ZenFone 3 ‏(ZE520KL) パールホワイト 開封の儀 今までのZenFoneに感じたことのない高級感

|
20161007-zenfone3-1

2016年10月7日にようやく日本でも発売されたZenFone 3 ‏(ZE520KL)を購入しました。購入するかどうかは直前まで迷っていましたが、そんなことは買ってから迷えば良いことでした。私もまだまだ青い。なお、今回購入したのはサファイアブラックではなくパールホワイトです。

最初の画像はZenFone 3の外箱です。なんだかこれまでのZenFoneシリーズでは感じたことのない高級感を感じます。(とは言っても私が入手したことのあるZenFoneシリーズはZenFone 5とZenFone Goだけですが。)
ちょっとワクワク感を増しながら開封の儀へと進みましょう。

開封の儀

20161007-zenfone3-20

今回の外箱はツルツルした安いコート紙のようなものではなく、ちょっとサラサラした高級感がふんわり伝わる紙になっています。そして金色に浮かぶZenFone 3の文字。いいですねー。

20161007-zenfone3-2

裏面。いろいろ書いてあります。右下の丸い白のシールはおそらく色の確認用。今回久しぶりに実店舗で購入したのですが、型番と色をしっかりと確認されました。

20161007-zenfone3-3

箱を開けていよいよ対面です。箱はフタ部分が上に開き、片側は外れないようになっています。開けて写真を撮るときは縦の奥行きを確認しましょう。

20161007-zenfone3-4

内容物。
本体のほか、マニュアル類とSIMピン、ACアダプタ、USBケーブルにイヤホン、そしてイヤーピースです。イヤホンが付いてくるのは珍しくないのですが、イヤーピースもついてくるのは珍しい気が。…と思ったらZenFone Goのときも入っていました。
ケーブルにイヤホンと、必要なものがちゃんと揃っているのは流石ですね。

20161007-zenfone3-5

SIMピンは汎用品っぽいものではなく、ASUSのロゴ入りの少しかわいいものです。ニッコリ笑っているようですね。

外観チェック

20161007-zenfone3-6

本体を包んでたシートを外そうとしたらその締め付けで電源が入ってしまいました。
白に青い画面が映えます。

20161007-zenfone3-7

背面もガラスとなっています。ZenFone 3のメインカラーはサファイアブラックのようですが、COMPUTEXに行った時に触ったときの印象やモックを触ってみて、やはり指紋が付きやすく目立つという点が気になりパールホワイトにしました。指紋が目立たないのもいいですが、上品さもある気がします。

20161007-zenfone3-8

パールホワイトの方も背面ガラス下のスピン加工があり、角度を変えるとその光る表情を変えてくれます。ただサファイアブラックほどの煌めきはなく、控えめです。

20161007-zenfone3-9

左側面にSIMとSDカードスロット。

20161007-zenfone3-10

右側面に音量と電源。

20161007-zenfone3-11

上側面にイヤホンジャック。

20161007-zenfone3-12

下側面にスピーカーとUSBポート。Type-Cです。

20161007-zenfone3-13

モックを触ったときも思ったのですが、意外と持ちやすい気がします。5.2インチという大きさはもう慣れてしまったのでしょうか、私の手は…。いえ、慣れていくのね…自分でもわかる…。背面がガラスというのも大きいのでしょうか。手に吸い付くようです。

ホワイトだとベゼルとディスプレイの間の黒い枠が目立つので、気になる人はサファイアブラックの方が良いと思います。

20161007-zenfone3-14

SIMスロットは背面側が上になるもので、MicroSIMとnanoSIMが入ります。nanoSIMの方はMicroSDカードとの排他仕様となっています。今回のZenFone 3はデュアルSIMデュアルスタンバイに対応し、これまでよりもSIMを2枚入れる機会が増えそうなので、MicroSDカードとの排他仕様は少し残念です。

20161007-zenfone3-15

カメラ部分は少し出っ張っています。背面を下にして机の上などに置くとこの部分で支えることになり、ペタッとは付きません。この点はやっぱり残念ですね。

これが新しいZenFone

かなり数多く出たZenFone 2シリーズに比べ、ZenFone 3はその見た目を大きく変えてきました。DeluxeやUltraは無印ともまたデザインが大きく変わりますが、どれも「高級感」を出そうとしているように思えます。これまでいくつかの激安中華端末を見てきて、下手な高級感はメッキのように逆の情けなさをも感じるのですが、ZenFone 3には今のところそれは見えません、非常に上品に仕上がっているように感じます。

20161007-zenfone3-1620161007-zenfone3-17
20161007-zenfone3-1820161007-zenfone3-19

購入するまでは悩んでいたものの、買ってみれば今のところ(中身は触ってないですが)満足しています。せっかく買ったので、これからしっかりと使っていきたいと思いますよ。

gifbanner?sid=3231311&pid=883897318

参考情報

Random Posts

BlackBerry KEY2 レポート:物理キーボードと日本語入力の奮闘記その1
HUAWEI nova3 をどこで買えばいいのか、MVNOやオンラインショップの価格をチェック
dodocool 左右独立型ワイヤレスイヤホン DA144 レビュー:左右どちらも単独で使えるスポーツ向けイヤホン
KLWPで指定したカレンダーの予定のみを表示する方法
SIMピンこれくしょん:SIMトレイを取り出すイジェクトピンをいろいろ集めてみました
OUKITEL K6000 Plusレビュー:6080mAhの大容量バッテリーでそこそこ使える…が、重い
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年7月その1 UQモバイルとワイモバイルの速度に陰りが…?
Twitterアプリ、何使ってる?アンケート2018【回答募集】
格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年5月その1 じりじり下降するLINEモバイルとIIJmio(A)が心配
第7回ホーム画面カスタマイズ定期コンテスト 投票結果発表! 1位は「カラフルシャッター(フラット)」
iPhone Xを買いました。約3年ぶり2回目のiPhoneです。
ファーウェイのスマホで「テーマ」をダウンロードしてアイコンや壁紙をまとめて変更する方法
Holo Label Widget Pro:ホーム画面のアイコンを整理・分類するラベルウィジェット
CHOETECH 2in1 USBケーブル:バネのように伸びるケーブルとType-Cアダプタ付が便利
SHARP AQUOS S2 レビュー その1:三辺狭額ディスプレイと前面指紋センサーがなかなか使える!