約2万円で購入できるHelio X20搭載Xiaomi製ファブレット「Redmi Note 4」の開封の儀とファーストインプレッション

|
Redmi Note 4

MediTek製のHelio X20というデカコアのSoCやフルHDディスプレイ、指紋センサーや高品質な金属筐体を採用しながらも、約2万円で購入することのできるXiaomi製ファブレット「Redmi Note 4」。

今回、TomTop様より「Redmi Note 4」の実機を提供して頂いたので、開封の儀と簡単なレビューを行いたいと思います。

Redmi Note 4のスペック

OS Andorid 6.0 MIUI8.0
CPU MTK Helio X20 2.1GHz 64-bit Deca Core CPU
RAM 2GB
ストレージ 16GB
外部メモリ microSDXC (最大128GBまで)
ディスプレイ 5.5インチ 1920×1080 (**)
カメラ 背面:1300万画素 前面:500万画素
バッテリー 4100mAh
サイズ 約150 × 76 × 8.3 mm
重量 約175g

今回提供していただいたモデルはRAMが2GBのモデルで現在169.99ドル(約19,690円)で販売中になります。

開封の儀

Redmi Note 4

箱はMi 5sのものとは違い、製品の写真が前面に押し出されたデザインとなっています。

Redmi Note 4

裏側には、スペックなどの情報が記載されています。

Redmi Note 4

箱を開けるとスマートフォン本体と対面。このあたりは一般的なスマートフォンの開封と同じですね。

付属品

Redmi Note 4

内容物は本体とMicroUSBケーブル、充電器、説明書となっています、またSIMピンは説明書の裏側に付いていました。

外観

20161212_103002

前面はタッチキーのみのシンプルなデザイン。スピーカーを挟んで対称的にインカメラとセンサーが並んでいるのがバランス良いですね。

Redmi Note 4

タッチキーはGalaxyと同じ配列で、バックライト搭載。

Redmi Note 4

前面ガラスの縁はほんの僅かにラウンドしており、モノによっては全面保護できないフィルムがあるかもしれません。

Redmi Note 4

背面には丸いカメラと指紋センサーがあり、端の方はわずかにラウンドしており、持ちやすくなっています。

Redmi Note 4

右側面には電源ボタンとボリュームボタン。

Redmi Note 4

左側にはSIMスロットがあります。SIMスロットはMicroSIMとnanoSIMが2枚挿入できる様になっており、MicroSDを使う場合はMicroSIMのみ使うことができます。

Redmi Note 4

下部にはスピーカーとMicroUSB。

Redmi Note 4

イヤホンジャックは上部にあります。

しばらく使ってみて

パフォーマンス

Antutu

性能の参考値を知るためにAntutu BenchmarkとGeekBenchを動かしてみました。Antutuでは約8万点とHUAWEI P9やOnePlus 3より低かったものの、GeekBenchでは約4500点とそこそこ高い点数を出していました。

Redmi Note 4

実際に使ってみると価格からは考えられないほど安定した動作で、Twitterやウェブブラウジング程度なら引っ掛かることなくハイエンドスマホと同じくらい滑らかに動作しました。

カメラ

横2000でリサイズ済み

1300万画素の背面カメラの画質は悪くありませんし普段使いには十分なレベルですが、画質は価格より少し良い程度に収まっている印象ですね。

質感

Redmi Note 4

個人的に一番いいと思うのが質感ですね。約2万円で金属筐体採用というと、どうしてもハイエンドスマートフォンに比べて材質の安っぽさが目立つことがあるのですが、Redmi Note 4は全くそんなことはなく5万円のスマホと言われてもおかしくないくらいハイクオリティなボディになっています。

5.5インチと大型のディスプレイですが、背面がラウンドしていてGalaxy S7 Edgeよりも持ちやすくなっていました。

コスパの良いスマホが欲しいならあり

Redmi Note 4は約2万円で購入できるスマートフォンとしては、性能も非常に高く本体の質感も良く、破格のクオリティ兼ね備えた製品だと思います。Galaxy S7 Edgeと平行して使っていても全くストレスになることがなく、快適に使用でき良いスマホだと思いましたね。

Random Posts

最近の高速バスはフリーWi-Fiも充電用USBもあってモバイラーにとって快適だったというお話
Android O Developer Preview 3がリリース!バージョン番号が8.0.0に!
とあるスマホのホーム画面【ホーム画面コンテスト2017】
KLWPでWeather UndergroundのAPIを使って天気情報を表示する方法
mineoが通信の最適化だけでなくhttps(SSL)では帯域制御もしているとのことなのでMVNO14社20枚のSIMで試してみた
TwitterのUserStreamが8/16以降に停止-人気Twitterアプリの対応状況は?
2016年に手に入れてずっと使い続けている4つのスマホグッズ
LINE MOBILEを契約→SIMが届いたのでさっそく設定 マイページの反映も早くてなかなか快適
Tile Extension:クイック設定パネルにアプリやブックマークを置けるアプリ
IIJmioのau回線「タイプA」を契約! 今ならまだ速いが、そのうちタイプDと差がなくなる予定
Tronsmart Edge 20000mAh レビュー:Huaweiの急速充電FCP対応の大容量モバイルバッテリー
Flat RED:無いをデザインするホーム画面【ホーム画面企画2016】
Day Counter Widget:マテリアルデザインの配色をしたカウントダウンウィジェット
シンプル、そして気分だけでも指紋認証付きのホーム画面に【ホーム画面企画2016】
Android 7.0以上で画面の表示サイズを変更する-開発者向けオプションではより細かく設定可能