQ mobile一強時代へ
BLUBOO S3 レビュー:8500mAhの大容量バッテリー搭載スタミナスマートフォン
ちょい便利!HTC U11のSQUEEZE機能で端末を「握って」写真撮影! #HTCグローバルレポーター
LINEモバイル「友だち招待」スタート!招待URLからの登録で登録事務手数料が最大無料に!
きれいな風景写真を眺めるホーム画面【ホーム画面定期コンテスト】